2017年5月28日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第92話「緊急事態発生!そろわない10人のメンバー」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第92話前半(Aパート)スタートする前に前回の あらすじ からどうぞ!!

前回:第91話「超えるべき壁を見据えて! 悟空 VS 悟飯」前半(Aパート)のあらすじ

ナレーション(刻々と迫る力の大会 開始時間)

ナレーション(各宇宙では 10人の戦士集めが 進行している)

ナレーション(どの宇宙も 消滅が かかっているため)

スポンサードリンク

ナレーション(続々と 強力な戦士が 集まってきていた)

ナレーション(そして 第7宇宙では ようやく 10人が揃った)

ナレーション(しかし…)

ブルマ「ブウが 力の大会に出られなくなったって。」

孫悟空「えー!?」

ブルマ「サタンが言うには どうやっても あと2カ月ぐらい 絶対に起きないって。」

孫悟空「オラ ブウの所 行ってくる!」

9201

第92話「緊急事態発生!そろわない10人のメンバー」前半(Aパート)のスタート

 

 

ミスター・サタン「おっ! 悟空さん 待ってましたよ。」

9202

孫悟空「ブウは?」

9203

(ブウのいびき)

9204

ミスター・サタン「ご覧のとおりなんです…。」

9205

(いびき)

孫悟空「よく寝てんなぁ…。 これ 起こせねえんか?」

ミスター・サタン「私も 色々やったのですが…。」

9206 9207

(いびき)

孫悟空「困ったなぁ…。」

孫悟空「この前は シュッとして あんなに張り切ってたのによう。」

9208

ミスター・サタン「ちょっと昼寝するっていったら こうなっちゃいまして。」

ミスター・サタン「普段は 1秒程度の睡眠で 元気はつらつなんですが。」

孫悟空「1秒!?」

ミスター・サタン「ただ… ここまで深く 眠り込んだら最後 2カ月は 起きないんですよ。」

孫悟空「ハァ… 参ったなぁ。」

孫悟空「なんとか10人 揃ったと思ったんになぁ~。」

ミスター・サタン「力の大会まで あと3時間くらいしか ありませんよねぇ…。」

9209

(いびき)

 

「ミィ~。」

カーセラル「ほら もう離しちゃいかんぞ。」

「ありがとう 将軍。」

「ありがとう。」

「ミィ~。」

9210

カーセラル「よかった。 本当によかった。」

9211

カーセラル「ん? おお トッポ。」

「あっ トッポ!」

「トッポだ~!」

「本物 初めて見た~!」

「カッコイイ~!」

9212

トッポ「将軍 よい仕事をしたな。」

カーセラル「俺を迎えに来たのか?」

 

カーセラル「大変な状況なのに すまんな。」

カーセラル「われわれが この宇宙を離れている間」

カーセラル「第11宇宙の人々は どうなる? 誰が守る?」

9213

カーセラル「そう思うと… どうしてもな。」

9214

トッポ「トルーパーズには 時期ヒーロー候補の研修生もいる。」

トッポ「試合の1時間余り 彼らに任せたい。」

トッポ「これは 彼らの成長にもなる。」

9215

カーセラル「その1時間で事件が起きたら?」

トッポ「研修生たちは 張り切っているぞ。」

カーセラル「う~ん…。」

カーセラル「任せてくれということか…。」

トッポ「すでに 惑星ネットフィスには」

トッポ「戦士たちが集まり 試合前の トレーニングが始まっている。」

トッポ「将軍 君の力が必要だ。」

9216

カーセラル「分かった。 私も力の大会に出よう。」

 

(いびき)

