2017年1月15日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第74話「愛するもののために! 不屈のグレートサイヤマン!!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 懐かしの修行編』第74話前半(Aパート)スタートする前に前回の あらすじ からどうぞ!

前回:第73話「悟飯の災難! グレートサイヤマンまさかの映画化!?」のあらすじ

ナレーション「何と あのグレートサイヤマンが 映画化 そして 性格最悪の大スター バリー・カーンのスタントを 務めることになった 悟飯 そんなとき ワタガッシュを追ったジャコが 悟飯の前に現れた」

ジャコ「グレートサイヤマン! 中身は誰か知らないが 間違いない! ワタガッシュが寄生しているのは お前だ! 大宇宙キャノン 起動!」

スポンサードリンク

7401

第74話「愛するもののために! 不屈のグレートサイヤマン!!」前半(Aパート)のスタート

孫悟飯「わっ!」

男性「何だ? 何の光だ?」

7402

男性「見ろ! グレートサイヤマンだ! 映画の撮影中か。」

孫悟飯「危なかった…。 うわっ!」

7403

甘栗ココア「キャッ!」

孫悟飯「わ~!」

7404

ジャコ「落ちるところだった…。 んっ? 生きていたか ワタガッシュ! 今度は 外さん!」

孫悟飯「ちょっ ちょっと! 悟飯ですよ 悟飯。」

甘栗ココア「いやっ 撃たれる!」

孫悟飯「うわっ!」

ジャコ「ご飯なら さっき ラーメンを食べた。 時間稼ぎのつもりか ワタガッシュ。」

孫悟飯「ココアさん ちょっと 放して!」

甘栗ココア「いやっ! 守ってよ!」

7405

ジャコ「お前は ここで 消えるのだ。」

孫悟飯「待って ジャコさん! 僕です 僕! ほらっ!」

ジャコ「お前は!」

孫悟飯「そうです。」

ジャコ「孫 悟空の いまいち パッとしない息子!」

7406

孫悟飯「えっ?」

甘栗ココア「確かに パッとはしないわね。」

ジャコ「う~む… いったい どうしたというのだ? その超ダサい恰好は。」

孫悟飯「ダサくないですよ!」

甘栗ココア「ダサいわよ。」

孫悟飯「精神寄生体?」

7407

ジャコ「うむ。 その名はワタガッシュ。 単体では 無害そのもの。 だが 人間の心の闇に引き寄せられて 寄生する習性があってな。 一体化し寄生主に 超人的なパワーを与えるのだ。 寄生主の心の闇が 大きければ大きいほど パワーも増す。 文明一つが やつのせいで 滅びたこともある。」

ジャコ「この地球に 潜んでいることは 間違いないのだが…。」

孫悟飯「話は分かりました。 そんな危険な宇宙人を 野放しにしてはおけません。 父さんに相談を…。」

ジャコ「ま… 待て!」

孫悟飯「うわっと!」

ジャコ「流れ上 お前には 説明せざるを得なかったが 本来 これは 極秘の調査なのだ。 私とお前だけの秘密にしよう。 いいな?」

孫悟飯「でも…。」

ジャコ「その代わり ピチピチギャルとの空中デートは 奥さんに内緒にしてやる。」

孫悟飯「そ… そういうのじゃありませんよ!」

ジャコ「ホントか~?」

甘栗ココア「あの~。」

孫悟飯「何かあったら 連絡 下さい。 それじゃあ。」

ジャコ「う~ん…。 何で あんなダサいのがモテるんだ?」

7408

ねずみ「チュチュ! チュー!」

7409 7410

甘栗ココア「私は みんなのアイドルよ でも 今の私は グレートサイヤマンに恋する ただの女の子なの」

孫悟飯「私はヒーロー いつ 戦いの中で 命を落とすかもしれない 私に人を愛する資格など ありはしない 私のことは 忘れてくれ! そして君を幸せにできる 新しい誰かを見つけるんだ! 分かってくれ。 全ての人の平和を守る戦士 それが グレートサイヤマン!」

7411

甘栗ココア(悟飯さんを私のおうちに?)

バリー・カーン(ああ せりふの練習がしたいとか何とか 適当な理由をつけて 引っ張り込んで 朝まで 付き合わせるんだ)

甘栗ココア(えっ それって…)

バリー・カーン(ああ 俺だ。 スクープをくれてやる 見出しはこうだ。 「甘栗ココアに恋人発覚」 マンションを見張っていれば 最高の写真が撮れるぞ)

7412

甘栗ココア(あの… 困ります。 ココア アイドルなんで)

バリー・カーン(新曲の売り上げ パッとしないそうだな 安心しろ。 この先も俺の映画で使ってやる フフ 「アイドルの家から朝帰り」 そんなスキャンダル記事が 出回ったら 悟飯の家庭は 間違いなく めちゃくちゃだな! 俺より 目立とうとするから こういうことになるんだ ハハハハハ!)

甘栗ココア(あの…)

バリー・カーン(何だ? 文句があるのか?)

