2015年8月30日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第8話「悟空見参 ビルス様からのラストチャンス!?」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 破壊神ビルス編』第7話前半(Aパート)スタートする前に前回の あらすじ からどうぞ!

前回:第7話「よくもオレのブルマを! ベジータ怒りの突然変異!?」のあらすじ

ナレーション「怒りに任せて 暴れまわる 破壊神ビルス。」

孫悟飯「いい加減にしろーっ!」

スポンサードリンク

ナレーション「自分の誕生パーティーを 台無しにされた ブルマは ビルスの頬を 引っ叩いた。」

ブルマ「今すぐ 出てって!」

ベジータ「お… 俺の…! 俺の ブルマに… 何しやがるーーーーっ!!」

ナレーション「怒りに狂った ベジータは ビルスを止める事が 出来るのか。」

ベジータ「おのれ… ビルス 絶対に 許さん…。」

 

第8話「悟空見参 ビルス様からのラストチャンス!?」前半(Aパート)のスタート

0801

ベジータ「やあーっ!! やっ! ダダダダダダダ…! たぁー!」

破壊神ビルス「うっ。」

0802

ベジータ「うお… あぁ…。 くっ!」

破壊神ビルス「うっ。」

0803

破壊神ビルス「あっ… 何!?」

ベジータ「うわー!」

破壊神ビルス「うお…。 うっ。」

ベジータ「てやー!」

0804

クリリン「うおっ! あったった…。」

0805

ベジータ「うおー! あたたたたたた…!」

破壊神ビルス「あっ。」

ベジータ「はっ! 破壊神だと? ふざけるのも いい加減にしやがれ!」

0806

ベジータ「うわーっ! はー! たぁー!」

0807

ベジータ「粉々に なりやがれー!」

0808

ベジータ「この… くそったれがー!」

0809

トランクス「うわー!」

ブルマ「ま まぶしい。」

ベジータ「ハァ… ハァ… ハァ… ハァ… ハァ… ここまでか… くそっ!」

破壊神ビルス「なんだ? これが超サイヤ人ゴッドなのか? 違うよね。 僕の 強敵っていうには 弱すぎるよ。」

ベジータ「ああ…。」

トランクス「パパ! なんで 勝ってたのに!」

ウイス「はむっ モグモグ… おいしい。 これも お土産に加えてくれます?」

ベジータ「うっ! ああ…。」

破壊神ビルス「久しぶりだったよ 1割くらい 本気を出したのはね。」

0810

ベジータ「うわー!」

破壊神ビルス「ま 北の界王のところにいた サイヤ人よりは 楽しめたけどね。」

ブルマ「ベジータ!」

トランクス「パパ!」

ブルマ「ベジータ しっかりしなさい!」

ベジータ「お終いだ…。 地球は 破壊される…。」

ブルマ「え?」

破壊神ビルス「これから 地球を 破壊する。 …と 思ったんだけどねえ やっぱり 破壊するのは 勿体ないかなあ。 この 地球という星の食事は 最高だったものね。 他の星と比べて。」

