2017年6月18日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第95話「最凶! 最悪! フリーザ大暴れ!!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第95話後半(Bパート)スタート!

第95話「最凶! 最悪! フリーザ大暴れ!!」後半(Bパート)のスタート

孫悟空「おめえ よく そいつから 脱出できたなぁ。」

フリーザ「ほんの準備運動ですよ。」

孫悟空「身動きできねえでいたんに すんげえ力が上がってっぞ。」

スポンサードリンク

 

フリーザ「フッ。」

孫悟空「ところで そいつは?」

フリーザ「さあ… 何でしょうねぇ。」

9561

孫悟空「すんげえパワー 感じっぞ。」

フリーザ「ええ。」

フリーザ「ここまで純粋なエネルギーは おそらく 神のものではないかと。」

孫悟空「っちゅうことは…。」

フリーザ「この奇襲は どこかの宇宙の創造神」

フリーザ「あるいは 破壊神の差し金 ということになりますねぇ。」

9562

孫悟空「オラとフリーザを 暗殺しに来たっちゅうことか!?」

孫悟空「どこの宇宙だか知らねえが 生き残んのに 必死ってことだな。」

孫悟空「やい おめえら!」

孫悟空「オラたち第7宇宙は 逃げも隠れもしねえ!」

孫悟空「力の大会で 決着つけようって」

孫悟空「自分の宇宙の神様に そう伝えとけ!」

9563

一同「ああっ…。」

9564

孫悟空「うん? 何だよ。 んっ?」

9565

孫悟空「うわあああ!」

9566

孫悟空「あっ ああっ…。」

フリーザ「油断大敵。」

9567

 

 

大神官「お待たせいたしました 全王さま。」

大神官「力の大会の武舞台が完成しました。」

9568

全王たち「ふむ~。」

大神官「いかがでしょうか?」

全王「ふむむ~。」

全王「ふむむむ…。 ふむむむ…。」

全王たち「気に入ったのね!」

9569

大神官「フフッ。 恐れ入ります。」

全王「これ あげるのね。」

大神官「光栄です。」

9570

全王「楽しみなのね。」

全王「同感なのね。」

 

 

孫悟空「うわあああ! うわあああ!」

孫悟空「フリーザ… おめえ…。」

9571

フリーザ「フッフッフッ。」

フリーザ「私は あなたのことを 殺したいと思っているのですよ。」

フリーザ「その私に 背中を見せるなんて」

フリーザ「相変わらず 甘ちゃんのようですねぇ。」

フリーザ「まあ そんなことより」

フリーザ「早く その破壊エネルギーから 脱出した方がいいですよ。」

フリーザ「私は できましたが。」

9572

孫悟空「ぐぬぬぬ…。」

9573

孫悟空「はああああ!」

フリーザ「おっ?」

孫悟空「ぐううう…。」

孫悟空「うわあああ!」

9574

フリーザ「ホーッホッホッホッ!」

フリーザ「あなたには 無理そうですね。」

孫悟空「ぐううう…。」

フリーザ「フッフッフッ。」

フリーザ「私が 強く なり過ぎてしまったのですかね。」

フリーザ「さて…。」

9575

刺客たち「ううっ…。 うわああ~!」

9576

刺客「ううっ…。」

刺客「うわっ!」

フリーザ「あなたの宇宙の神と」

フリーザ「お話させて いただきたいのですが。」

刺客「いったい 何を…。」

刺客「うわっ! あっ! うっ! うわあっ!」

刺客「待て! 分かった…。 何でも話す…。」

刺客「うわあああ!」

9577

フリーザ「やっぱり 少しだけ黙っていてください。」

フリーザ「何せ こういうのは 久しぶりなので…。」

フリーザ「もう少し楽しませていただきます。」

一同「ううっ…。」

一同「うわあああ~!」

9578 9579

(刺客たちの叫び声)

占いババ「ひゃああっ…。」

9580

 

 

シドラ「ええいっ! まだか!? まだか!?」

ロウ「そろそろ 出発しないと…。」

シドラ「分かっておる!」

9581

シドラ「来たか!? 朗報!」

9582

2人「げっ!」

9583

フリーザ(初めまして。 第9宇宙の皆さん)

ロウ「貴様 どうやって ここを…。」

 

 

フリーザ「どうも。 通信機は 子分の皆さんに お借りしました。」

9584

フリーザ「この襲撃は 全て あなた方が 仕組んだことだとか。」

ロウ(な… 何の証拠がある?)

