2015年10月18日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第15話「勇者サタンよ奇跡を起こせ! 宇宙からの挑戦状!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 破壊神ビルス編』第15話後半(Bパート)スタート!

第15話「勇者サタンよ奇跡を起こせ! 宇宙からの挑戦状!」後半(Bパート)のスタート

観衆「宇宙人!?」

観衆「仇を撃ちに来たのか!?」

ミスターサタン「かたき?」

スポンサードリンク

1537

一同「ああ…。」

秘書「大使 到着したみたいです。」

ミスターサタン「なっ!?」

1538

一同「ひぃ!」

1539

ミスターサタン「お おい こら!」

秘書「どうぞ。」

大使「うむ。」

一同「ひぃ!」

大使「ん?」

一同「ひぃい!」

大使「ん…。」

秘書「ありゃま。」

大使「はぁ…。 どこへ行っても これだ。 私の顔って そんなに怖いかな…。」

1540

秘書「みなさん! 怖がることはありません。 この方は スナク星の大使閣下。 この星に 破壊神ビルスさまを 撃退した勇者がいると聞き ご挨拶に伺ったのです。」

観衆「挨拶?」

ミスターサタン「仇と撃ちに来たんじゃあ…。」

大使「その証拠に スナク星 最高の敬意を払う ご挨拶を お見せします。」

大使・秘書「ス~ス~ス~ ナ~ナ~ナ~ ク~ン!」

1541 1542

一同「だーっ!」

1543

秘書「どなたか ご存じありませんか? 破壊神を 撃退した英雄を。」

ミスターサタン「破壊神を撃退したのは 私だが。」

大使「貴方が?」

秘書「大使!」

大使「いやあ お目にかかれて光栄です。 破壊神から 地球を守ったと 宇宙でも大評判ですよ。」

ミスターサタン「ハッハッハ! このサタンにかかれば 破壊神など 敵ではありませんよ。」

大使「つきましては 貴方様の功績を称え この 勇者のメダルを お送りしたい。」

1544

司会者「御覧ください! 我らが英雄 ミスター・サタンを。 今や 宇宙のヒーローとなったのです!」

「待たれよ!」

1545

ミスターサタン「ええーっ!?」

1546

大使「これ ガルビ。」

ガルビ「勇者と拳を交えずに 新たな勇者を認めることは出来ぬ。 その者が 真の勇者であれば 我に力を示すのは 簡単なこと。」

大使「ふむ…。 一つ お願いがあるのですが 我がスナク星の勇者 ガルビとお手合わせいただきたいのです。」

ミスターサタン「ええっ!?」

ミスターサタン(冗談じゃない こんなやつと 戦えるわけないだろう!)

大使「お手合わせいただけますか?」

ミスターサタン「あっ… でも まだ破壊神と戦った疲れが残ってて…」

司会者「おおっと! 神の力を得たミスター・サタンに スナク星の勇者が挑戦だー!」

1547

ミスターサタン「こ こら! バカ 止めろ!」

観衆「サーターン! サーターン! サーターン…」

ミスターサタン(どうすれば いいんだ… ここで引いては 私の名誉が… そうだ!)

ミスターサタン「急にお腹が~! トイレ~!」

1548

ミスターサタン「出てくれ~… 悟飯君 悟飯く~ん…。」

1549

孫悟飯「あわわわ! お水! お水! お水!」

ミスターサタン「おかしいなあ…。 だったら ベジータさんに! なんで誰も出ないんだ!」

1550

司会者「ミスター・サタン? 大丈夫ですか?」

ミスターサタン「だ… 大丈夫だ! すぐ戻る!」

1551

ミスターサタン(まずい… 一体 どうすれば… うん?)

1552

ミスターサタン「これは…?」

秘書「闘技場は ご用意させていただきました。 存分に戦ってください。」

1553

秘書「我らが勇者ガルビ。 完全アウエイの中 どこまで 戦えるのでしょうか。」

ミスターサタン(まずいぞ… まずいぞ…)

ガルビ(さすがは 地球最強の武道家。 まったく気を 感じさせない。 しかも一見 隙だらけ。)

ガルビ「お相手願う!」

司会者「試合開始かー!?」

1554

司会者「まだ 準備が整ってないようです。」

ミスターサタン(もしかするとこの中に 悟空さんかベジータさん じゃなきゃクリリン君か あの緑の人 この際悟天君かトランクス君でも…)

ガルビ「いざ! 勝負!」

ミスターサタン「よっ よっ フッ。」

1555

司会者「まだ 準備が整ってないようです…。」

孫悟空「ん?」

1556

孫悟空「何やってんだ ミスター・サタン。」

ミスターサタン「よっ よっ ふっ ふっ。」

ミスターサタン(駄目だ…)

孫悟空「頑張れー! ミスター・サタン!」

ミスターサタン「ん?」

孫悟空「よお!」

ミスターサタン(悟空さん! おお これぞまさに神の助け!)

