2017年10月15日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第111話「異次元の極致バトル! ヒットVSジレン!!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第111話前半(Aパート)スタートする前に前回の あらすじ からどうぞ!!

前回:第110話「これぞ全宇宙一の究極バトル! 孫悟空VSジレン!!」前半(Aパート)のあらすじ

ナレーション(各宇宙の生存を懸けた 力の大会)

ナレーション(残る宇宙は 6つ)

ナレーション(悟空は 第11宇宙のジレンに挑むが)

スポンサードリンク

ナレーション(圧倒的なジレンの力を前に ついに 倒れてしまった)

ナレーション(第7宇宙の誰もの心が 絶望にとらわれたとき)

ナレーション(悟空は 新たな力に目覚めた)

ウイス「もしかしたら!」

ウイス「悟空さんに と~っても素晴らしいことが」

ウイス「起こってるかもしれませんよ!」

破壊神ビルス「身勝手の極意…。」

ナレーション(しかし 新たな力に 耐えられなかった悟空は)

ナレーション(ジレンに敗れてしまう)

フリーザ「思い出しますねぇ…。」

フリーザ「ナメック星でのこと。」

11101

 

第111話「異次元の極致バトル! ヒットVSジレン!!」前半(Aパート)のスタート

11102

フリーザ「逃げる力も 残っていませんか。」

フリーザ「実に好都合です。」

11103

孫悟空「おめえ…。」

11104

フリーザ「幸い ここは死角。」

フリーザ「誰にも見えませんからねぇ。」

フリーザ「ならば」

フリーザ「やることは 一つですよ。」

11105

孫悟空「ぐわあああー!」

11106

孫悟空「うっ!?」

11107

孫悟空「力が…。」

フリーザ「フフフ。」

フリーザ「私の気を 少し 分けてあげたんですよ。」

フリーザ「あなたなら その体でも じゅうぶん 動けるでしょう?」

11108

フリーザ「これで 貸し借りなしですよ。」

フリーザ「あなたには まだまだ働いてもらいますよ。」

フリーザ「特に あのジレンという 化け物の相手をするのは」

フリーザ「フッ… 私は ごめんですからねぇ。」

フリーザ「まあ せいぜい 頑張ってくださいね。」

フリーザ「あっ そうそう。」

フリーザ「さっき 上で 神々が言っていた言葉」

フリーザ「聞こえていましたか?」

孫悟空「いいや…。」

11109

フリーザ「あなたが 先ほど見せた強さ。 あれは 神々の領域では」

フリーザ「身勝手の極意 …というそうですよ。」

11110

孫悟空「身勝手の極意か…。」

(肩を入れる音)

孫悟空「あれが もう一度できたら ジレンに勝てるんか?」

11111

 

ヒット「くっ… うう!」

11112

ジレン「むおお~!」

11113

ジレン「はあっ!」

ヒット「ぐあっ!」

11114 11115 11116

ジレン「おおおおー!」

11117 11118 11119

ジレン「時とばしか。」

 

全王たち「おお~!」

全王「あの人 とっても強いのね。」

全王「気に入っちゃったのね。」

全王「ジレンっていうのね。」

全王「あっちは ヒットっていうんだよ。」

 

