2015年11月15日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第19話「絶望ふたたび!悪の帝王・フリーザの復活!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 フリーザ復活編』第19話後半(Bパート)スタート!

第19話「絶望ふたたび!悪の帝王・フリーザの復活!」後半(Bパート)のスタート

1950

ピラフ「せっかく集めた ドラゴンボールが…。」

マイ「やはり 嫌です!」

ピラフ・シュウ「ん?」

スポンサードリンク

 

マイ「これは 私たちのものでは ありませんか!」

1951

ピラフ「マイ! わがままはよせ!」

シュウ「そうだよ。 アイツら 絶対に ヤバいヤツらだぞ!」

ソルベ「何をしている。」

ソルベ「さっさと 始めろ。」

ピラフ一味「はい!」

1952

ピラフ「うぅ~… はぁ…。」

ピラフ「いでよ神龍! そして 願いを 叶えたまえ!」

1953

ソルベ「おぉ!」

タゴマ「はぁ…。」

ビーデル「空が 暗くなった…。」

孫悟飯「まさか これは…。」

ピッコロ「神龍か。」

1954

ソルベ「これが 神龍!」

神龍「さあ 願いを言え。 どんな願いでも 叶えてやろう。」

ピラフ「どうぞ… これでどうか 命だけは…。」

ソルベ「フン。 お前たちにはまだ 利用価値があるかもしれんからな。」

ピラフ一味「ええーっ!?」

タゴマ「ソルベさま さあ 早く!」

ソルベ「よ よし。」

ソルベ「では 言うぞ。」

1955

ソルベ「フリーザさまを 蘇らせるのだー!」

マイ「フリーザさま?」

ソルベ「どうした どんな願いも叶うんだろ?」

神龍「もちろん 可能だ。 だが その者の肉体は 随分昔に バラバラにされて 再生不可能だ。」

1956

青年トランクス(フリーザー!!)

