2016年12月4日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第69話「悟空VSアラレ!ハチャメチャバトルで地球が終わる!?」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 暗殺者ヒット編』第69話前半(Aパート)スタートする前に前回の あらすじ からどうぞ!

 

第69話「悟空VSアラレ!ハチャメチャバトルで地球が終わる!?」前半(Aパート)スタート

スポンサードリンク

6900 0691

則巻アラレ「んちゃ! ほよよ? 博士 どっか 行くの?」

則巻千兵衛「おっ? ちょっと 西の都にな。」

則巻アラレ「うほほ~い! あたしも行く!」

ガッちゃんズ「クピプー!」

則巻千兵衛「だ~め! いい子で お留守番しとるんだぞ~!」

則巻アラレ「ほよ~。」

ガッちゃんズ「クピー!」

孫悟空「ふああぁ~。」

リポーター「テレビの前の皆さま こんにちは! 世界発明品アワードの会場から 生中継で お届けしております! ことしの最も優れた発明品を決める このイベント。 プレゼンターは われらが スーパースター ミスター・サタン!」

ミスターサタン「あ~!」

リポーター「発明品をノミネートされた 科学者の皆さんが 発表を 今か今かと 待ちわびています! ちょっと お話 よろしいですか?」

ベジータ「んっ!」

6902

リポーター「ひっ! チャンネルはそのまま~。」

ベジータ「チッ。」

ブルマ「今日ぐらい 笑顔で 付き合ってよ。」

トランクス「そうだよ パパ。 ママの発明品が 1等賞に選ばれる おめだたい日なんだからさ。」

ベジータ「フッ。 俺には 関係ない。」

トランクス・ブルマ「うん?」

ミスターサタン「あー オホン。 皆さん 本日は お忙しい中 お集まりいただき 誠に ありがとうございます。 それでは お待ちかねの発表です!」

孫悟空「アルバイトって 退屈だな~。」

69

チチ(いいか? 悟空さ! せっかく サタンさんが ガードマンのアルバイト回してくれたんだ! たまには 真面目に働くのもいいべ! 髪の毛も きちんと していくべ!)

孫悟空「って言われてもよ~。」

孫悟空「あちゃ~。 駄目だ こりゃ。 ふあ~あ。」

警備員「あ… あの ちょっと…。」

6904

ミスターサタン「世界科学アカデミーが 選んだ ことしの最も優れた発明品は…。 ペンギン村の 則巻千兵衛博士の発明品 ホンモノマシーン・マーク2です!」

6905

則巻千兵衛「んっ? わし? やった~!」

トランクス「え~っ!?」

則巻千兵衛「どうも! いや~ どうも どうも!」

ミスターサタン「博士 ステージへ どうぞ!」

則巻千兵衛「ご紹介にあずかりました 則巻 千兵衛です。 口の悪い連中からは ドクタースランプなどと 呼ばれています。 しか~し! こいつをご覧いただければ 私が 天才であることを ご理解いただけるでしょう! その名も ホンモノマシーン・マーク2!」