甘栗ココア(え~っと…)

バリー・カーン(俺を誰だと思ってる? 落ち目のアイドルを つぶすくらい わけないんだぞ)

7413

孫悟飯「ココアちゃん?」

甘栗ココア「あっ。」

孫悟飯「ごめん やっぱり 僕みたいな素が人相手じゃ 練習にならないよね。」

甘栗ココア「違う そうじゃなくて。 ココア 才能ないから。」

孫悟飯「あっ!」

7414

孫悟飯「ココアちゃん? え~っと…。 アイドルと女優 両方に挑戦するなんて ホントに すごいことだって思うよ。 自信を持とうよ。 ねっ?」

甘栗ココア「分かんないよ。」

孫悟飯「えっ?」

甘栗ココア「悟飯さんは空を飛べるし ビームも出せる。 宇宙人の知り合いだっている。 そんな すごい人に 何にもできない アイドルの気持ちなんか 分かるわけないよ。 うっ うっ…。」

孫悟飯「あっ…。」

甘栗ココア「うっ うっ…。」

孫悟飯「空を飛べるし 気も操れる。 でも 僕には できないことがいっぱいだ。」

甘栗ココア「えっ?」

7415

孫悟飯「奥さんと子供を幸せにしたい。 でも まだ 全然だ。 だから ココアちゃんの 不安な気持ち 少しは分かるよ。 一緒に頑張ろう? ねっ?」

7416

孫悟飯「ココアちゃん…。」

甘栗ココア「せりふの練習 お願いします!」

7417

孫悟飯「ハハハ。 そう こなくちゃ!」

甘栗ココア「う~ん 練習した 練習した~。」

孫悟飯「やっぱり ココアちゃん すごいよ。 僕なんかじゃ 全然 お役に立てなかったね。」

甘栗ココア「そんなことないです。」

孫悟飯「それじゃあ そろそろ 帰るけど 何で また 屋上から?」

7418

甘栗ココア「下は危ないので。」

孫悟飯「えっ? 何の話? んっ?」

7419

孫悟飯「わっ! わっ! わ~! わ~!!」

7420

甘栗ココア(ありがとう ココアも頑張ってみます)

バリー・カーン「空を飛んだ? まさか やつが本物の…。 フフフ ついてるぜ。 脅す材料が さらに 一つ 増えた。 ココアめ やつを逃がそうとしたらしいが アイドル風情が この俺を 出し抜けるとでも思ったか。」

7421

孫悟飯「朝になっちゃった。 ビーデルさんに謝らなきゃ。」

ビーデル「あっ おかえりなさい。」

7422

孫悟飯「あっ もしかして 待っててくれた?」

ビーデル「朝まで お疲れさま。 撮影が長引いたんでしょう?」

孫悟飯「いや そうじゃなくて…。」

ビーデル「食事 用意しておいたから よかったら どうぞ。」

孫悟飯「あ… あの…。」

(チャイム)

ビーデル「こんな時間に誰かしら?」

7423

孫悟飯「あ あ あ…。」

バリー・カーン「フッ。」

孫悟飯「これは どうして?」

バリー・カーン「悟飯君 君が グレートサイヤマンだったとは 驚きだよ。 だが そんなことより…。」

7424

孫悟飯「ビーデルさん これは…。」

バリー・カーン「見苦しいぞ。 それでも 男か?」

孫悟飯「バ… バリーさんが どうして 写真を? こんなの変だ!」

バリー・カーン「お気持ち お察ししますよ 奥さん。 芸能界は恐ろしい世界でしてね。 まばゆいライトと万雷の拍手。 周りは美女ばかり。 地味な日常なんて…。」

7425

ビーデル「かわいそうな人。」

7426

バリー・カーン「えっ? あっ。」

孫悟飯「あっ。」

ビーデル「サインをいらないって 言われたことが そんなに悔しい? 悟飯君が目立っているのが そんなに悔しい? ちやほやされていても 本当は自信がないのね。 かわいそうな人。」

バリー・カーン「この写真が動かぬ証拠!」

ビーデル「悟飯君は そんな人じゃない。 きっと 何か理由があるんだわ。」

孫悟飯「ビーデルさん…。」

ビーデル「用事が済んだら帰って!」

バリー・カーン「悟飯が グレートサイヤマンだって マスコミにバラしてやる! ハイエナみたいな連中に 毎日 付け狙われる恐怖を 味あわせてやるぞ!」

孫悟飯「帰ってください バリーさん。 娘が起きてしまいます。」

バリー・カーン「スタントマンの分際で 俺に命令をするな…。」

バリー・カーン「うっ…。」

孫悟飯「帰ってくださいと言ってるんです。」

7427

バリー・カーン「俺を誰だと思っていやがる! 俺は バリー・カーン! 大スターだぞ! 有名人だぞ! 偉いんだぞ! どいつもこいつも なめやがって。」

7428

バリー・カーン「この俺をこけにしたら どうなるか 思い知らせて…。 うっ! あっ ああ…。 が~!」

7429

 

第74話「愛するもののために! 不屈のグレートサイヤマン!!」前半(Aパート)の感想

ジャコ「寄生主の心の闇が 大きければ大きいほど パワーも増す。」←なるほどね~、バリーさんw

ビーデルさんマジ天使っすなあ。こんな嫁さんマジでほしいわ。でもやっぱり、悟飯ちゃんはカッコいいと思うよ。

例えば、ココアちゃんを慰めるシーンとかでは悟飯の自分の情けない所を見せているところとか、実は中々できなくて非常に良いと思うんです。やっぱり悟飯ちゃん好きだ。ココアちゃんは思ってたよりしっかりしてて良い子だった、素晴らしいね。

後、バリーさんが悪い方向に努力していて中々の行動派でしたし、展開も王道で分かりやすくて良いのですが悟飯一家に嫌がらせした事によりバリーさんに何のメリットが生まれるんだろうって悩んじゃうw職種違い過ぎてなんの影響もないよね。

 

続きは第74話「愛するもののために! 不屈のグレートサイヤマン!!」後半(Bパート)へ

 

前回:第73話「悟飯の災難! グレートサイヤマンまさかの映画化!?」を確認したい方は第73話前半(Aパート)へ