2017年4月9日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第85話「動き出す宇宙! それぞれの思惑」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第85話前半(Aパート)スタートする前に前回の あらすじ からどうぞ!!

前回:第84話「スカウトマン孫悟空 クリリンと18号を誘う」前半(Aパート)のあらすじ

ナレーション(8の宇宙の代表が戦い 負ければ その宇宙を消されてしまう力の大会)

ナレーション(出場する10人の選手を 集めるため 悟空は まず クリリンと18号を スカウトする)

孫悟飯「ちょっと待ってください。」

スポンサードリンク

ナレーション(クリリンの力を試す 悟飯)

クリリン「太陽拳!」

クリリン「名付けて 百倍太陽拳!」

クリリン「また 一緒に強くなろうぜ。 工夫して 努力して 何百倍も強くなろう。」

クリリン「力の大会 優勝しようぜ。」

孫悟飯「クリリンさん…。 僕は ホントに未熟です。」

孫悟空「あっ そうだ! 18号。 17号が 今いる場所って 分かっか?」

18号「17号!?」

クリリン「神様なら 色々見てるから 居場所を知ってるんじゃねえか?」

孫悟空「そうか デンデか!」

孫悟空「ちょっくら 聞いてみっかな。」

8501

第85話「動き出す宇宙! それぞれの思惑」前半(Aパート)のスタート

 

 

孫悟飯「父さん 僕は ピッコロさんのところへ行きます。」

8502

孫悟空「おう 頼むぞ。」

孫悟空「ピッコロなら すぐに 力の大会に出場するのを OKしてくれるはずだ。」

孫悟飯「はい。 ピッコロさんも 武道家ですから 他の宇宙の強い人たちと 戦いたいって言うでしょう。」

孫悟飯「僕も 今は そんな気持ちです。」

孫悟空「ピッコロに よろしくな。」

孫悟飯「はい。 いってきます。」

孫悟空「さーて オラも デンデのとこへ急ぐか。」

8503

孫悟空「ん? あれは…。」

孫悟空「何だ?」

8504

孫悟空「おお! あいつ 気合入ってんなぁ。」

 

8505

(足音)

カイ「ようこそ。 わが 第11宇宙の界王神界へ。」

8506

ゴワス「うむ。」

カイ「さて 界王神の皆さん。」

カイ「このたびの全王さまの取り決め それぞれの宇宙の住民には どうか ご内密に。」

ゴワス「ああ それがよかろう」

ゴワス「時に… 第7宇宙の界王神は どうしたのかな?」

8507

カイ「お声掛けしておりません。」

カイ「そもそも 力の大会は 第7宇宙の発案でしたので…。」

ロウ「おい! こんなとこで がん首 揃えたって 時間の無駄だぞ!」

8508

ロウ「何しようってんだ?」

カイ「ですから どうしたものかと相談を。」

ロウ「だーかーらー それが 時間の無駄なんだよ!」

ロウ「俺は 戦士を集めるんで 忙しいんだ!」

フワ「ふわ~…」

カイ「ん?」

フワ「困った 困った。 ふわ~… 困った。」

8509

ペル「何を困ることがあろうか 第6宇宙! 面白いではないか。」

8510

ペル「戦うのみ! 生き残るのは 第2宇宙だ。」

ペル「ブッホッホッホッ!」

エア「お言葉を返すようですが 第2宇宙さん。」

ペル「ブホッ?」

エア「僕たち第3宇宙の 知的レベルを ご存じない?」

8511

ペル「知性など 何するものぞ! 力の大会だわい! ものを言うのは 戦闘力! ブホッ。」

エア「やれやれ… これだから筋肉バカは。」

ペル「何を!?」

エア「その反応 レベルが知れるというもの!」

カイ「まあまあ…。」

ペル「おのれ! 言わせておけば!」

エア「何ですか!?」

エア・ペル「ぐううう…。」

カイ「どうか お二人 落ち着いてください!」

エア・ペル「あっ…。」

クル「ホッホッホッホ。 百家争鳴」

8512

クル「実に見苦しい。」

カイ「いかがでしょう。 全王さまに いま一度 考え直していただくというのは。」

カイ「われわれ界王神の総意として 全王さまの望む 人間レベル7に7達するまで」

カイ「今しばらく 宇宙消滅の猶予を頂くよう お願いするのです。」

エア「相談というのは そんなことですか。」

ペル「いまさら 何ができる! 全王さまが お決めになったことだぞ。」

ロウ「無理でしょうなぁ ご機嫌を損ねようものなら そこで 即 消滅もあり得るというもの」

ロウ「私も忙しいので これにて」

フワ「困った 困った。 ふわ~ 困ったなぁ。」

ゴワス「残念じゃが。」

カイ「しかたがないですね…。」

8513

カイ「できれば 8つの宇宙が生き残る道を 探りたかったのですが…。」

カイ「生き残るのは 一つの宇宙のみ。」

カイ「心苦しいのですが わが第11宇宙が生き残るのは明白。」

カイ「最強の戦士たちは この宇宙にいるのですから。」

 

