2017年9月24日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第108話「フリーザとフロスト! 交わる悪意!?」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第108話後半(Bパート)スタート!

第108話「フリーザとフロスト! 交わる悪意!?」後半(Bパート)のスタート

10843

孫悟飯「ん!? あっ…。」

孫悟飯「うわー!」

スポンサードリンク

10844

孫悟飯「でやー!」

10845

ジーミズ「はー!」

10846

孫悟飯「くっ…!」

クリリン「悟飯!」

10847

孫悟飯「あっ!?」

10848

ジーミズ「終わりだな。」

ジーミズ「引導を渡してやろう。」

10849

孫悟飯「くっ…。」

ジーミズ「ぬん!」

10850

フリーザ「ホーッホッホッホ。」

フリーザ「失礼。 手が滑ってしまいました。」

10851

孫悟飯「フリーザ!」

ジーミズ「手は 出さないのではなかったのか?」

フリーザ「見ていましたら 気が変わりました。 フフフ…。」

ジーミズ「くっ… お前から先に たたき落としてやる!」

10852

フリーザ「はっ!」

ジーミズ「ぐあっ!」

10853

ジーミズ「ぐ… なぜだ!?」

フリーザ「瞬間移動ができることが 分かっていれば」

フリーザ「どうってことありませんよ。」

10854

ジーミズ「くっ…。」

10855

ジーミズ「あっ!?」

10856

フリーザ「ホホホ。」

フリーザ「どうってことないって 言ったでしょ!」

ジーミズ「ぐあー!」

10857

ジーミズ「くっ…。」

ジーミズ「ぬお…! ああ… ぐっ…。」

フリーザ「ホホホホ…。」

フリーザ「ホーッホホホホ!」

10858

ジーミズ「ぐっ!?」

フリーザ「ホホホホ… さよならです。」

10859

孫悟飯「フリーザ やめろー!」

10860 10861

ジーミズ「ぐはっ…。」

ペル・ヘレス「はっ!?」

ペル「殺した! 失格だー!」

フリーザ「殺した? 私が そんな へまをすると思いますか?」

ジミーズ「うっ!」

10862

フリーザ「ちゃんと急所は」

フリーザ「外してますよ。 もっとも」

フリーザ「武舞台から消えた後のことは 知りませんが… ね!」

10863

ジミーズ「ぐあー!」

大神官「第2宇宙 ジミーズさん 脱落です。」

ジミーズ「う… うう…。」

ジミーズ「ペルさま… す… すみません…。」

ペル「分かった。 ジミーズ もうしゃべるな。」

10864

ヘレス「あっ…。」

ヘレス「醜い…。」

ヘレス「宇宙に こんな醜い戦いをする者が 存在するとは…。」

ヘレス「あっ。」

10865

フリーザ「ホホホホ。」

10866

孫悟飯「フリーザ!」

フリーザ「ん?」

フリーザ「おや 何ですか その顔は。」

フリーザ「あなたが さっさと 本気を出さないから」

フリーザ「こうなるんですよ。」

10867

孫悟飯「くっ…!」

フリーザ「フン。 さっさと 超サイヤ人になって」

フリーザ「反撃すればよいものを。」

フリーザ「相手の出方を見過ぎですよ。」

フリーザ「それが サイヤ人の 戦い方というのなら」

フリーザ「私には 理解不能ですが。」

「いや~ 素晴らしい!」

フリーザ「ん?」

10868

「さすがは 先輩。 見事な戦いです。」

孫悟飯「くっ。」

フロスト「フフフフ…。」

10869

亀仙人「フロスト!」

シャンパ「あいつ 何しに来やがった?」

ヴァドス「フリーザさんと 戦うつもりでは?」

シャンパ「えっ!?」

シャンパ「バカなまねは やめろー!」

シャンパ「お前が勝てる相手じゃなーい!」

10870

フロスト「ご安心ください シャンパさま。」

フロスト「私たちの敵は…。」

フロスト「このくたばりぞこないの サイヤ人です。」

10871

クリリン「私たち!? まさか フリーザと2人で」

クリリン「悟飯を倒す気か!」

一同「なっ!?」

フリーザ「フッ…。 バレては仕方ないですねぇ。」

フリーザ「本当は もう少し 隠しておきたかったのですが…。」

フリーザ「私とフロストさんは サイヤ人を憎む者同士」

フリーザ「手を組むことにしたんですよ。」

10872

 

フリーザ(どうです? この私と手を組みませんか?)

