2015年8月2日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第4話「目指せドラゴンボール! ピラフ一味の大作戦!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 破壊神ビルス編』第4話前半(Aパート)スタートする前に前回の あらすじ からどうぞ!

前回:第3話「夢の続きはどこだ!? 超サイヤ人ゴッドを探せ!」のあらすじ

ナレーション「ついに 動き出した 破壊神ビルス。 それに 気づいた 界王達は 新たな戦いが起こることを 恐れていた。 一方 ブルマの誕生パーティーが 行われる 豪華客船には 多くの 仲間たちが 集まっていたが。」

スポンサードリンク

ブルマ「ベジータは トレーニングで来ないって!? しかも 孫くんまで!」

ナレーション「そんな時 破壊神ビルスは 超サイヤ人ゴッドを 探すため 悟空のいる 北の海王星へと 向かったのだった。」

破壊神ビルス「必ず見つけてやる。 超サイヤ人ゴッド とかいうやつをね。」

 

第4話「目指せドラゴンボール! ピラフ一味の大作戦!」前半(Aパート)スタート

破壊神ビルス「クフフフフ…。」

001

破壊神ビルス「思い出した…。 おい ウイス。 この弁当のおかずは どうにかならんのか。 惑星ウォートリンの焼きじゃけと 第65星雲のチキン南蛮ばっかりで。 もう この味には すっかり飽きた。」

