2015年10月11日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第14話「これがオラのありったけの力だ! 決着!神と神」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 破壊神ビルス編』第14話後半(Bパート)スタート!

第14話「これがオラのありったけの力だ! 決着!神と神」後半(Bパート)のスタート

孫悟空「なんだ… こりゃ?」

キビト界王神「2人の攻撃が融合した 高エネルギー体!?」

老界王神「くわばら くわばら…。 近づいただけで 消し飛んじまうぞい ありゃあ。」

スポンサードリンク

破壊神ビルス「フン。」

1462

1463

孫悟空「何!? くそっ!」

1464

孫悟空「ぐううぬぬぬぬ…!」

1465 1466

孫悟空「ぐぬぬぬぬ…! まだだー!」

1467

破壊神ビルス「おいおい さすがに限界なんじゃないの?」

孫悟空「黙れー! ぐわああ! 黙れー!」

孫悟空「だああああ…!」

1468

孫悟空「だー!!」

1469 1470 1471

破壊神ビルス「んっ…。」

1472

孫悟空「なあ ビルスさまよお。」

破壊神ビルス「なんだ?」

孫悟空「神様だからって 神様だからってよお 人の 限界を 勝手に… 決めてるんじゃあねえぞ…! ヘッヘッヘッヘ…。」

1473 1474

老界王神「人の 意地か…。」

1475

ベジータ「んっ?」

1476

ベジータ「邪魔だ! どけー!」

孫悟天「わわっ。」

トランクス「パパ!」

1477

孫悟空「あっ… あっ…。 サンキューな…。」

ベジータ「黙れ。 俺のパワーを奪っておきながら 無様にやられやがって。」

孫悟空「悪い…。」

ピッコロ「まだ気を抜くな! 戦えないやつは 後ろに下がっていろ!」

ミスターサタン「あ… ああ…。」

1478 1479

一同「くっ…。」

(着信音)

破壊神ビルス「えっ?」

ミスターサタン「すみません! すみません! すみません! えーい! 空気を読まんか!」

1480

ピーザ(え? でも記者会見は?)

ミスターサタン「こっちは記者会見とか そんな場合じゃないんだよ!」

ピーザ(なんだかよくわかりませんけどお 記者の方が待ちきれないって そっちに向かっちゃってますよー?)

ミスターサタン「はあ~?」

一同「ん? ん? ん?」

1481

リポーター「ご覧ください。 ミスターサタンの勇姿です! 一体何が起こったのか 直撃インタビューを!」

ミスターサタン「終わりだ… 世界の終わりだ!」

孫悟飯「ちっちゃい終わりですね お父さん。」

ミスターサタン「うぐぐ…。」

ウイス「お疲れ様でした。」

破壊神ビルス「うん。」

ウイス「それでは 帰りましょうか。 お城でお風呂に入って サッパリと… いうわけにも いかないですよね やっぱり。」

破壊神ビルス「ああ そういう約束だからね。」

ベジータ「くっ。」

破壊神ビルス「孫 悟空が勝ったら 地球は破壊しない。 でも 僕が勝った場合は…。」

ピッコロ・孫悟飯「くっ…。」

ベジータ「邪魔だ 俺一人でやる!」

ピッコロ「意地を張っている場合か 今は一人でも多くの力が必要なんだ!」

ベジータ「うるさい! くっ… くそぉ…。」

孫悟空「やめてくれ… ビルスさま。」

1482

孫悟空「地球を 破壊するんは やめてくれ…。 どうしても… 駄目か…?」

破壊神ビルス「ああ 駄目だね。」

一同「くっ…!」

1483 1484

一同「えっ?」

1485

(破壊神ビルスのいびき)

1486

孫悟空「ええっ?」

ベジータ「ああっ…。」

1487

ウイス「フン。 お疲れのご様子で。」

(破壊神ビルスのいびき)