10873

フロスト(ええ… 喜んで)

10874

 

フロスト・フリーザ「フフフ…。」

亀仙人「そういうことじゃったのか…。」

亀仙人「ジミーズとの戦いで 悟飯を すぐに助けんかったのも」

亀仙人「悟飯の体力を消耗させ 確実に倒すため…。」

界王神「やっぱり フリーザの目的は」

界王神「最後に一人 勝ち残り」

界王神「超ドラゴンボールを 手に入れること。」

ウイス「そして 邪魔者を消すこと。」

破壊神ビルス「僕か!?」

10875

フリーザ「フロストさん あなたから どうぞ。」

フリーザ「好きなだけ 痛めつけてやってください。」

フロスト「いえ ここは先輩から。」

フリーザ「ホホホ… では お言葉に甘えて。」

10876

シャンパ「おいおい…。」

シャンパ「何だか知らねえけど 超ラッキーな展開じゃね?」

フロスト「本当に 私と手を組む気があるのか 確かめさせてもらいます。」

フロスト「もし 偽りの約束であれば…。」

10877

フリーザ「あなたも疑り深いですねぇ。」

フリーザ「どうぞ ご自由に。」

フリーザ「はっ!」

10878

孫悟飯「あっ!?」

10879

フリーザ「フッ…。」

10880

フリーザ「ホッホッホッホ!」

孫悟飯「だだだだ…!」

フリーザ「ホーッホッホッホッホ!」

10881

全王「同じ宇宙で戦っているね。」

全王「びっくり~!」

フリーザ「てぇや~!」

孫悟飯「ぐあー!」

10882

フリーザ「ホォ~!」

10883

孫悟飯「ぐあー!」

10884

全王たち「うわ~!」

シャンパ「いいぞ フリーザ!」

シャンパ「こてんぱんに やっちゃえ! ゴー ゴー フリーザ!」

シャンパ「最高だぜ~!」

破壊神ビルス「あいつ 調子に乗りやがって!」

孫悟飯「くっ…。」

フリーザ「もう降参ですか?」

10885

孫悟飯「あっ!?」

フリーザ「だとしても 逃がしませんよ!」

10886

孫悟飯「フン!」

孫悟飯「うおおおー!」

10887

孫悟飯「はあっ! だだだだだ…!」

10888

全王「今度は 息子が押してるね。」

全王「プッシュ プッシュ!」

孫悟飯「はあーっ!」

フリーザ「ぐあ!」

10889

フリーザ「くっ… うう。」

フリーザ「それが あなたの本当の力ですか?」

フリーザ「ホホホ。 でしたら 私も 本気を出させてもらいますよ。」

10890

フリーザ「はあああ…!」

10891

フロスト「何と…。」

10892

フリーザ「フッ。」

10893

クリリン「ゴールデンフリーザ!」

亀仙人「本気で 悟飯を殺しにきておる!」

孫悟飯「ぐあっ! くっ。」

フリーザ「ホッホ~!」

フリーザ「ホッホッホ。 ホホホホ…。」

孫悟飯「だだだだだ…!」

10894

フリーザ「ぐは!」

孫悟飯「ぐあ!」

フリーザ「おりゃおりゃおりゃ…!」

10895 10896

フリーザ「だだだだだ…!」

フリーザ「キエ~!」

10897

孫悟飯「ぐあっ…!」

10898

フリーザ「フッ…。」

10899

一同「あっ!」

クリリン「悟飯!」

シャンパ「やった やった~! フリーザが勝った~!」

シャンパ「フリーザが味方に付きゃ 第6宇宙の優勝は 間違いなしだ!」

フロスト「素晴らしい。」

108100

フリーザ「ん?」

フロスト「あなたに そんな力があったとは…。」

フリーザ「特訓すれば あなたも なれますよ。」

108101

フロスト「ホントですか?」

フリーザ「ゴールデンは無理でも…。」

フリーザ「ううう…!」

フリーザ「フン!」

108102

フリーザ「これぐらいなら できるはずですよ。」

フロスト「はい それなら。」

フロスト「ううう~…!」

108103

フロスト「フン!」

フリーザ「結構。 その姿で 効率のいい戦い方があります。」