フリーザ「あの破壊のエネルギーが 動かぬ証拠。」

9585

 

 

ロウ「ぐううっ…。」

シドラ「あれは 別件で授けてやったものを 悪用されたにすぎん。」

ロウ「全王さまが ごろつきどもの 言うことなど 信用するものか!」

シドラ「言い付けたって 無駄だぞ!」

9586

フリーザ(フゥ…。 何か勘違いをしておいでのようで)

シドラ「何!?」

フリーザ(全王に ちくろうなんて 思っていません)

フリーザ(取引がしたいだけです)

フリーザ(私を第9宇宙チームの戦士として 引き抜いてください)

9587

ロウ「ええっ!?」

 

 

フリーザ「あなたの破壊エネルギーで 孫 悟空を捕らえました。」

9588

フリーザ「孫 悟空を失った第7宇宙チームは 力の大会を勝ち抜けないでしょう。」

フリーザ「この宇宙は 消滅する。 巻き込まれるのは ごめんです。」

フリーザ「私の強さは すでに ご理解いただけたはず。」

フリーザ「私を引き抜いて 生き返らせていただければ」

フリーザ「力の大会で 存分に活躍してみせましょう。」

フリーザ「どうです? 悪い話ではないでしょう?」

9589

 

 

シドラ「いや… しかし いいのか?」

 

 

フリーザ「何がです?」

シドラ(自分の宇宙が消滅するのだぞ!)

フリーザ「ええ。」

 

 

ロウ「いくら 悪党とはいえ お前にも 守るべきものがあるだろう!」

ロウ「愛するものが… 風景が… 思い出が!」

9590

 

 

フリーザ「失礼… 何をおっしゃっているのか ま~ったく 理解できません。」

9591

 

 

2人「ああっ…。」

シドラ「おい。 別の宇宙のやつを」

シドラ「戦士にすることなんか できるのか?」

ロウ「特に 禁止は されていないみたいだ。」

9592

シドラ「OKなんだな!?」

ロウ「待て!」

ロウ「われわれは 裏切りの第9宇宙とはいえ」

ロウ「あやつだけは 手に余る!」

ロウ「自分の宇宙が消滅するのを 何とも思ってない異常者だ!」

ロウ「シドラ お前以上に 破壊神っぽいぞ!」

シドラ「ならば 最強ではないか!」

 

 

9593

ロウ(裏切るやつは また 裏切る!)

シドラ(そんなことは 分かっとる!)

シドラ(そのときは わしが 破壊すればいい!)

9594

フリーザ「チッ。」

9595

フリーザ「時間切れ…。 まっ いいでしょう。」

9596

 

 

2人「ああっ!」

9597

 

 

孫悟空「くっ… ああっ…。」

破壊神ビルス「何をやってるんだ? お前。」

破壊神ビルス「ハーッ…」

破壊神ビルス「フゥー。」

9598

孫悟空「ハァ ハァ…。 助かった…。」

9599

破壊神ビルス「いつまで 油を売っているのかと 見に来てみれば…。」

破壊神ビルス「説明しろ。 あれは 破壊のエネルギーじゃないのか?」

フリーザ「私も食らいましたが 大したことありませんでしたよ。」

破壊神ビルス「そうじゃない。」

破壊神ビルス「お前 まさか 他の宇宙と 通じているわけじゃないだろうな?」

95100

孫悟空「待ってくれ! オラが油断したんが 悪かったんだ!」

95101

ウイス「フリーザさんは 他の宇宙の情報を」

ウイス「手に入れようとしてくれたのでは ないでしょうか?」

95102

フリーザ「さあ… どうでしょう。」

破壊神ビルス「ええい 悟空! お前は 腹が立たないのか!」

孫悟空「そりゃあよ…。 でも フリーザが」

孫悟空「最低 最悪な野郎だっちゅうこと 忘れてたオラも 悪いし…。」

95103

破壊神ビルス「僕は 納得いかん!」

フリーザ(確信しました)

フリーザ(宇宙の消滅が懸かった 今回の大会は)

フリーザ(神々さえも 手玉に 取ることができる大チャンス)

フリーザ(最後に笑うのは この私)

フリーザ(いつまでも 好き勝手は させませんよ)

フリーザ(ビルス)

