2017年6月4日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第93話「10人目の戦士はおめえだ! 悟空フリーザのもとへ!!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第93話後半(Bパート)スタート!

第93話「10人目の戦士はおめえだ! 悟空フリーザのもとへ!!」後半(Bパート)のスタート

9354

キテラ「死人を蘇らせてまで 戦士にねえ。」

キテラ「ビルスのやつ 相当 余裕がないみたいだな。」

ガノス「かなりの使い手らしく」

スポンサードリンク

 

ガノス「われわれ 第4宇宙にとって 厄介な存在になるんではと。」

9355

クル「キテラ殿 まさか」

クル「他の宇宙に スパイなど送ってたのですか?」

クル「そんなこと 全王さまに知られたら…。」

キテラ「クル 落ち着け。」

キテラ「スパイを使っちゃいけないって ルールは ないぜ。 キキキ…。」

9356

キテラ「おい! その死人の名前を教えろ!」

ガノス「はい キテラさま。 第7宇宙の連中は」

ガノス「フリーザと呼んでおりました。」

 

孫悟空「これが フリーザのいる地獄かぁ。」

9357

孫悟空「えれぇ いいとこだな~。 ホントに ここで いいんか?」

秘書「あっ はい。 こちらになります。」

秘書「ごゆっくり。」

孫悟空「あ… ああ。 どうも。」

孫悟空「よう!」

9358

フリーザ「おや… どうして あなたが?」

9359

孫悟空「何だよ。 地獄っちゅうても 楽しいとこじゃねーか。」

フリーザ「私には これ以上の地獄は ありません。」

9360

フリーザ「ところで 何か ご用ですか?」

孫悟空「24時間だけ」

孫悟空「こっから 出たくねえか?」

フリーザ「何か たくらんでいますね。」

9361

孫悟空「まあな。」

9362

 

ケール「ぬああああ…!」

9363

ケール「ぐああああ!」

9364

カリフラ「ケール! できたじゃねーか!」

キャベ「ぐわっ!」

9365

キャベ「ぐわあああ!」

9366

ケール「はあああ…。」

カリフラ「すっげえパワーを感じるぞ ケール。」

ケール「あああ… キャベ 殺す!」

ケール「どけっ!」

9367

カリフラ「うわっ!」

キャベ「あっ。」

ケール「うううう…。」

キャベ「まずい!」

カリフラ「あんた! ケールに何したんだ!」

9368

キャベ「何もしてませんよ。」

キャベ「おそらく 僕とカリフラさんが 目の前で仲良くしてたので」

キャベ「怒ったのでしょう。」

カリフラ「はあ!?」

キャベ「とにかく 元に戻さないと。」

キャベ「はあっ!」

9369

ケール「はあああ…。」

9370

キャベ「ケールさん 落ち着いてください。」

9371

ケール「うおおおお!」

9372

キャベ「うわーっ!」

9373

ケール「気が高まる。 あふれる。」

ケール「はああああ…。」

9374

カリフラ「あれは ヤバヤバだぜ。」

カリフラ「はああっ!」

9375

ケール「ぬううう…。」

9376

キャベ「あっ… ああ…。」

9377

カリフラ「はあああ!」

9378

ケール「あああ…。」

カリフラ「ケール! 勘違いするんじゃねーよ!」

カリフラ「あたしゃ こんなやつに 引っ掛かるほど」

カリフラ「安い女じゃないぜ!」

9379

キャベ「ええ?」

ケール「あああ…。」

9380

カリフラ「ケール すげえじゃねーか。」

カリフラ「さすが 私の妹分だぜ!」

ケール「うっ… あ… ああ…。」

ケール「ああ~!」

9381.

カリフラ「おっと。」

9382

キャベ「思いがけず すごい戦士が 仲間になったかもですね。」

9383

 

(骨の鳴る音)