司会者「どうしたんでしょうか?」

観衆「誰だ あいつ。 サタンの弟子か?」

1557

ミスターサタン「いやー 丁度いいところに来てくれましたよ。」

孫悟空「こいつが壊れちまってなあ。 ブルマん家行ったんだけど 誰もいなくてさ で アンタが見えたからさ これ 直っかな?」

ミスターサタン「またですか…。」

孫悟空「アンタ 手先が器用だろ? 頼むよ。」

1558

ミスターサタン「それより悟空さん。 私の代わりに ちょっとやっていきませんか?」

孫悟空「えっ オラが?」

ミスターサタン「どうです 強そうでしょう?」

孫悟空「ああ… ん~…。 いや でもこれは ミスター・サタン アンタの試合だかんな。」

ミスターサタン「いいんですよ 遠慮しなくても。 私なら いつでもできますから。」

孫悟空「そんじゃあ ちょっとやらしてもらおっかなあ。 実は修行にいかしてもらえなくって 体がウズウズしてたんだ。」

ミスターサタン「良かった…。 ガルビとやら! まずはこの者が相手だ! 私と戦う資格が あるかどうか 見せてもらおう!」

ガルビ「何? あのような素人と 戦えだと?」

大使「これは 意外な展開だ。」

秘書「そうですね どう見ても 田舎のおじさんにしか 見えませんね。」

ガルビ「何たる屈辱。 まさかこの様な扱いを 受けるとは!」

1559

ミスターサタン(今に見てろよ おったまげるぞ~。)

孫悟空「じゃあ 始めっか! どっからでもかかってきな!」

チチ「こんだけ買っておけば 悟飯たちも 当分食い物には困らねえべ。」

1560

ピッコロ「くっ… なんでこの俺が…。」

1561

チチ「ただ飯食ってる分 たまには付き合うべ。 ビーデルには 栄養付けて 元気な赤ん坊を生んでもらわねえとなあ。」

ピッコロ「んっ? 孫!」

1562

チチ「んっ?」

司会者「ミスター・サタンの代理人 中々の自信だ~!」

チチ「悟空さ! そんなトコで何やってるだー!」

1563

孫悟空「えーっ!? チチ! やべー! ミスター・サタン! 空飛ぶのバレっと ヤベえから ちょっと オラを殴ってくれ。」

1564

ミスターサタン「ええ?」

孫悟空「早く! 早くほら!」

ミスターサタン「ああ はい…。 サターン パーンチ。」

1565

孫悟空「う~わ~! 」

1566

孫悟空「うわ~!」

1567

チチ「悟空さ!」

ピッコロ「逃げたな。」

ミスターサタン「ええっ! 悟空さん…。」

ガルビ「おおっ 素晴らしき技。」

ミスターサタン「ええ?」

1568

ガルビ「いざ! 尋常に 勝負!」

ミスターサタン「ひぃ~!」

1569

司会者「おおっと! いきなり試合 開始です! ミスター・サタンが ガルビの攻撃を ギリギリでかわしている!」

大使「さすが ミスター・サタン。」

司会者「相手との間合いを 計っているのか?」

ミスターサタン(あんなパンチ 食らえるかよ~)

1570

司会者「神の力を温存するサタン これは 何かの作戦かー!」

観衆「何で 攻撃しないんだ?」

観衆「もしかして 怖がってるのか?」

ミスターサタン(ますい…)

観衆「本当に 破壊神を 倒したのか?」

ミスターサタン(このままでは 私の名誉が… やるしかない… 逃げるなサタン… お前なら 出来る! あの時だって 止められたじゃないか… ビーデルを 守ったじゃないか!)

1571

ミスターサタン「神の力を 見せてやる! うおーっ!」

1572 1573

司会者「神になったのでしょうか!?」

ガルビ「うおーっ!」

ミスターサタン「そう! 私は 神なのだ!」

ガルビ「うおーっ!」

ミスターサタン「ぐっ!」

1574

ミスターサタン「んっ?」

1575

ミスターサタン(何? チャンス)

1576

ミスターサタン「いやー!」

1577 1578

ガルビ「ギャー!」

1579

大使「お… おい!」

秘書「ご安心を あの種族ほど進化しておりません。」

「バウ?」

秘書・大使「ギャー!」

1580

秘書「大使! 別れのご挨拶を!」

1581

大使・秘書「ス~ ス~ ス~ ナ~ ナ~ ナ~」

1582

大使・秘書「ク~ン。」

1583 1584

ミスターサタン「えぇ…。」

ガルビ「怖いよ~ 犬~…。」

秘書「あの種族を 克服するには 後 数万年かかりそうです。」

大使「う~ん…。」

司会者「なんと ミスター・サタンの一撃で 恐れをなしたか ガルビは退散…。」

ミスターサタン「か… 勝ったのか…?」

「ワオ~ン。」

ミスターサタン「ん?」

1585 1586

ミスターサタン「見たか! これが神の力を手に入れた サタンの力だー!」

司会者「ミスター・サタン。 完全勝利です!」

1587

ミスターサタン(良かった~…)

孫悟天「お父さん 遅いねえ。」

1588

チチ「お仕事頑張ってるべ… 帰ってきたら ゆっくり休ませてやるべ!」

孫悟空「あ~… めえったなあ 今日は 帰れそうにねえぞ…。 腹減ったなあ…。」

1589

 

第15話「勇者サタンよ奇跡を起こせ! 宇宙からの挑戦状!」後半(Bパート)の感想

いや~、笑った笑ったwサタン強運過ぎw

絶対にサタンの名誉が失われる事はないと思ってたけど、そろそろ嘘つきまくってるツケが来てほしいなと思ってて途中、ざまぁって思いながら見てたらそこで犬が来たかー。

一つ気になるのがあるんですが、チチの1億ゼニーの使い道ってなんだったんだろう…。

日本円とは価値が違うとは思うんだけど、悟天の教育費に、悟飯家の食費などなど…なんかで使い切るのは無理だよね?

 

前回:第14話「これがオラのありったけの力だ! 決着!神と神」を確認したい方は第14話前半Aパート)へ

 

第15話「勇者サタンよ奇跡を起こせ! 宇宙からの挑戦状!」の視聴率:6.5%

 

次回、第16話「ベジータが弟子入り!? ウイスを攻略せよ!」の前半(Aパート)に続く