ウイス「無理もありません。 普段寝たり 食べたり テレビアニメを見たりと 怠けているのに 準備運動なしでいきなり全力を出すなんて無理があるんです。」

孫悟空「ふっ ふふふ…。」

ウイス「やれやれ しばらくは 目を覚まさないでしょう。」

1488

ウイス「そして目を覚ました時には 地球を破壊することなんか 忘れてます。」

ブルマ「ホントに!?」

ウイス「保証は致しかねますが。」

ブルマ「ちょっと!」

破壊神ビルス「プリン…。」

ブルマ「えっ?」

1489

ウイス「プリンの事は 忘れないと 思います。 今度地球に来た時には 用意していただけると 助かります。」

ブルマ「プールいっぱい 用意してあげるわよ。 ただし 食べてからまずいなんて言うのは 許さないからね。」

ウイス「まずかったら 今度こそ 地球を破壊なさってしまうかも。」

ブルマ「シッシッ さっさと帰って。」

ウイス「オホホ。 悟空さん。」

孫悟空「なんだ?」

ウイス「ビルスさまと遊んでくださって ありがとうございました。 お礼はいつか。」

孫悟空「ああ。」

ウイス「では ごきげんよう。」

1490

ウイス「いつまで 寝たふりをなさってるんです? 鼻ちょうちんまで演出するなんて らしくないんじゃないですか?」

1491

破壊神ビルス「ふん。 ホントに寝てたんだ。」

ウイス「はいはい。」

破壊神ビルス「地球というのは 妙な星だなあ。 あの凶悪なサイヤ人たちを変えてしまう 不思議な力があるようだ。」

ウイス「ビルスさまも 変えてしまいましたしねえ。」

破壊神ビルス「うっ… 何か言ったか?」

ウイス「おっと 失礼しました。」

破壊神ビルス「フン。」

ウイス「悟空さんを認めて 100%のパワーを出したなんていうのは 彼の全力を引き出すための方便 嘘ですものね。」

破壊神ビルス「わかってるじゃないか。 フフン。」

界王「ふえぇ 悟空め。 まったくなんてヤツだ。 とうとう破壊神まで 仲間にしおったぞ。 本当に 不思議なヤツじゃ。 孤独や戦いを愛するくせに 仲間がどんどん 増えていく。」

1492

孫悟空「ガツガツ…。」

1493

ブルマ「あ~あ 最悪の誕生日ね。 いっそなかったことにして 今年は歳をとらなかったって事に しようかしら。」

孫悟飯「お疲れ様でした 父さん。」

1494

孫悟空「おう。」

孫悟飯「えっと…。」

孫悟空「えっ? んっ?」

1495

孫悟飯「オホン。 父さん 報告が遅くなって すいません。 僕 父親になります。」

1496

孫悟飯「えっと…。」

孫悟空「悟飯! 飯 いっぺえ食わねえとな。 ハハッ。」

1497

孫悟飯「は… はい!」

1498

孫悟天「お父さん。」

孫悟空「なんだ?」

孫悟天「神様になった気分 どう?」

孫悟空「神様になったわけじゃねえぞ。 う~ん 駄目だなあ 自分だけで強くなったんじゃねえからなあ。 それに勝てなかったしよ。」

孫悟天「でも ビルスさま 宇宙最強なんでしょ? 凄いよ 2番目だって。」

孫悟空「ヘッヘヘヘ。」

1499

ベジータ「フン!」

孫悟空「んっ? 今度は お前の番だな。」

ベジータ「なんの話だ。」

孫悟空「約束しただろう。 超サイヤ人ゴッドのパワーを 次はお前に…」

ベジータ「2番目にしかなれないパワーなど いらん!」

14100

ベジータ「俺は 自分の力だけで 強くなってみせる。 超サイヤ人ゴッドも ビルスも お前も超える!」

14101

孫悟空「やっぱ お前はすげえなあ。」

14102

ベジータ「負け犬に褒められて 喜ぶとでも?」

孫悟空「そういや お前。 『俺のブルマー!』って怒って すんげえ超サイヤ人になってたな。」

ベジータ「なっ!? そんな事は言ってない!」

ピッコロ「ふっ。 やはりそうか。 孫 お前は瞬間移動が出来るはずだ。 とっくに来て 様子みてやがったな?」

14103

一同「えーっ!?」

14104

孫悟空「悪い 悪い ビルスさまの動きを観察して 作戦練ってたんだよ。 まあ なんも浮かばなかったけんどな。 ハッハッハ…!」

ピラフ一味「エッサホイサ エッサホイサ…。」

14105

マイ「いい風ですねえ。」

シュウ「ごちそうも おいしかったし いや~ なんだかとっても 得した気分。」

ピラフ「じゃかましか~!」

マイ・シュウ「ひえ~!」

ピラフ「このままでは 終わらんぞ! ドラゴンボール! 待ってろよ~!」

14106

 

第14話「これがオラのありったけの力だ! 決着!神と神」後半(Bパート)の感想

ビルス編終わりましたね~、長かった~。

最期だけど、そんな作画バランスよろしくなかったのは残念。でもやっぱ高エネルギー体を破壊する所は力入ってましたね。悟空の表情が非常に良かった。

その後の王子が悟空を受け止めるシーンは中々貴重な場面ですね、お姫様抱っこでとかねw

後は、悟飯が悟空に父親になる報告した時の
孫悟空「悟飯! 飯 いっぺえ食わねえとな。」
ここ好き。悟空も親父らしい事言えるんだな!

 

前回:第13話「悟空よ、超サイヤ人ゴッドを超えてゆけ!」を確認したい方は第13話前半Aパート)へ

 

 第14話「これがオラのありったけの力だ! 決着!神と神」の視聴率:5.5%

 

次回、第15話「勇者サタンよ奇跡を起こせ! 宇宙からの挑戦状!」の前半(Aパート)に続く