6906

ホンモノマシーン・マーク2「は~い! 拍手 拍手!」

ミスターサタン「えー 千兵衛博士 これは いったい どういう発明品で?」

則巻千兵衛「フフフ…。 では 早速 お見せいたしましょう。 はい ご覧のとおり 中は 空っぽです。 んっ ん~っ! ん~っ…。 ん~っ…。 んっ! ん~っ!」

69076908

ホンモノマシーン・マーク2「すぽぽぽ~ん!」

則巻千兵衛「どうです?」

ミスターサタン「すごいですね…。」

則巻千兵衛「だーっ! そうじゃなくって このピチピチギャルの写真集は 何もない所から 生み出されたんです!」

ミスターサタン「えっ?」

則巻千兵衛「つまり マシーンが 私の強い願いを受信し 空気から これを つくり出したってことです!」

6909

則巻千兵衛「怖い。 私は 自分の才能が 怖い…。」

ミスターサタン「し… しかし なぜ あえて ここで ピチピチギャルの写真集を?」

則巻千兵衛「フフフ…。 このマシーン 死ぬほど強い願いしか 受信しないんですよ。」

ミスターサタン「ど… どれだけピチピチギャルが好きなんですか あなた…。」

則巻千兵衛「ミスター・サタンも やってみませんか?」

「ボツ ボツ ボツ ボツ…。 ボツ ボツ ボツ ボツ…。」

6910 6911

ミスターサタン「う~ん! これは すごい! 会場の皆さん 則巻 千兵衛博士の受賞に 異存は ありませんね?」

ブルマ「大したものね。」

トランクス「すっげえ! 俺も欲しい!」

ベジータ「フン。」

「ボツ…。」

則巻千兵衛「あ… ありがとう。 ありがとう。 うっ… こんな日が来ようとは…。」

ミスターサタン「それでは メダルの贈呈です。 則巻 千兵衛博士 どうぞ。」

則巻千兵衛「はい。」

「異議あり!」

則巻千兵衛「あっ…。」

ブルマ「えっ?」

トランクス「何だ?」

6912

ドクターマシリト「ムフフッ。」

則巻千兵衛「ドクターマシリト!」

ドクターマシリト「世界最高の天才科学者にして 則巻 千兵衛の永遠のライバル このドクターマシリトに 招待状すら送ってこないとは!」

則巻千兵衛「ちょっと待て! う~ん…。 やっぱり! お前『Dr.スランプ』の原作コミックで ばっちり 死んでるじゃないか!」

6913

ドクターマシリト「んんっ。」

則巻千兵衛「あん?」

ドクターマシリト「式に呼ばれなかったのが悔しくて 地獄を脱走してきたのだ! ナハハハッ!」

則巻千兵衛「だ~っ!」

6914

則巻千兵衛「か… 科学者のくせして 非科学的なことを抜かしおって!」

ドクターマシリト「フッ! 出てこい!」

則巻アラレ「ボツ ボツ ボツ…。 んちゃ!」

ガッちゃんズ「クピプー!」

則巻千兵衛「アラレ! それに ガッちゃんたちも!」

則巻アラレ「ニヒヒッ!」

ガッちゃんズ「クピピー。」

ドクターマシリト「留守番をしていたこいつらの食い物に これを混ぜさせてもらった! アソビタインX! 子供の遊びたい気持ちを 100倍にする薬だ!」

則巻アラレ「わくわく! わくわく!」

ドクターマシリト「さあ 則巻アラレと ガッちゃんズ ここにいるやつらと遊んでやれ! 私を無視する こんな賞は認めん! ボツだ ボツ!」

則巻アラレ「は~い!」

ガッちゃんズ「クピプー!」

則巻千兵衛「こりゃ 大変だ!」

ミスターサタン「フゥ…。 これでは 私の見せ場が 台無しではないか。 いや 待てよ… 逆に ここで 子供たちに 優しくしておけば…。 フフフ…。 あー お嬢ちゃんたち このミスター・サタンが 遊んであげよう。」

則巻アラレ「ホント!?」

ミスターサタン「ああ 本当だとも。 だが 今は 大事な式の最中だからね もうちょっと後で…。」

則巻アラレ「うほほ~い! どん!」

ミスターサタン「だ~っ! ううっ…。」

6915

則巻アラレ「ハハハッ!」

則巻千兵衛「ああ~っ!」

6916

ガッちゃん「クピ…。」

一同「ああっ…。」

則巻アラレ「テーブル割り! バカン!」

則巻千兵衛「こ… こら! アラレ やめんか!」

ミスターサタン「んっ。 皆さん ここは 私に任せて 避難してください!」

則巻アラレ「ハハハッ! ドカン!」

ミスターサタン「先生 お願いします。」

ベジータ「フン。 やれやれ。 しつけのなっていないガキだな。 親の顔が見たいとは このことだぜ。」

則巻アラレ「うほほ~い!」

ベジータ「おい そこのガキんちょ。」

則巻アラレ「ほよ?」

ベジータ「俺さまが 遊んでやろう。」

則巻アラレ「おっさん つおい?」

ベジータ「ああ。」

則巻アラレ「わくわく! わくわく!」

ベジータ「おい!」

則巻千兵衛「はい。」

ベジータ「いいんだな?」

則巻千兵衛「お… おケガをなさらぬ程度に…。」

則巻アラレ「ほんじゃ いくよ~。 ニッ! キィーン!」

6917

ベジータ「フッ。」

6918

 

第69話「悟空VSアラレ!ハチャメチャバトルで地球が終わる!?」前半(Aパート)の感想

王子ー!そいつはダメだ!逃げろー!
というわけで、アラレ回ですね!懐かしい。OPまでわざわざ作るという気合いの入れ具合、恐れ入ったぜ…。

声もキャラデザも初期の方意識して泣けてきた。

相変わらず千兵衛博士天才だなwタイムマシン作れるブルマよりすげぇんだなって思ったら千兵衛博士もタイムマシン作ってたわ。

地球割りとかはBパートかな?悟空とアラレは昔あった事あるのお互いに覚えてるのだろうかw

 

続きは第69話「悟空VSアラレ!ハチャメチャバトルで地球が終わる!?」後半(Bパート)へ

 

前回:第68話「いでよ神龍シェンロン! 叶える願いは誰のもの!?」を確認したい方は第68話前半(Aパート)へ