2017年7月16日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第99話「見せつけろ! クリリンの底力!!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第99話後半(Bパート)スタート!

第99話「見せつけろ! クリリンの底力!!」後半(Bパート)のスタート

18号「やられた分は たっぷりと お返しさせてもらうよ!」

9973

ショウサ「ヘヘッ そいつは できない話だな。」

スポンサードリンク

 

ショウサ「次に落ちるのは お前たちだぜぇ。」

ショウサ「今のうちに リタイアを勧めるぜぇ。」

9974

ショウサ「さもないと お前の その奇麗な顔が」

ショウサ「ズタボロの グッチャグチャになっても」

ショウサ「知らないぜぇ!」

キテラ「キキキ さすが ショウサ。」

キテラ「ワイルドだろぉ~。」

破壊神ビルス「何が ワイルドさ!」

破壊神ビルス「死んだふりなんて 汚いまねしやがって。」

破壊神ビルス「おい お前たち!」

破壊神ビルス「やられたら やり返せ! 倍返しだ!」

クリリン「練習した あの技 やってみるか。」

18号「付き合ってあげてもいいよ。」

9975

クリリン「よしっ。」

ショウサ「何 ごちゃごちゃ話してやがる!」

ショウサ「来ないなら こっちから行くぜぇ~!」

18号「来るよ!」

9976

クリリン「はあっ!」

9977

ショウサ「ぐっ!」

18号「はああ!」

9978

ショウサ「ぐあっ!」

18号「うーっ!」

クリリン「食らえ!」

9979

18号「ハッ!」

9980

クリリン「でやっ!」

9981

クリリン「はああ!」

9982

クリリン「でやっ!」

ショウサ「どんどん速く」

ショウサ「でかくなってやがるぜぇ!」

9983

18号「この… たぬき寝入り野郎がー!」

9984

クリリン「いっけー!」

ショウサ「ぐああ~!」

9985

クリリン「やった!」

クリリン「18号さん!」

18号「ああ。」

9986

クリリン「ハハッ…。」

9987 9988

全王「今の すごいね。」

全王「ごいすーだね。」

破壊神ビルス「いいぞ! ナイスめおと!」

老界王神「痛い~!」

9989

(泣き声)