1957

青年トランクス「たああー!!」

1958

神龍「そのまま魂が戻っても 意味が あるまい。」

ソルベ「そ そうなのか…。 それは まずいな…。」

タゴマ「バラバラでも 現在 軍で使用している 最新の再生装置なら 復活できるかも しれませんよ?」

ソルベ「そうか そうだな。 フリーザさまなら きっと。」

ソルベ「おい バラバラでも構わんから さっさと蘇らせろ!」

神龍「随分 偉そうだな。」

1959 1960

ソルベ「フリーザさまを 蘇らせて… ください…。」

神龍「しょうがない わかった。」

1961

ソルベ「おぉ…。」

神龍「では 残り2つの 願いを 言うがいい。」

ソルベ「2つの願い? まだ 敵うのか?」

神龍「そうだ。 地球の神が変わった時 私も リニューアルした。」

神龍「ただし この星の人々を全員 蘇らせるといった 大きな力を必要とする願いは 一度で 2つ分の願いを消費する。」

ピラフ「し 知らなかった…。」

ソルベ「残り 2つか。 パパフリーザさまも 復活してさしあげた方が いいかな?」

タゴマ「私に 聞かれましても…。」

シュウ「じゃあ 100万ゼニーが欲しい!」

マイ「世界一の アイスクリームが欲しい!」

1962 1963

シュウ・マイ「ひぃ~!」

1964

シュウ「あいた! んっ?」

シュウ「やったー!」

マイ「おー! ん?」

1965

マイ「ひゃあー! 冷え冷え冷えー!」

神龍「保冷剤は サービスだ。」

神龍「願いは 叶えてやった。 では さらばだ。」

1966

ソルベ「あっ ああ…。」

ソルベ「この ガキども! お前たちには これからも ドラゴンボールを探させようかと 思っていたが…。」

タゴマ「ソルベさま。」

ソルベ「んっ?」

タゴマ「急ぎましょう。 サイヤ人たちがやってくるかもしれません。」

ソルベ「う~ん…。 んっ?」

1967 1968 1969

ソルベ「やはり さすが フリーザさまだ。 この生命力と 今の技術なら 絶対に 再生できる。」

ピラフ「ん?」

1970

ピラフ一味「ヒィー!」

1971

ソルベ「じゃあ 戻るぞ。」

タゴマ「はっ。」

ピラフ「あの~…。」

ソルベ「ん? なんだ!」

ピラフ「お忘れものです。」

1972

ソルベ「いぃーっ!」

1973

カエル「ゲコッ? ゲコゲコッ?」

ソルベ「ふん。 ご苦労だったな。 では 近いうちに また来てやるよ。」

ソルベ「今度は フリーザさまや 兵士たちと 共にな。」

1974

マイ「ピラフさま フリーザというのは 一体 なんなんでしょう。」

ピラフ「知るか! 何にしても 素敵なことでは なさそうだ。」

ピラフ「そうだ! われわれは 宇宙船を作って どこかの星に 逃げるぞ!」

シュウ「えっ… 作れますかね 宇宙船なんて。」

ピラフ「お前が手に入れた 100万ゼニーで なんとかするんだ。 ナイスだったぞ シュウ!」

マイ「あんた! どうせなら 1億とか もっと大金にすればよかったのに!」

シュウ「お前だって なんでアイスクリームなんだよ! 溶けたらお終いじゃないか!」

マイ「わ 私はこれまで ずーっと我慢を してきたんだ!」

ピラフ「お前たち! わしなんか… わしなんか…。」

ピラフ「願いを 言えなかったんだぞ…。」

1975

マイ・シュウ「あっ…。」

シュウ「ピラフさま。」

ピラフ「ん?」

シュウ「とりあえず これだけあったら 当分 ご馳走が食べられますから。」

マイ「ほら! 世界一のアイスも ありますし。」

ピラフ「それもそうだな!」

ピラフ「ではまず 優雅にアイスをいただいてから 腹ごしらえに行こうではないか!」

マイ・シュウ「はい!」

1976

ピラフ一味「アイスの後は なに食べよう!」

ピラフ「そりゃ もちろん もんじゃ焼きだよ。」
孫悟飯「消えた。 何だったのかな…。」

ピッコロ「嫌な予感がする。」

 

1977

タゴマ「ソルベさま。 何とか地球のサイヤ人に 見つからずに すみましたね。」

ソルベ「言ったはずだ 私の計算に 狂いはないとな。」

タゴマ「ですが やはり少し 心配です。」

ソルベ「何がだ。」

タゴマ「わが軍にとって フリーザさまの復活は 本当に必要なのかどうか…。」

ソルベ「まだ言うか。 今 必要なのだ。」

1978

ソルベ「フリーザさまや 中央幹部が 根こそぎやられたと 分かった途端に わが軍は 舐められ始め 反乱を起こした星も 一つや二つではない。」

ソルベ「おまけに 内部の統率も乱れる始末だ。」

タゴマ「私は昔 チラッと見た程度なのですが。」

1979

タゴマ「小さくて とてもすごいとは 思いませんでした。」

ソルベ「フン。 たまにお会いする程度だったが その恐ろしさは ピリピリ伝わってきたよ。」

タゴマ「そうですか? もし 期待外れだったら 名前だけの うっとうしい 独裁者に 過ぎませんよ?」

ソルベ「んっ?」

シサミ「何を情けない事を。 タゴマ! そんなひ弱な考えで 復活したフリーザさまの幹部が 勤まるのか!」

タゴマ「シサミ…。」

ソルベ「フリーザさまが復活なされば お前達にも分かる。 さあ 蘇れ~!」

1980

一同「おお…。」

1981

ソルベ「おお…!」

1982

一同「ああ…。」

1983

孫悟空「んっ?」

1984

ベジータ「どうした カカロット?」

孫悟空「ん? いやあ なんかわかんねえけんど すげえ嫌な感じがしてよ。」

ベジータ「サボるんじゃないぞ。」

1985

孫悟空「ん~…。 気のせい なんかなぁ…。」

1986

一同「ああ…。」

フリーザ「ふぅ…。」

1987

フリーザ「なんとも 不思議な気分です。 まさか この私が 復活するとはねえ。」

1988

ナレーション(悪の帝王 フリーザが まさかの復活を遂げた かつて 激闘を繰り広げた 悟空たちへの復讐が 今 始まろうとしている)

フリーザ「フフフフ…。」

 

第19話「絶望ふたたび!悪の帝王・フリーザの復活!」後半(Bパート)の感想

戦闘力53万のお方が復活したー!

とりあえず、ここまでは映画と同じ展開かな?途中で出てきた蛙って絶対ギニューさんだと思うんだけどこれも出てきたっけ?

とりあえず、映画よりは展開変えてやってほしいな。まったく同じなら映画の方が絶対クオリティ高いんだから、そっちを見れば良いって話になってしまいますしね。

 

前回:第18話「オラも来たぞ!ビルス星で修行開始だ!」を確認したい方は第18話前半Aパート)へ

 

第19話「絶望ふたたび!悪の帝王・フリーザの復活!」の視聴率:6.6%

 

次回、第20話「ジャコからの警告!迫り来るフリーザと1000人の兵士達」の前半(Aパート)に続く