ミスター・サタン「えーい かくなるうえは!」

ミスター・サタン「この私が 大会に出場しましょう!」

9217

ミスター・サタン「地球存亡の危機なんです。 人類の一人として」

ミスター・サタン「このまま見過ごすことなど できません!」

孫悟空「気持ちは ありがてえんだけんど」

孫悟空「この前の試合 見たろ? サタン。」

9218

ミスター・サタン「あっ…。」

孫悟空「あれより きっと もっと すんげえのが わらわら出てくっぞ。」

孫悟空「それでもいいんか?」

9219

ミスター・サタン「うっ…。」

ミスター・サタン「やっ… や…」

ミスター・サタン「やっぱり… む… む…」

ミスター・サタン「無理のようですね…。」

9220

 

(いびき)

孫悟空(てなわけで ブウのやつ 全然 起きねえんだ)

9221

破壊神ビルス「あのバカ! 僕が たたき起こしてやる!」

ウイス「あら 何年も眠るビルスさまが 偉そうなこと 言えないんじゃありませんか?」

9222

破壊神ビルス「うっ…。 えーい! あと3時間しかないんだぞ。」

破壊神ビルス「誰もいないのかー!」

 

9223

モスコ「ピコピコピコピコ…。」

カンパーリ「モスコさまいわく」

カンパーリ「宇宙の危機に われわれは 力を合わせなくてはならない。」

9224

ニグリッシ「はい。 このニグリッシ」

ニグリッシ「全力で 事態に当たらせていただきます。」

9225

エア「期待してますよ ニグリッシ。」

エア「あなたは この第3宇宙 最高の改造戦士なのだから。」

ニグリッシ「ありがとうございます。」

モスコ「ピコピコピコ…。」

9226

カンパーリ「モスコさまいわく」

カンパーリ「戦え 勝て 生き残れです。」

9227

ニグリッシ「はい。 力の大会専用に 強化改造した戦士をご覧ください。」

9228

エア・カンパーリ「うわっ!」

9229

ニグリッシ「スーパーサバイバル仕様の 改造戦士 ナリラーマです。」

9230

カンパーリ「それで?」

エア「スーパーサバイバル仕様とは どのようなものですか?」

9231

ニグリッシ「ナリラーマ。」

ナリラーマ「Okay.」

ニグリッシ「まずは 武舞台から落ちない アイアンクローです。」

ナリラーマ「ハァー!」

9232

モスコ「ピコピコピコ!」

ニグリッシ「万が一 武舞台から落下しても」

ニグリッシ「この機能で リングアウトを 回避できます。」

モスコ「ピコピコピコ…。」

カンパーリ「モスコさまいわく その腕を切られたら どうなる?」

ナリラーマ「ぬおおおおお!」

ニグリッシ「そんなときは スーパー吸盤で くっつきます!」

ナリラーマ「ハァッ!」

9233

ニグリッシ「絶対 生き残ります。」

9234

ニグリッシ「そして 伸ばした手足で 敵をなぎ払う!」

9235

エア「あっ!」

ナリラーマ「ハァァァー!」

9236

ニグリッシ「これが ナリラーマのスーパーサバイバル仕様です。」

ニグリッシ「他の第3宇宙のメンバーも 続々と力の大会に向けて 改造中です。」

9237

ニグリッシ「生き残るのは わが第3宇宙です。」

モスコ「ピッコ ピッコ ピッコ!」

 

9238

マーロン「わーい!」

孫悟飯「あっ クリリンさーん!」

破壊神ビルス「ん?」

クリリン「待たせたな 悟飯。」

9239

孫悟飯「いえ。 18号さんも お疲れさまです。」

孫悟飯「マーロンちゃんも よく来たね。」

マーロン「イヒヒ。」

クリリン「天津飯も久しぶりだな~。」

クリリン「あれ? 武天老師さまは?」

クリリン「お前と一緒に来るって 聞いてたんだけど。」

天津飯「武天老師さまは 一つ修行を修めてから 来られるそうだ。」

9240

クリリン「修行? いまさら何の?」

孫悟飯「力の大会は 一瞬の隙も見せられないので」

孫悟飯「自分の唯一の弱点を克服するって。」

クリリン「唯一? 唯一の弱点のねぇ~。」

9241

 

