2017年3月26日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第83話「第7宇宙代表チームを結成せよ! 最強の10人は誰だ!?」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第83話前半(Aパート)スタートする前に前回の あらすじ からどうぞ!!

前回:第82話「孫悟空許すまじ! 正義の戦士トッポ乱入!!」前半(Aパート)のあらすじ

ナレーション(全覧試合)

ナレーション(突如 現れ 孫 悟空に戦いを挑む 第11宇宙のトッポ)

トッポ「ジャスティスフラッシュ!」

スポンサードリンク

孫悟空「波~!!」

トッポ「お前に 本当の正義を 思い知らせてやる!」

孫悟空「いいぜ お前の本気 見せてくれよ。」

孫悟空「オラも限界を突破した姿 見してやるよー!」

ナレーション(互いに譲らぬ 2人の戦いだったが…)

大神官「そこまでです!」

ナレーション(大神官 戦いを中止)

ナレーション(決着は 力の大会で つけることとなった)

ナレーション(力の大会までに 残りの7人の戦士を集めるため 悟空たちは 地球へ戻るのだった)

8301

第83話「第7宇宙代表チームを結成せよ! 最強の10人は誰だ!?」前半(Aパート)のスタート

 

 

チチ「♪赤ちゃん カムカム すっぽっぽ~ん 赤ちゃん出てきて ぽんぽこぽ~ん♪ だべ。」

8302

チチ「うん?」

一同「うん?」

8303

孫悟空「おお チチ。 何だ? そのごちそうは。」

チチ「悟空さ! ちょうどいいところへ来たべ。」

チチ「これ 冷める前に食べてけれ。」

孫悟空「えっ? いいんか!?」

破壊神ビルス「お~!」

チチ「ブルマさの赤ちゃんが 生まれそうだって聞いて 慌てて用意したんだが」

チチ「まだ生まれるまで 時間がかかりそうなんだべ。」

8304

 

一同「♪すっぽんぽん♪」

ベジータ「チッ。」

一同「♪赤ちゃん カムカム すっぽんぽん 赤ちゃん 出てきて ぽんぽこぽ~ん♪」

8305

ブルマ「ベジータ ごめんね トレーニング室 使っちゃって。」

ベジータ「まったくだ。 お前のせいで 体が なまってしまうぞ。」

ベジータ「たく… あんなに動いて 大丈夫なのか?」

8306

トランクス「心配だね ママ。」

ベジータ「ああ。」

ベジータ「うっ!?」

8307

孫悟天「でも あれは 元気に赤ちゃんを産むための 運動だって マイちゃんが言ってたよ。」

孫悟天「赤ちゃん 楽しみですね。」

ベジータ「なっ!? フン!」

8308

ベジータ「俺は 別に 生まれるのが楽しみで 待っているわけじゃない。」

ベジータ「あいつがいろと言うから いるだけだ。」

トランクス「パパ どこ行くの?」

ベジータ「トレーニングだ。 近場にな。」

トランクス「俺も行きたい!」

孫悟天「僕も!」

8309

ベジータ「駄目だ。」

2人「え~。」

ベジータ「トランクス お前は ブルマに 赤ん坊のベッドを 用意しとけと言われただろ。」

トランクス「うわ ヤベッ! おい 悟天 手伝え。」

孫悟天「う… うん!」

8310

ベジータ「フン。 名前くらい考えてやるか。」

ベジータ「サイヤ人の王族にふさわしい 名前をな。」

 