フリーザ「知りたいですか?」

108104

フロスト「ええ ぜひ!」

フリーザ「戦闘では 序盤から 本領を発揮した方がいいですよ。」

フリーザ「その姿は 体力の消耗が激しいですからね。」

フロスト「なるほど。」

フリーザ「あと ご存じだと思いますが もう一つ 教えてさしあげます。」

フリーザ「それは…。」

フリーザ「誰も 信用しないことです。」

108105

フロスト「うわー!」

108106

 

フロスト「なっ!?」

108107

シャンパ「おい どういうことだ!?」

108108

大神官「第6宇宙 フロストさん 脱落です。」

孫悟飯「う… くっ…。」

108109

クリリン「立ち上がった!」

亀仙人「悟飯 大丈夫なのか!?」

破壊神ビルス「まさか あいつら…。」

破壊神ビルス「本気で戦うふりを していたのか?」

孫悟飯「最初の攻撃を受けたとき 感じたんです。」

孫悟飯「これは 本気じゃないって。」

孫悟飯「だったら 乗ってやろうと。」

孫悟飯「フリーザの作戦に。」

108110

フリーザ「まっ あなたが そんなことも分からない」

フリーザ「おバカさんなら 殺していましたけどね。」

フロスト「だましてたんですね!?」

フリーザ「ん?」

108111

フロスト「くっ… ぬう~!」

108112

フリーザ「私が あなたのような小者と 手を組むと思いますか?」

フロスト「何ぃ!?」

フリーザ「フン。」

フロスト「小者だとぉ!?」

フロスト「よくも…」

フロスト「よくも! この私を小者扱いしやがって!」

フロスト「おのれ~!」

108113

全王たち「駄目!」

108114

フロスト「わ~!」

108115

全王「外からは 駄目!」

全王「今度やったら 第6宇宙ごと 消しちゃうからね!」

108116

シャンパ「こっ…! 申し訳ございませんでしたー!」

108117

破壊神ビルス「これで フリーザが 味方だってことが分かったな。」

亀仙人「だといいがのう…。」

クリリン「もし 悟飯が気付いてなかったら」

クリリン「やっぱり 裏切ってたんじゃないかなって…。」

破壊神ビルス「なっ!?」

フリーザ「孫 悟飯さん。」

フリーザ「これからも優勝に向けて 力を合わせ」

フリーザ「頑張りましょうね。」

108118

ナレーション(意味深な笑みを浮かべて 去っていく フリーザ)

ナレーション(果たして 本当に信用できるのか…)

 

ナレーション(一方 悟空とリブリアンの戦いも 続いていた)

孫悟空「はーっ!」

108119

孫悟空「あっ!?」

リブリアン「ハァ…。」

リブリアン「フン! そんなの 全然 効かないもんね!」

108120

リブリアン「愛は 不滅! 必ず 勝利するんだから!」

リブリアン「ラブ!」

ナレーション(悟空の攻撃を ものともしない リブリアン)

ナレーション(悟空に勝機は あるのか!?)

ナレーション(力の大会 終了まで あと29分)

 

 

第108話「フリーザとフロスト! 交わる悪意!?」後半(Bパート)の感想

結局、フリーザの思惑は分からず終いでしたが、一応第7宇宙の選手として戦ってくれていると思っていいのかな?

ただ確かに、クリリンの言う通り裏切っていた可能性も否定できないわけで最後まで怪しさ満点で終わったなあ。

まあ、フロストの小者っぷりと惨めさをたっぷり拝めて気持ちよかったw

亀仙人のじっちゃんがあんな小者にしてやられたのは悔しいけど、さすがに戦闘力違い過ぎたか…。

それと悟飯はやっぱりダメージ受けてばっかりですねえ、この先生き残ってくれるのがすごい心配。

 

前回:第107話「復讐の「F」! しかけられた狡猾な罠!?」を確認したい方は第107話前半(Aパート)へ

 

第108話「フリーザとフロスト! 交わる悪意!?」の視聴率:5.3%

 

次回、第109話「 」の前半(Aパート)に続く