亀仙人「ハァ… ハァ…。」

9242

亀仙人「わしは…。 わしは もう このようなものに」

亀仙人「心を動かすことはない…。」

9243

亀仙人「わしは… 勝った…。」

亀仙人「わしは 煩悩に勝ったぞ!」

9244

 

クリリン「まあ これで 色仕掛けは 通用しないってことだな。」

孫悟飯「ええ…。」

孫悟天「あっ クリリンさんだ!」

トランクス「クリリンさん いらっしゃい。」

クリリン「おお お前ら 元気そうで何よりだ。」

9245

マーロン「あたし 赤ちゃん見たーい!」

孫悟天「すごいカワイイよ。」

マーロン「見たい 見たーい!」

トランクス「いいぜ 見せてやるよ。」

孫悟天「行こう!」

トランクス「ついてこいよ!」

マーロン「わーい!」

破壊神ビルス「のんきそうにしやがって。」

ウイス「悟空さん 宇宙消滅の危機のこと まだ皆さんに」

ウイス「お話ししてないみたいですね。」

ピッコロ「あとは ベジータと17号を待つか。」

クリリン「よーし!」

クリリン「10人集まるまで ウオーミングアップといかないか? 天津飯。」

孫悟飯「クリリンさん 実は 困ったことになってまして…。」

クリリン「えっ? 困ったこと?」

ピッコロ「ブウが眠り込んで起きんのだ。」

クリリン「えっ… ブウが 参加できなかったらヤバくねえか?」

ピッコロ「ブウが駄目だったら 9人で出るしかなかろう。」

界王神「それは 難しいでしょう。」

9246

ピッコロ「難しいとは?」

界王神「全王さまが 10人と言ったら 10人なんです。」

破壊神ビルス「そうだぞ 息子!」

破壊神ビルス「お前が 第7宇宙のリーダーなんだから 何とかしろ!」

9247

孫悟飯「大丈夫です。」

孫悟飯「きっと 父さんが ブウさんを 起こしてきてくれます。」

孫悟飯「仮に 駄目だったとしても 僕が責任を持って 10人目を見つけます。」

9248

クリリン「俺も手伝うぜ。」

クリリン「何てったって 1,000万ゼニーが かかってるからな。」

孫悟飯「あっ…。」

9249

クリリン「まあ 俺の分は 18号さんに 取られちまうんだけどな。」

ピッコロ「その1,000万ゼニーの話 誰が?」

クリリン「悟空が 賞金1,000万ゼニーだって。」

界王神「なっ!?」

ピッコロ「孫のやつ…。」

9250

天津飯「何だ? 違うのか?」

天津飯「みんな 賞金目当てで 集まってんじゃないのか?」

9251

クリリン「えっ!? 嘘なのか?」

クリリン「だったら 力の大会って何なんだ?」

9252

 

ベジータ「はぁぁーっ! だーっ!」

9253

孫悟飯「あっ。」

クリリン・天津飯「ん?」

ピッコロ「チッ… あの野郎 また 強引に出てきやがった。」

9254

 

 

第92話「緊急事態発生!そろわない10人のメンバー」前半(Aパート)の感想

はい、王子出禁けってーい!

あら、悟飯が悟空に黙っておけと言っていたはずの力の大会の全貌をピッコロがこうもあっさりばらしてしまうのかw、これはこじれそうだな、悟空も困ってしまうな。

まあ、そこは多分何の問題もないと思うんだ。

地球の消滅がばれたところで悟空は責められるだろうけど、結局みんな戦ってくれると思う。

ただし18号以外は、金がないと絶対に出ないだろwどう調達するんだ悟空w

問題はブウでしょ、起きなくて出れなくて、別の選手に交代とかホントにあるのかい?

 

第92話「緊急事態発生!そろわない10人のメンバー」後半(Bパート)へ

 

前回:第91話「勝ち残るのはどの宇宙だ!? 続々と集う最強の戦士たち!!」を確認したい方は第91話前半(Aパート)へ