ブルマ「え? …でしょう? 破壊したら 勿体ないわよ。 まだまだ おいしいものが いっぱいあるのよ。」

破壊神ビルス「え! まだいっぱいあるの!?」

ブルマ「そうよ あなたが食べたのは ほんの一部よ。 だから 地球を破壊するのは 止めてくれる?」

破壊神ビルス「なるほど。 じゃあ チャンスを与えてあげよう。」

ブルマ「な… 何よ チャンスって。」

0811

ピラフ一味「おいっちに おいっちに おいっちに…。」

ピラフ「お前ら もっと早く漕げないのか!?」

シュウ「これ以上は 無理ですよ~。」

マイ「そうですよ ピラフさま。」

シュウ「そろそろ 交代してもらえませんかねえ。」

ピラフ「文句を 言うなー!」

マイ「文句を言うなって 言われましても… ねえ。」

シュウ「はぁ… あのご馳走 もったいなかったなあ…。」

ピラフ「おい 一体何の話を… ギャー! まさかお前達! あの残り物の詰め合わせを 忘れてきたんじゃないだろうな!?」

マイ「ピラフさまが 急かすからですよー。」

シュウ「大慌てで 脱出しましたし このボートだって ゴミ置き場でやっと 見つけたんですよ?」

ピラフ「それとこれとは 話が別だー! あのおいしい残り物を 忘れるなんて… なんて不甲斐ない 部下たちなのだ…。」

マイ「ムカッ。 あの船に 戻りましょう ピラフさま。」

ピラフ「え?」

マイ「ピラフさまの 言う通り あの船には ドラゴンボールがありますよ。」

ピラフ「待て 待て 待て! どうせ 信じちゃいないんだろ?」

シュウ「もしなくても お宝がいっぱい ありそうですよ?」

ピラフ「それとこれとは 話は別だー! ごちゃごちゃ うるさいぞー! お前達は 化け物のケンカに巻き込まれて 死にたいのか!? ええ!?」

0812

破壊神ビルス「そこに 隠れている ピンクのブタさん。 一歩前へ 出てきなさい。」

一同「ん?」

ウーロン「え? お… 俺?」

ヤムチャ「ピンクのブタって言ったら お前しか いないじゃないか。」

ウーロン「な… なんで俺なんだよ~。 お… お… おい み… み… みんな!」

0813

破壊神ビルス「君は 僕にプリンを分けてくれなかった ブタ君と 同じ種族だよね?」

ウーロン「ち… 違うよ! 誤解だよ! ピンクで太ってるのは 偶然の一致で…。」

破壊神ビルス「君に チャンスをあげよう。」

ウーロン「チャンス?」

破壊神ビルス「そう チャンス。 じゃんけんくらい 出来るよね~?」

ウーロン「ええ?」

孫悟天「じゃんけんって あのじゃんけん?」

破壊神ビルス「そう そのじゃんけん。」

ピッコロ「ま… まさか…。」

破壊神ビルス「ふっ。 そのじゃんけんに ピンクのブタさんが勝ったら このまま 帰ってあげよう。」

ウーロン「俺が勝ったら 帰ってくれんの?」

破壊神ビルス「でも。」

ウーロン「で でも?」

破壊神ビルス「僕が勝ったら 地球は 破壊するからね?」

ウーロン「ぎぎぎ…。」

破壊神ビルス「さあ 心の広い僕が チャンスをやると 言ってるんだ。 気が変わらないうちに 始めよう。」

ウーロン「夢なら 覚めてくれ~…。」

破壊神ビルス「嫌なら別に いいんだよ? 今すぐ 破壊するだけだからねえ。」

0814

クリリン「頑張れ ウーロン。」

孫悟飯「ウーロンさん ここは 一か八か やるしかありません。」

ヤムチャ「うん うん。」

ウーロン「マジかよ!?」

ヤムチャ「地球の歴史 始まって以来の もっとも重要な じゃんけんだぜ。」

ウーロン「プレッシャーかけんなよ。 地球の運命を背負うなんて 荷が重すぎるよ。」

破壊神ビルス「早くしろー! 僕は 待たされるのが嫌いなんだー!」

ウーロン「わかったよ! 負けて地球を破壊されても 恨むなよ!」

破壊神ビルス「じゃあ やろうか。」

0815

破壊神ビルス「では いくぞ。」

ウーロン「よーし 来い!」

一同「ああ…。」

ウイス「次はこの 穴子とやらを いただけます?」

破壊神ビルス「最初はグー。」

破壊神ビルス・ウーロン「じゃんけん ぽん!」

0816

 

第8話「悟空見参 ビルス様からのラストチャンス!?」前半(Aパート)の感想

ビルスさま、地球の食べ物知らないのにじゃんけん知ってるってどういう事なんだろう…実はじゃんけんって全宇宙共通の勝負だったのかなw

王子カッコよかったなー。悟空の時より戦闘の作画良かったし悟空より楽しめたって完璧じゃないか。王子がビルスに殴られてクルクルっと回転するトコとか良い動きしてた。

悟空はやっぱ最後に登場かな?ラストチャンスがウーロンとのじゃんけんって事は、じゃんけん負けるのかなぁ。

いやガキっぽいビルスさまの事だから何かにいちゃもん付けて地球を破壊しようとしなくもないw

 

続きは第8話「悟空見参 ビルス様からのラストチャンス!?」後半(Bパート)へ

 

前回:第7話「よくもオレのブルマを! ベジータ怒りの突然変異!?」を確認したい方は第7話前半(Aパート)へ