ウイス「飽きたと申されましても そのメニューを作ったのは 160年前に一度だけですよ。 惑星モンサを 破壊した時に。」

破壊神ビルス「飽きたと言ったら 飽きたんだ!」

ウイス「そんなことより ビルスさま 早く お召し上がりにならないと 後10分ほどで 北の海王の星に 着いてしまいますよ?」

破壊神ビルス「お… そうか。」

002 003

孫悟空「えっほ えっほ えっほ…」

界王「(なぜじゃ? ビルスさまの気が この星に向かって…)ああ~ もう~! すぐそこまで 来ておる~! はぁ… 」

孫悟空「界王さま さっきから 何してんだ?」

界王「うん? ごご… 悟空! お前 まだ いたのか。 ブルマとかいうやつの パーティーがあるって いってたろ?」

孫悟空「いや オラ パーチィー っちゅうんは どうも 苦手でさぁ。」

界王「そ… そんなんじゃ お前 友達 なくすぞ!」

孫悟空「ん? 界王さまの様子が さっきから変だからさ オラなんか 気になってよ。」

界王「おお!? 様子が変!? ああ~!」

004

界王「へ~んだ へんだ~ わしの頭が変だ~ へ~んだ へんだ~ わしの頭が変だ~…」

孫悟空「やっぱ 何かおかしいんだよなあ…。」

005 006 007 008 009 010

ブルマ「私の誕生日と 修行 どっちが大切なのよ!」

孫悟飯「まあ まあ ブルマさん。」

ブルマ「あんたのお父さんとは 長い付き合いなのよ。」

クリリン「そういや ブルマさん 誕生日でいったい いくつになったんですか?」

ブルマ「失礼ね! そんなこと 教えるもんですか!」

孫悟飯「あらららら~…。」

チチ「はあ~ オラ 豪華客船なんて はじめてだ。 さすが 世界一の お金持ちだな。 まったく 悟空さも 良い友達を 持ったもんだ。」

18号「今日のビンゴ大会 商品に お城や飛行機まであると言うのは 本当か?」

ブルマ「ええ そうよ。 でも特等は もっと すごいんだから。」

011

18号「よし クリリン! うちは今日 マーロンと3人もいるんだ! 絶対に 2等の お城を 持って帰ろう!」

クリリン「え 2等でいいの?」

012

18号「2等じゃ だめか?」

クリリン「いや そういうわけじゃ…」

チチ「もう 悟空さったら こんな時に… なんで 修行に行っちまっただ~!!」

013

孫悟天「ねえ ほんとにビンゴの商品 見せてくれんの?」

トランクス「悟天だけ 特別だぞ!」

孫悟天「わー!」

トランクス「こっちだ!」

014

孫悟天「ごめんなさ~い!」

シェフ「こら~!!」

孫悟天「わぁ!」

トランクス「よーし 開くぞ。」

孫悟天「うん。」

015

孫悟天「うわ~…。 これが 全部 ビンゴの商品なの!?」

トランクス「ちっ ちっ ちっ 悟天 驚くのはまだ 早いぜ? ぽちっと。」

016

孫悟天「なにこれ?」

トランクス「あ 悟天!」

017

トランクス「はあ… いきなり触ったら あぶないだろ?」

孫悟天「ヒッ ヒヒヒ うわあ! ものすごく 厳重なんだね。」

トランクス「ママの発明なんだ これがあれば ビンゴ大会の特等が 誰にも 見つからないんだってよ。」

孫悟天「へえ~。 じゃあ 僕らでも ダメだね。」

トランクス「そんなこと ないさ~。 確かに うちのママの発明は すごいんだけど…」

018

トランクス「な?」

019

トランクス「どっか 抜けてんだ。」

孫悟天「やったね トランクスくん!」

トランクス「よし それじゃ 特等を見せてやるよ。」

トランクス・孫悟天「うわああ! ハハッ。」

020 021

ピラフ「ううう… 腹減った~…。」

マイ「ピラフさまのせいでは ありませんか!」

シュウ「もう 3日も 草しか食べてないんですよ! いくら犬でも 辛いっす…。」

マイ「大体 こんな島の どこに お宝があるっていうんですか?」

ピラフ「この 地図に書いてあるだろうが! 50ゼニーもしたんだぞ ちゃんと探せ!」

022

マイ「こんな 安っぽい地図 信じるなんて。 あの ボートだって そうですよ。 お金をけちるから エンジンだって 壊れちゃったし あれでは 港まで 戻れないではないですか! どうしてくれんの!?」

シュウ「俺… ここで死ぬのかな…。 ガクッ」

ピラフ「ごちゃごちゃ言ってないで お前たちは お宝を探せー!」

マイ「フン! この! たっ!」

023

ピラフ「くうう… 腹減った… もんじゃ焼き食べたい…。 大体 雑魚一匹も かからんとは… 魚まで このピラフ大王を 尊敬しておらんのか!」

024

トランクス・孫悟天「うわああ!」

025 026

ピラフ「ん? ん~…? ええー!?」

孫悟天「うわ~。」

トランクス「すっげーだろ! ママが この日の為に 集めたんだ。」

ピラフ「ドラゴンボールが 7つ集まってる…。 しかも こちらに近づいてくるぞ!」

027

ピラフ「ん? ま ま ま ま… まさか… まさか!」

シュウ・マイ「うん?」

ピラフ「くぅー! ここから 俺たちも 大逆転だ!」

シュウ「ピラフさま!」

マイ「食料が 引いてます!」

ピラフ「クフフ… それ! あ ドラゴンレーダーが! 待てー!?」

シュウ・マイ「あー! 食料が…。」

ピラフ「いてててて…」

シュウ「あ~…。」

ピラフ「ふん。 そんな けち臭いものは もういらん。 シュウ マイ 俺さまは ドラゴンボール 7つ 見つけたぞ!」

シュウ・マイ「えぇー!」

ピラフ「グフフフ ダァーッハッハッハ!」

トランクス「もとに 戻しとかなきゃな。」

028

ピラフ「ダァーッハッハッハッハー! 見ろ! 2人とも!」

029

シュウ・マイ「はあ?」

マイ「何もないでは ありませんか。」

シュウ「きっと お腹のすきすぎで 幻でも 見たんですよ。」

ピラフ「あれれ!? あれ あれ あれれー!?」

マイ「ピラフさまったら せっかくの魚も 逃がすし。」

ピラフ「違ーう! 俺さまは見たのだ!」

シュウ「もう じゃあ 水に濡れて 壊れちゃったんじゃないんですか? それ。」

ピラフ「これは 防水性だ。 俺さまは ぜ~ったい 見たんだー!」

 

第4話「目指せドラゴンボール! ピラフ一味の大作戦!」前半(Aパート)の感想

ピラフ一味キター!安心のダメっぷりで安心しますわあwでも将来トランクスのガールフレンドになるんだよな、マイ。

どうでもいいけど ピラフさま、お城とっくになくなったのにまだ大王って名乗ってるんだよなあw

今回の作画ちょっと濃いですね、線がやたら太い。いや、良いんですけどね作画自体は、単純にどんな意図なんだろうなって考えてます。

 

続きは、第4話「目指せドラゴンボール! ピラフ一味の大作戦!」後半(Bパート)へ

 

前回:第3話「夢の続きはどこだ!? 超サイヤ人ゴッドを探せ!」を確認したい方は第3話前半(Aパート)へ