チチ「何だべ? この服は。」

孫悟飯「いや~ ビーデルさんが たまには 父さんに付き合ってあげればって。」

8311

チチ「むっ!?」

孫悟空「う~ん うめえなぁ!」

8312

孫悟空「そういや 試合終わって 何も食ってなかったかんな。」

破壊神ビルス「お代わり じゃんじゃん持ってこ~い!」

界王神「あのう 皆さん それより メンバー選びを…。」

破壊神ビルス「誰でもいいから さっさと選べ!」

破壊神ビルス「ただし 必ず勝てるやつだぞ。」

8313

界王神「は… はい。」

ミスター・サタン「よく こんなときに 食べられますね。」

界王神「ハァ…。 それじゃあ 始めましょうか。」

孫悟飯「その前に 界王神さま。」

孫悟飯「人間のいる星って この第7宇宙に 幾つあるんですか?」

界王神「惑星サダラに 惑星ベジータ ナメック星などが なくなってしまいましたから」

界王神「今は 28個でしょうか。」

8314

孫悟飯「その中に 力の大会で 戦えそうな人は いないんですか?」

界王神「分かりません。 戦闘能力という視点では 観察してませんから。」

破壊神ビルス「そんなことも調べてないから レベルの低い宇宙なんて 言われるんだ。」

老界王神「12の宇宙の中で 人間レベルは 下から2番目か。」

老界王神「やれやれ…。 試合に出るのは 8つの宇宙じゃろ? ということは 優勝できる可能性は たった12.5%か。」

8315

老界王神「こらぁ ヤバそうじゃのう。 ウフ ウフ ウフ…。」

破壊神ビルス「笑ってる場合じゃないだろう! お前だって消えちまうんだぞ!?」

老界王神「いまさら じたばたしても 仕方ないからのう。」

孫悟空「心配いらねえよ ビルスさま。 勝ちゃいいんだから。」

孫悟空「どんな強えやつが出てくっか 楽しみだな~。」

破壊神ビルス「たく… お前ってやつは。」

ウイス「他の星のことは 分かりませんし 取りあえず 地球に絞って 選んでみてはいかがですか?」

孫悟飯「そうですね。 まずは 全覧試合に参加した 僕たち3人と ベジータさんと…。」

孫悟空「モナカだ!」

8316

破壊神ビルス「モナッ!? モナカは 出場できん。」

破壊神ビルス「具合が わ… 悪いそうだ。」

8317

孫悟空「何でだよ? まだ大会のこと 知らしてねえじゃん。」

破壊神ビルス「こっそり知らせたんだよ。」

破壊神ビルス「とにかく モナカは出られーん!」

孫悟空「わっ!」

孫悟飯「父さん 諦めましょう。 具合が悪いんじゃ仕方ないですよ。」

孫悟空「惜しいな~ モナカなら じゅうぶん戦えんのによぉ。」

破壊神ビルス「ハァ…。」

ウイス「そろそろ 本当のこと 言ったらどうですか?」

破壊神ビルス「それだけは駄目だ。」

8318

孫悟飯「あとは ピッコロさんと クリリンさんと…。」

ミスター・サタン「クリリンさんで 大丈夫ですかね? 武道家をやめて 久しいですし。」

8319

孫悟空「悟飯。」

孫悟飯「はい。」

 

8320

クリリン「だりゃりゃりゃりゃ!」

バジル「おりゃおりゃおりゃ!」

バジル「はーっ!」

8321

クリリン「ぐあっ!」

8322 8323

ミスター・サタン「あれは?」

界王神「イメージバトルです。 頭の中で戦っているんです。」

クリリン「よっ ふっ! はーっ!」

バジル「うん!?」

クリリン「気円斬!」

8324

バジル「はーっ!」

8325

クリリン「残像拳!」

バジル「うん!?」

8326

バジル「フン… ひゃひゃ!」

8327

クリリン「あっ!」

クリリン「太陽拳!」

バジル「うっ!?」

8328

バジル「チッ。」

クリリン「だーっ!」

バジル「うっ!」

8329

クリリン「ヘヘッ。」

クリリン「あっ!」

バジル「ゲヘヘヘヘ…。」

8330

バジル「これで とどめだー!」

8331

クリリン「ああ… うわーっ!」

8332

 

孫悟飯「やはり この戦いに クリリンさんは…。」

孫悟空「いや クリリンなら でえじょうぶだ。 また 修行始めたかんな。」

8333

孫悟飯「えっ? クリリンさんがですか?」

孫悟空「お前の知らねえ すんげえ技もあっぞ。」

孫悟空「だから でえじょうぶさ。 あとは…。」

界王神「悟天さんと トランクスさんは どうですか? 潜在能力は 高そうですが。」

孫悟空「あいつらは 駄目だ。 真っすぐ過ぎらぁ。」

孫悟空「この大会は ただの力勝負じゃねえ。」

孫悟空「武舞台から落としたら 勝ちって戦いだ。」

孫悟空「経験が少な過ぎる。」

孫悟飯「だったら 武天老師さまは どうですか?」

孫悟飯「経験は豊富ですし トリッキーな技も たくさん持ってます。」

孫悟空「ああ 亀仙人のじっちゃんなら じゅうぶん 戦えるな。」

8334

孫悟飯「これで7人。」

ミスター・サタン「あのう…。」

ミスター・サタン「18号さんは どうですか?」

孫悟空「おお~! 18号か!」

8335

孫悟飯「だったら 17号さんも。」

8336

孫悟飯「18号さんに どこにいるか 聞いてみましょう。」

界王神「いいんでしょうか? 2人は 人造人間ですよね。」

孫悟飯「元は人間です。 それを 細胞レベルで 超人に改造しただけです。」

界王神「ですが…。」

破壊神ビルス「僕は 聞かなかったことにする。」

界王神「ビルスさま…。」

破壊神ビルス「強けれりゃ誰でもいいんだよ!」

孫悟飯「これで 9人。 あと1人ですね。」

孫悟空「う~ん… 誰がいっかなぁ。」

ウイス「まだ 時間はありますし 無理に 今決める必要 ないんじゃないですか?」

界王神「そうですね。 他の星にも 戦闘能力の高い人間が いるかもしれませんし 調べてみましょう。」

老界王神「頼んだぞ。 わしは もう少し ここにおるでの。」

界王神「食べ過ぎないように お願いしますよ。」

老界王神「分かっておるわ!」

孫悟空「力の大会 面白くなりそうだな~!」

孫悟空「あっ そうだ カリンさまに 仙豆もらってこねえとな。」

ウイス「それは 反則だと思いますよ。」

孫悟空「えっ?」

ウイス「仙豆というのは あの体力を回復する豆でしょ?」

ウイス「戦士の力の能力ではありませんから 使えませんよ。」

孫悟空「ヤッベえなぁ 仙豆なしか…。」

破壊神ビルス「こっそり食っちまえ。」

8337

2人「えっ?」

ウイス「ビルスさま。」

破壊神ビルス「うっ…。」

ウイス「バレたら その場で終わりですよ。」

8338

破壊神ビルス「チッ。」

 