8514

孫悟空「お~ やってんなぁ。」

魔人ブウ「とりゃー! たりゃー!」

8515

ミスター・サタン「ブウさん もういっちょ いきますよー。」

孫悟空「おっす! ブウの修行か?」

ミスター・サタン「おお~ 悟空さん。」

ミスター・サタン「ブウさん 全覧試合の後 張り切っちゃって。」

ミスター・サタン「全然 休まないで 一気にシェイプアップしちゃったんですよ。」

孫悟空「すーぷはっぺ?」

ミスター・サタン「ほら 見てくださいよ!」

8516

孫悟空「ん? おお~。」

孫悟空「いや~ 見違えたぞ。」

ミスター・サタン「カッコイイでしょ。」

魔人ブウ「おお お前!」

8517

魔人ブウ「俺 この前の犬っぽいのと遊んで 楽しかった~。」

魔人ブウ「力の大会本番は もっと面白いやつ来るんだろ? 楽しみ。」

孫悟空「ああ 楽しみだぞ。」

ミスター・サタン「どうです? 悟空さん。 今のブウさんと 手合わせしてみませんか?」

孫悟空「いいぜ。 オラも そう思っていたとこだぞ。」

8518

ミスター・サタン「では 私の別荘の敷地から出たら 勝負ありということで。」

ミスター・サタン「始め!」

8519

ミスター・サタン「おお~。」

8520 8521

孫悟空「いくぞ ブウ!」

魔人ブウ「おー!」

孫悟空「おりゃりゃりゃりゃ!」

魔人ブウ「とりゃりゃりゃりゃ!」

8522

孫悟空「うわっ! すげえぞ ブウ!」

孫悟空「スピードも上がってる上に パワーもある。」

魔人ブウ「フヘヘヘヘ。 俺 強い! 全部やっつける!」

ミスター・サタン「ブウさん! やっつけちゃ駄目ですよ!」

ミスター・サタン「相手を武舞台から 落っことすんですよ!」

魔人ブウ「殺しちゃ駄目なのかー?」

孫悟空「ああ 駄目だ。 殺したら その場で負けだ。」

魔人ブウ「おお だったら こうする。」

8523

孫悟空「フッ…。」

魔人ブウ「ほりゃー!」

8524

孫悟空「どりゃ! ぶあっ!」

8525

魔人ブウ「はーっ!」

魔人ブウ「じー。」

8526

孫悟空「おりゃりゃりゃりゃ!」

孫悟空「気功弾で押し出そうったって 無駄だぞー!」

8527

魔人ブウ「じー。 ん?」

孫悟空「おりゃー! ふっ! ふっ! ふっ!」

孫悟空「なっ!? ぐあっ!」

8528

魔人ブウ「だーっ!」

魔人ブウ「おりゃりゃりゃりゃ!」

8529

孫悟空「ぐあっ! ななっ!?」

魔人ブウ「ほりゃー!」

ミスター・サタン「やった~! 場外ですよ! ブウさんの勝ちです!」

8530

魔人ブウ「えっへん!」

孫悟空「いちちち…。」

孫悟空「すっげえ… すっげえよ ブウ!」

孫悟空「オラの視界を奪った隙に 近づいて 一気に場外を狙う。」

孫悟空「しかも 気弾の連射で オラの注意を そらしておくのも すっげえぞ。」

魔人ブウ・ミスター・サタン「ムフー。」

8531

孫悟空「ブウ やっぱ お前は 戦いの天才だなぁ。」

ミスター・サタン「悟空さん 本番では 簡単に 場外にならないでくださいよ。」

孫悟空「ああ すんげえ勉強になったぞ。」

ミスター・サタン「ホント 頼みますよ。 悟空さん。」

ミスター・サタン「絶対 勝ってくださいね!」

孫悟空「分かってるって。 でえじょうぶだ。」

孫悟空「サタンの言うとおり 18号も出てくれるってよ。」

ミスター・サタン「おお~! それは頼もしいですね。」

孫悟空「ピッコロも 今 悟飯が呼びにいってっぞ。」

ミスター・サタン「順調にメンバーが集まってますね。」

ミスター・サタン「素晴らしい~!」

孫悟空「オラ これから 17号に 声掛けてくるわ。」

孫悟空「ブウ 戦ってくれて ありがとな~。」

魔人ブウ「おー!」

孫悟空「じゃあな~!」

魔人ブウ「ふわ~…。 俺 ちょっと眠くなったぞ。」

8532

ミスター・サタン「ああ… ブウさん ずっと頑張ってましたもんね。」

ミスター・サタン「さあ お部屋に入りましょうね。」

魔人ブウ「むにゃむにゃ…。」

ミスター・サタン「これは 力の大会が終わるまで 生きた心地がしませんねぇ…。」

 

第85話「動き出す宇宙! それぞれの思惑」前半(Aパート)の感想

ブウさんww短期間で引き締まり過ぎだろwwwww。

先週の予告でなんだこのブウって思ってたけど、真面目に鍛えた結果かよwすげえw
でも、寝て起きたら絶対にまた太ってるぜ、賭けてもいい。

しかし、ブウ戦でもクリリン戦でも、戦術について学んでる描写が多いけど
今までが、どれだけ野性的で本能的にしか戦ってなかったんだよって感じだなw

 

続きは第85話「動き出す宇宙! それぞれの思惑」後半(Bパート)へ

 

前回:第84話「スカウトマン孫悟空 クリリンと18号を誘う」を確認したい方は第84話前半(Aパート)へ