9384

フリーザ「力の大会ですか。」

フリーザ「それは 興味深い話ですねぇ。 実に。」

孫悟空「だろう?」

フリーザ「お断わりしたら 困りますか?」

9385

孫悟空「ちょっとな。」

フリーザ「では お断りします。」

孫悟空「そっか。」

9386

孫悟空「邪魔したな。」

フリーザ「あっ…。」

フリーザ「冗談ですよ!」

9387 9388

フリーザ「24時間したら また ここに逆戻りですか?」

孫悟空「しょうがねえだろ。 ぜいたく 言うな。」

フリーザ「クッ…。 では 条件があります。」

フリーザ「もし その試合に 勝ち この宇宙が残ったら」

フリーザ「ドラゴンボールで 私を蘇らせてください。」

9389

孫悟空「お前さぁ そんなこと言えると 思ってんのか?」

フリーザ「いいんですか?」

フリーザ「私は まだまだ 強くなりますよ。」

9390

フリーザ「かあああああ…!」

9391

フリーザ「また あなたと お手合わせ したかったんですがねぇ。」

フリーザ「あなたは 私の進化が 気になって しょうがない。」

9392

フリーザ「違いますか?」

孫悟空「さすが宇宙一の悪人だな。」

9393

孫悟空「オラの弱点を うまく突きやがる。」

フリーザ「ホッホッホッ…。 どうしますか?」

孫悟空「力の大会の最優秀選手の賞品は 超ドラゴンボールだ。」

孫悟空「自分で手に入れて 蘇るんだな。」

フリーザ「それでは チームが勝ち残ったとしても」

フリーザ「確実な復活が約束されたわけでは ありません。」

フリーザ「地球のドラゴンボールで結構です。」

9394

孫悟空「大会に出るんだな。」

フリーザ「約束していただければね。」

孫悟空「いいだろう。 約束してやる。」

孫悟空「ただし 集めるんに ちょっと 時間がかかっぞ。」

フリーザ「フッ 結構。」

9395

孫悟空「逃げても無駄だぞ。」

孫悟空「負ければ 宇宙そのもんが なくなっちまう。」

フリーザ「分かっていますよ。」

フリーザ「ところで その大会」

フリーザ「相手を殺しても いいんですか?」

9396

孫悟空「駄目に決まってんだろ。」

フリーザ「それは つらいですね。」

9397

フリーザ「まっ 我慢しましょう。」

9398

孫悟空「じゃあな。」

9399

フリーザ「おや もう行くんですか?」

孫悟空「後で 占いババが 迎えに来る。」

 

93100

孫悟空「おっす。 ばあちゃん。」

93101

占いババ「おっすじゃねえ! バカたれ!」

占いババ「フリーザなんて 厄介なやつを わしに連れてこいってか!」

93102

孫悟空「えっ? 知ってんか?」

占いババ「閻魔から連絡があった。」

占いババ「しょうがない。 宇宙の運命が 懸かっておるからのう。」

孫悟空「やったー。 さすが ばあちゃんだ。 サンキュー。」

占いババ「で 手土産は?」

孫悟空「えっ?」

孫悟空「そうだ。 いいもんがある。」

孫悟空「これやるよ。」

93103

占いババ「何だ? それ。」

孫悟空「全王さまっちゅう めちゃめちゃ 偉え人が」

孫悟空「いるんだけんどさ。 その全王さまに会えるアイテムだ。」

占いババ「む…。 いらんわ そんなもん。」

93104

占いババ「危な過ぎるわ!」

孫悟空「じゃあ 何か 持ってくるよ。」

孫悟空「またな ばあちゃん!」

93105

 

ガノス「私の見立てでは 第7宇宙 侮れないかと。」

クル「キテラ殿 何か対策はないのか?」

93106

キテラ「地獄より舞い戻る 悪の帝王か。 キキキ…。」

93107

キテラ「おい クル! 第7宇宙をつぶす いい秘策を思い付いた。」

クル「いい秘策?」

キテラ「悪いが ビルス 貴様には 消えてもらうぜ。」

93108

 

ナレーション(悟空は 宇宙の帝王フリーザを スカウトすることに成功した)

ナレーション(一方 フリーザの存在を知った 第4宇宙の破壊神 キテラ)

ナレーション(果たして 第7宇宙をつぶす秘策とは いった 何なのか?)

ナレーション(力の大会開始まで 残り 1時間と30分)

 

 

第93話「10人目の戦士はおめえだ! 悟空フリーザのもとへ!!」後半(Bパート)の感想

フリーザさま生き返らせるのはいいけど、退治しなおさないとは言ってないでよろしかったですか?w

でもフリーザさま、思ったほどの欲っちゅうんはないんですね。地球のドラゴンボールで結構って。

まあ確かに、フリーザほどの力があれば自力で宇宙くらいは支配できますが。

ところで、地球のドラゴンボールって今も生き返れるのって1回だけ?まだその設定生きてたら フリーザさま失言ですよね、そこも もしかして伏線なのかしら?

悟空とフリーザの対面はきちんとピリピリした雰囲気での会話になってました。

やっぱり、スカウトに来たのは悟空からだけど、心の底から悪党のフリーザ相手だ。フリーザにペースを持っていかれない立ち回り、とても良い駆け引きでしたね。

悟空のくせに。

ていうか、マジでフリーザが10人目なの?ブウは?

いやいいけどさ、ブウは全覧試合で一応活躍したし、フリーザが一時的にでも仲間になるって熱いし。

ただ第4宇宙の連中がフリーザに何かして脱退させてブウが戻ってくるとか、結局そんな感じになりそうな…。

ケールちゃんのブロリーっぷりが予想以上にすさまじかったな。血祭りから始まって岩盤割りとか、まんまブロリー過ぎて懐かしかった。

ところで、カリフラちゃんがすでに超サイヤ人2になってたんですが。キャベさん簡単に2人に追い越されてるで…。

 

前回:第92話「超えるべき壁を見据えて! 悟空 VS 悟飯」を確認したい方は第92話前半(Aパート)へ

 

第93話「10人目の戦士はおめえだ! 悟空フリーザのもとへ!!」の視聴率:5.6%

 

次回、第94話「悪の帝王復活!出迎える謎の刺客たち!?」の前半(Aパート)に続く