ショウサ「申し訳ないぜぇ…。」

キテラ「お前 弱っちいな。」

9990

マジョラ「ヒョー!」

クリリン「あっ… ぐああ!」

9991

クリリン「ああ… あ痛てて…。」

クリリン「あっ!」

マジョラ「ホワッチャー!」

クリリン「ああ…!」

18号「はああ!」

9992

クリリン「18号さん…。」

18号「次から次へと来やがるね。」

18号「大丈夫かい?」

9993

クリリン「ああ。」

クリリン「これが バトルロイヤルってことだな。」

破壊神ビルス「うちばかり狙ってきやがる。」

界王神「悟空さんがいなければ チャンスすらなく消えていたくせに」

界王神「感謝のかけらもないようですね。」

マジョラ「ハハハハ。 逆に 不意打ちを食らうとは」

マジョラ「油断してしまった。 だが 次は こうはいかぬ。」

9994

マジョラ「お前たちが この私に勝てるかな?」

クリリン「18号さん これを掛けて。」

亀仙人「あれは わしの!? いつの間に!」

9995

クリリン「いくぞっ!」

マジョラ「ヒョー!」

クリリン「百倍太陽拳!!」

9996 9997

クリリン「何!? ぐあっ…。」

9998

18号「あっ! うあああ…!」

9999

界王神「ど… どうなっているんですか!?」

破壊神ビルス「あの光の中で 攻撃するとは…。」

キテラ「キキキ。」

クリリン「どうして 太陽拳が効かないんだ!?」

マジョラ「フフフフ…。」

マジョラ「私の目は とうに 光を失っているのだ。」

クリリン「ハッ… そういうことか。」

クリリン「でも なぜ あの光の中で 俺たちの位置が…。」

マジョラ「なぜだろうなぁ。」

99100

18号「一つだけ可能性があるよ…。」

18号「それは においだ!」

クリリン「におい?」

18号「そいつは 視覚を失っている分」

18号「たぶん 嗅覚が とてつもなく優れているのさ。」

マジョラ「ご明察だ。 よく見抜きましたね。」

クリリン「なるほど 理由が分かれば…。」

マジョラ「勝てるとでも?」

クリリン「勝てるさ。」

18号「おい。」

99101

マジョラ「ほう 大した自信だ。」

マジョラ「が 虚勢は ほどほどにしとけよ。」

クリリン「やってみなきゃ 分かんねえだろ?」

99102

マジョラ「くっ… 調子に乗るなよ 小僧!」

99103

マジョラ「八つ裂きにされたいのか?」

クリリン「できるもんなら やってみな。」

18号「ちょっと…。」

クリリン「大丈夫。」

クリリン「俺に任せてくれ。」

18号「えっ!?」

クリリン「あいつに勝つ秘策を 思い付いたんだ。」

マジョラ「勝つ秘策だと?」

マジョラ「ハッ! ここまで こけにされたのは初めてだよ!」

マジョラ「私の嗅覚があれば 貴様の位置など 丸分かりなんだ!」

マジョラ「全力で ぶっ倒してくれる!」

マジョラ「ハッ!」

クリリン「だだだだ…!」

99104

クリリン「うあああ! だだだだ…!」

クリリン「でやっ!」

マジョラ「ハッ!」

99105

クリリン「うわっ…。」

99106

マジョラ「もらった!」

99107 99108

クリリン「ハッ!」

99109

マジョラ「ぐああ!」

99110

マジョラ「な… 何だ この臭いは…。」

マジョラ「うおお… 辺り一面 臭いぞ!」

99111

クリリン「今だ!」

クリリン「か~ め~ は~ め~…。」

99112

クリリン「波ー!!」

99113

マジョラ「ぐあっ… うあああー!」

99114

大神官「第4宇宙 マジョラさん 脱落です。」

全王「シャッシャの…」

全王「えーっと マジョラ… ポン!」

全王「消えた!」

全王「消えたね!」

全王「どんどん消えるね。」

全王「楽しいね。」

キテラ「あー イライラする。」

クリリン「成敗!」

18号「勝ち方は 最低だけどな…。」

18号「てか 帰ったら 靴洗ってあげるよ。」

99115

破壊神ビルス「今日のお前 最高に輝いているぞ!」

クリリン「イエーイ イエーイ!」

クリリン「皆さん 今日は クリリン 絶好調っすよ!」

99116 99117

フロスト「それは すばらしいですね。」

クリリン「わっ…。」

フロスト「きえぇー!」

クリリン「うわああー!」

99118

18号・破壊神ビルス「何!?」

99119

フロスト「フフフ。」

99120

18号「よくも クリリンを!」

フロスト「私は そう簡単には やられませんよ!」

99121

18号「うっ…。」

18号「チッ… 逃げ足の速いやつだね!」

99122

破壊神ビルス「ったく 何をやってるんだ ツルリン!」

99123

クリリン「クリリンです。」

破壊神ビルス「調子に乗り過ぎだ。」

99124

クリリン「すいませんでした!」

99125

界王神「クリリンさんは 頑張りましたからね。」

界王神「私は気にしてませんよ。」

99126

クリリン「め… 目が怖い~。」

99127

破壊神ビルス「まあ 終わったことは しょうがない。」

破壊神ビルス「しっかり 応援しろ。 あと できるのは それだけだ。」

クリリン「はい…。」

クリリン「すまない みんな… 俺の分まで 頑張ってくれ!」

99128

ナレーション(第7宇宙より ついに 脱落者が出てしまった)

ナレーション(ますます 佳境になっていく 力の大会で)

ナレーション(悟空はたちは 果たして)

ナレーション(優勝することが できるだろうか?)

ナレーション(全宇宙の命運を決める 試合終了まで)

ナレーション(残り あと43分!)

孫悟空「フッ。」

99129

 

第99話「見せつけろ! クリリンの底力!!」後半(Bパート)の感想

やっぱりクリリン落ちたああああああああ。

フロストさんに落とされるところがフリーザを彷彿させる感じになってるけど
あまりにもあっさりしすぎてるなあ。

18号とのラリーのような連係は見事だったけど、他のキャラ、悟空とか

それこそまさかのフリーザとの連係とかさ、あっても良かったんじゃないですかね…。

まあ、2人落としての退場じゃあ中々よく頑張ったよクリリン、お疲れさま。

 

前回:第98話「あぁ無常! 絶望する宇宙!!」を確認したい方は第98話前半(Aパート)へ

 

第99話「見せつけろ! クリリンの底力!!」の視聴率:4.3%

 

次回、第100話「目覚め荒ぶる狂戦士!」の前半(Aパート)に続く