95104

孫悟空「そうだ! なあ ウイスさん。」

ウイス「はい?」

孫悟空「1分だけ 時間もらえっか?」

95105

フリーザ「うん?」

95106

 

 

ウイス「合図と同時に 戦闘開始。」

ウイス「ただし 1発 攻撃が当たった時点で 試合終了。 恨みっこ な~し。」

ウイス「それでよろしいですね?」

破壊神ビルス「さっさと終わらせろ!」

95107

孫悟空「フリーザ オラが勝ったら 恨みは忘れて」

孫悟空「力の大会の間は オラたちの仲間になれ!」

95108

フリーザ「では 私が勝ったら 好きにやらせてもらいますよ。」

95109

フリーザ(地獄で続けた精神統一…。 それは 邪念を払って)

フリーザ(無心になるなどという やわなものではありません)

フリーザ(意識を ただひたすら)

フリーザ(あなたを殺す戦闘シミュレーションに 集中していたのです)

95110

フリーザ(フッフッフッ。 見える あなたの動きが… 私の勝利が!)

95111

フリーザ(200% 完璧に イメージできますよ!)

95112

フリーザ(フッ)

95113

(ホイッスル)

95114 95115

破壊神ビルス「こんなことで あいつを信用できるのか?」

ウイス「フッフフフッ。 無理でしょうね。」

孫悟空「はーっ!」

95116

フリーザ「ホオオオーッ!」

95117

孫悟空「うおおおお!」

95118

フリーザ「うおおおお!」

95119

2人「おお~。」

95120

孫悟空「うわあっ!」

95121

フリーザ「ぐうおっ!」

95122

孫悟空「ああっ…。」

フリーザ「くうっ…。」

95123

孫悟空(おめえが 地獄にいる間)

孫悟空(オラ 他の宇宙の強えやつらと 戦い続けてきたんだ)

孫悟空(強くなったんは おめえだけじゃねえ!)

フリーザ「くうっ…。」

孫悟空(今度 関係ねえやつを 殺しやがったら 許さねえぞ!)

孫悟空(分かったな!)

95124

フリーザ(あなたの命令を聞く気は ありませんよ)

フリーザ(これで終わりだと 思わないでください!)

95125

孫悟空(ああ 分かってっさ)

95126

破壊神ビルス「今の悟空と相打ちか…。」

95127

ウイス「なかなか フリーザさんも いいじゃないですか。」

95128

ナレーション(危険すぎる助っ人 フリーザを加え)

ナレーション(第7宇宙は ぎりぎりで 10人の戦士が揃った)

95129

ナレーション(8つの宇宙それぞれの思惑が 交錯する中)

ナレーション(いよいよ 運命を決する力の大会が)

ナレーション(今 始まろうとしている)

ナレーション(悟空たち第7宇宙は)

ナレーション(消滅の危機から生き残ることは できるのだろうか?)

95130

 

 

第95話「最凶! 最悪! フリーザ大暴れ!!」後半(Bパート)の感想

やっぱり悟空に破壊エネルギー使ったー、でも悟空抜けれなくって大丈夫か?って本気で思ったけど最後の1発勝負で互角っぽい描出があってちょっと安心した。
でも、フリーザがどこからどこまで裏切るのか信じれるのか、後は何を考えてるのかこの時点では考察しか出来ないよなあ、結局。
来週から力の大会本戦が始まるわけで、各宇宙の全員が集まったときにフリーザが勝手に抜けて

第9宇宙に行くことももちろん、試合中でも可能だろうし 悟空を破壊エネルギーで閉じ込めてからと

ビルスに助けられて悟空が本番で消えることはなくなってから そのどちらの可能性もフリーザは考えて今後自分の益になる行動をあらかじめ考えてる風にも見えるし。

まあ間違いなく考え過ぎなんでしょうがw

ただ、今後の展開が生易しいものではないことは容易に示唆してくれている存在ではあるので本番楽しみだ。

しっかし第9宇宙、マジで器の小さい宇宙だなw

神は自分の像に人を創造された。と言いますが
完全に、神がレベル最低だからに他ならないじゃないですかー、ヤダー。

 

前回:第94話「悪の帝王復活! 出迎える謎の刺客たち!?」を確認したい方は第94話前半(Aパート)へ

 

第95話「悪の帝王復活!出迎える謎の刺客たち!?」の視聴率:6.1%

 

次回、第96話「時はきた! 宇宙の命運をかけ無の界へ!!」の前半(Aパート)に続く