ベジータ「う~ん…。」

ベジータ「エシャロット…。 悪くないな。」

8339

孫悟空「ベジータ!」

ベジータ「ん? 戻っていたのか。」

孫悟空「喜べ ベジータ すっげえ強えやつらと戦えっぞ。」

孫悟空「宇宙っちゅうのは やっぱ 広えよな~。」

孫悟空「第11宇宙のトッポなんて ブルーになっても オラ 勝てっかどうかわかんなかったぞ。」

ベジータ「何!? ブルーになってもだと!?」

孫悟空「ああ。 しかも いっぺんに 80人で戦うんだ。」

ベジータ「なっ!?」

8340

孫悟飯「10人ずつ 8つの宇宙の選手が 同時に戦って 最後まで残った人が優勝です。」

ベジータ「80人 いっぺんに…。 バトルロイヤルか。」

ウイス「出発は あさってです。」

ベジータ「俺は 人数から外してくれ。」

孫悟空・孫悟飯「えっ!?」

ベジータ「あさってじゃ 子供が生まれているかどうか 分からんからな。」

孫悟空「でも 宇宙中の強えやつらと 戦えんだぞ。」

孫悟飯「行きましょうよ ベジータさん。」

ベジータ「おかしいな。」

孫悟空「えっ?」

ベジータ「どうして そんなに 俺を参加させたがる?」

8341

ベジータ「カカロット いつもの貴様なら むしろ 俺が参加しないことを 喜ぶんじゃないのか?」

ベジータ「80人… いや 70人の敵と 俺に 邪魔されずに戦えるんだからな。」

孫悟空「だっ だから それはよう…。」

破壊神ビルス「えーい ごちゃごちゃ言うな! お前も参加しろ! これは命令だ!」

ベジータ「どうしてもと言うなら ブルマを説得しろ。」

8342

ベジータ「そうじゃないかぎり 俺は 動かん!」

破壊神ビルス「うっ…。」

ウイス「ハアーッ 分かりました。」

8343

 

ブルマ「ブルマさは 安静にしてねえと。 もう こんなおなかに なってっからな。」

ブルマ「ありがとう チチさん。」

8344

(ドアの開く音)

ウイス「失礼。」

チチ・ブルマ「ウイスさん!?」

チチ「何 勝手に入ってきてるだ!? 今 大変な時期なんだべ!」

8345

ウイス「う~ん。」

ブルマ「な… 何?」

ウイス「う~ん…。」

8346

(ウイスの呪文)

ブルマ「あっ…。」

一同「えっ!?」

8347

4人「うん!?」

(ウイスの呪文)

一同「あっ…。」

(泣き声)

8348

ブルマ「私の… 赤ちゃん?」

(泣き声)

ブルマ「よーし よしよしよし。」

4人「おお~!」

ウイス「ベジータさん これで出場できますね。」

8349

ブルマ「ありがとう。 楽で助かったわ。」

ブルマ「またウイスさんに お願いしようかしら。」

ミスター・サタン「地球があればですがね。」

ベジータ「ん?」

孫悟飯「駄目ですよ! ベジータさん おめでとうございます。」

孫悟飯「僕 トランクスに知らせてきます。」

孫悟空「ああ。」

8350 8351

 

第83話「第7宇宙代表チームを結成せよ! 最強の10人は誰だ!?」前半(Aパート)の感想

ブルマ > 破壊神。

ビルスさまの威厳もだんだん無くなってきますなあ。老界王神にも言葉返せないようになってるじゃないかw

というか王子が本当に良いパパしてるのが良いな~。しかしサイヤ人の王にふさわしい名前を考えて出たのが「エシャロット」で何かなって調べてみたらネギでした。やっぱり野菜なんだw

思ったよりあっさりと17号の名前出てきて誘われてた。
ひっさびさの出場なのにもう少しドラマ作って引っ張ってほしかったなあ。

ウイス式出産はさすがに良いとは言えないんじゃないかなぁ…w

まさに

8349

こんな状態でポカーンとしながら見てたわ。

なんの苦労もなく産まれて私の子供って実感湧くのかな

 

続きは第83話「第7宇宙代表チームを結成せよ! 最強の10人は誰だ!?」後半(Bパート)へ

 

前回:第82話「孫悟空許すまじ! 正義の戦士トッポ乱入!!」を確認したい方は第82話前半(Aパート)へ