ヒット「これが 孫 悟空が受けた ジレンの攻撃か。」

ヒット「体感した。」

ヒット「確かに重い。」

11120

ジレン「貴様…。」

ジレン「本気で 俺を倒すつもりか?」

11121

ヒット「それが 俺の仕事だ。」

11122

トッポ「むう… やつめ。」

トッポ「ジレン相手に ここまでやるとは。」

11123 11124 11125 11126

ヒット「ぬっ!?」

クリリン「今の何だ!?」

ウイス「ヒットさんは」

ウイス「とばした時間を蓄積することで つくり出した 別の空間に潜み」

ウイス「現実の世界には 自分の幻影を 置くことができるのです。」

11127

シャンパ「別空間に潜んでの攻撃も 察知されて通用しないなんて!」

ヴァドス「恐るべき強さですね。」

11128

ヒット「ぐっ!」

11129

ジレン「ぬうううー!」

ジレン「はあっ!」

ヒット「ぐお… ぐはっ!」

11130

ヒット「ぐはっ…。」

11131 11132 11133 11134 11135 11136

ヒット「時とばしには 完全に対応してくるな…。」

11137 11138 11139

ジレン「おおおお~!」

ヒット「ぐあーっ!」

11140

ヴァドス「ヒットさんの攻撃は ジレンに一撃も決まってませんね。」

シャンパ「くぅ~!」

フワ「困った… 本当に困った。」

ベルモッド「フン。」

ヴァドス「ジレンに」

ヴァドス「動きを見切られていますね。」

シャンパ「じゃあ 何で あいつは 何度も時とばしを使ってんだ!?」

フワ「ああ… 困った… 困った…。」

11141

界王神「確かに…。」

界王神「ひっとともあろう者が 効かない時とばしを なぜ 何度も。」

11142

ジレン「何度 同じ事を繰り返す? 無駄なことは やめろ。」

ヒット「これは 俺の仕事だ。 最後まで付き合ってもらうぞ。」

孫悟空「ジレンのやつ 全然 隙がねえぞ。」

孫悟空「だけんど ヒットにも 何か 考えがあるみてえだな…。」

11143 11144

サオネル・ピリナ「はーっ!」

11145 11146

サオネル「何っ!?」

孫悟飯「あなたたちの相手は…」

ピッコロ「俺たちがしてやる!」

11147

サオネル・ピリナ「おお…。」

サオネル「お前は…。」

ピリナ「ナメック星人か。」

11148

ピッコロ「フッ…。」

11149

サオネル・ピリナ「むおおー!」

11150

ピッコロ・孫悟飯「はああー!」

11151

 

11152

リブリアン「ぐうう…!」

11153

ベジータ「でやああ…!」

ベジータ「たーっ!」

11154

リブリアン「キャー!」

11155

リブリアン「はあああー!」

11156

ベジータ「そんな くだらん攻撃は 俺には効かん!」

リブリアン「うわあ~!」

11157

ベジータ「だだだだだだ!」

11158

リブリアン「ぬうう…!」

ベジータ「てぇ… やっ!」

11159

リブリアン「うわあ~!」

ベジータ「うおおおー!」

ロージィ「チョ~ アチャ!」

11160

ヘレス「おお ロージィ!」

11161

ロージィ「リブリアンは 私が守る!」

11162

ベジータ「貴様ぁ!」

ベジータ「たーっ!」

11163

ベジータ「だだだだー!」

11164

ベジータ「チッ… 逃げやがったな。」

ベジータ「どこへ行きやがった!」

11165

ロージィ「大丈夫? リブリアン。」

リブリアン「ロージィ 私たち 勝てるかしら?」

ロージィ「えっ?」

リブリアン「第2宇宙… 他の宇宙より どんどん減ってきてるし」

リブリアン「このままじゃ…。」

11166

ロージィ「バカ!」

リブリアン「あっ!」

11167

リブリアン「ロージィ…。」

ロージィ「あなたの愛は こんなものなの!?」

ロージィ「思い出して!」

ロージィ「愛は もっと… 強く! 大きい!」

11168

リブリアン「あ… 愛の… 力…。」

11169

リブリアン「ううう~!」

リブリアン「ロージィの言うとおりだわ。」

リブリアン「私が愛を信じなくて 誰が信じるの!?」

11170

リブリアン「ありがとう! ロージィ!」

11171

 

ジレン「おおおおー!」

11172

ヒット「ぐぬう…。」

11173

ヒット「ぐあーっ!」

11174

カリフラ「ジレンのやつ ヒットを あそこまで追い込むなんて…。」

カリフラ「いよいよ ヤバいな。」

カリフラ「ここは あたしたちも一緒に…。」

キャベ「待ってください。」

キャベ「ヒットさんには 作戦があるようです。」

カリフラ「どういうことだ?」

11175

キャベ「ヒットさんは」

キャベ「ジレンの攻撃を食らったときに きちんと防御しているので」

キャベ「ダメージは 最小限なはずです。」

キャベ「きっと 反撃のきっかけを 狙ってるんですよ。」

ヒット「やつが反応するタイミングは 身体で覚えた…。」

ヒット「仕事の仕上げといくか…。」

11176

ヒット「はあーっ!」

11177 11178 11179 11180 11181

ジレン「くはっ…。」

ヒット「この一撃が必要だった。」

11182

ヒット「この一撃が お前を時間の牢獄へ縛り付ける。」

ヒット「はあっ!」

11183

ジレン「ぬおっ!?」

トッポ「ジレン!」

シャンパ「ナイス ヒット!」

フワ「ふわ~!」

11184

ジレン「このような攻撃 どうということは…。」

ジレン「むっ!?」

11185 11186

 

 

第111話「異次元の極致バトル! ヒットVSジレン!!」前半(Aパート)の感想

これも大勝負の一つ、ヒットVSジレン!

しかし、単純な戦闘力の差はやはりジレンの方が上のように見える。

だけどジレンに対し、端っから対応しきられている時とばしを利用し続けるには、それなりの理由があるのだろうと思っていたらジレンに対し、ただの一撃を当てることだけが時とばしを使い続けた目的だったんだね。

そしてその一撃で、ジレンに時とばしを当ててジレンの動きを止めることだったんだね。

駄目だヒットさん、それは次のパートで速攻破られるヤツや!

もしかしてヒットさん、今週で…

 

続きは第111話「異次元の極致バトル! ヒットVSジレン!!」後半(Bパート)へ

 

前回:第110話「これぞ全宇宙一の究極バトル! 孫悟空VSジレン!!」を確認したい方は第110話前半(Aパート)へ