2017年8月27日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第105話「奮戦! 武天老師命を燃やす!!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第105話後半(Bパート)スタート!

第105話「奮戦! 武天老師命を燃やす!!」後半(Bパート)のスタート

全王「変身した!」

全王「おっきく なった!」

全王「パワーアップ!?」

スポンサードリンク

 

全王「レベルアップ!?」

ガノス「枯れ枝ジジイめ… ぶち砕く!」

10569

ガノス「ぐはっ!」

10570

亀仙人「真っすぐじゃな 動きを読むまでもない。」

ガノス「ぐうう… くそっ! 怒りに とらわれ過ぎた…。」

ガノス「鶏がらみたいなジジイだ。 1発 当てるだけでいい。」

10571

ガノス「でやああっ! たあっ! はーっ!」

ガノス「なぜ 当たらねえ!」

亀仙人(変身しても 戦い方は 変わっておらん)

亀仙人(右 下 上 左 左 上 下 右)

10572

ガノス「チッ!」

ガノス「断ちきれ!」

ガノス「グランアドラー!」

10573

亀仙人「ほい。」

10574

ガノス「スピードは 俺の方が上のはずなのに!」

10575

亀仙人「パワーも お主が上じゃ。」

10576

ガノス「ぐはっ!」

10577

亀仙人「じゃが 経験は わしが上。」

10578 10579

一同「ああっ!」

破壊神ビルス「いいぞ! じいさ~ん!」

ガノス「ぐっ… ううっ…。」

亀仙人「これで 3人目。」

10580

クル「老人一人に 3人も!」

ガノス「まだだ! ううっ… まだ 終わってなーい!」

10581

亀仙人「うん!?」

ガノス「ハァ ハァ ハァ…。」

ガノス「はーっ!」

ガノス「うおおおお!」

10582 10583

亀仙人「これは ちいと まずいかも。」

ガノス「はーっ!」

亀仙人「ぐはっ!」

10584

老界王神「おおっ!」

界王神「まともに食らった!」

クリリン「まずい!」

ガノス「だあーっ! だりゃああ!」

10585

クル「おお! 猛烈な逆襲だ!」

キテラ「キキキ…。 ガノスの若さを甘く見たな。」

クル「どういうことです?」

キテラ「つわものがひしめく この大会。」

キテラ「極限状態の中で ガノスは 1分1秒ごとに強くなっている。」

キテラ「成長ってやつさ。」

ガノス「はーっ!」

10586 10587

孫悟空「じっちゃん! 耐えろ! 今 行く! くっ…。」

10588

亀仙人「ううっ…。」

10589

亀仙人「師匠の心配しとる場合か。」

ガノス「どうだ? 老骨に響いただろう。」

亀仙人「うっ ううっ…。 うっ ぐううっ…。」

ガノス「スタミナ切れのようだな じいさん。」

亀仙人「ハァ ハァ ハァ…。」

亀仙人(こやつ 放っておけば)

亀仙人(どんどん強くなって 悟空たちの足をすくいかねん…)

亀仙人(ここで止めねば…!)

亀仙人「ねんねんころりよ」

亀仙人「おころりよ」

亀仙人「坊やは よい子だ」

10590

ガノス「ううっ!」

ガノス「うっ… 催眠… 術か…。」

10591

亀仙人「坊や」

ガノス「くそっ!」

ガノス「うわあああ!」

10592

界王神「自分を攻撃して!?」

老界王神「そこまでするか!?」

ガノス「ぐああっ…。」

ガノス「5分前の俺なら やられていたところだったぜ…。」

10593

亀仙人「何と!」

ガノス「だあっ!」

10594

クリリン「ああっ!」

破壊神ビルス「じいさんにしては 頑張ったな。 2人 片付けただけで 大金星だ。」

亀仙人「ぐはあっ…。」

ガノス「ぐっ…。 ハァ ハァ ハァ…。」

ガノス「昔は さぞ 立派な武道家だったんだろうな。」

ガノス「だが お前の時代は もう終わっているんだ!」

10595

亀仙人「ぐっ… ああっ…。」

10596

ガノス「まだ立ち上がるのか!? みっともないぜ ジジイ!」

ガノス「自分の限界を受け入れて おとなしく 隠居しとけ!」

亀仙人「限界なんぞ… くそ食らえじゃ!」

10597

孫悟空「じっちゃん! 無理すんな!」

クリリン「武天老師さま!」

亀仙人「悟空 クリリン。」

亀仙人「この老いぼれにだって まだ先があると」

亀仙人「限界を決めるのは まだ早いと教えてくれたのは」

亀仙人「お主らじゃ。」

105100

亀仙人「足を止めることなく」

亀仙人「さらなる上を 高みを目指し続ける お主らなんじゃ。」

10599

ガノス「やらせるか!」

亀仙人「ぐああああ!」

105100

ガノス「さっさと倒れろ ジジイ!」

105101

亀仙人「わが弟子たちよ!」

2人「ああっ!」

105102

亀仙人「よく動き よく学び よく遊び よく食べて よく休め!」

亀仙人「人生を面白おかしく 張り切って 過ごせ!」

105103

ガノス「なぜ 倒れねえ!?」

亀仙人「亀仙流は お主らと共にある!」

亀仙人「これが 最大 最強のかめはめ波じゃー!」

105104

ガノス「うっ!」

105105 105106

キテラ「ガノス! お前もか~!」

105107

破壊神ビルス「よくやった じいさん!」

クリリン「じいさんじゃなくて 武天老師さまです!」

105108

界王神「あっ!」

105109

クリリン「えっ?」

105110

クリリン「武天老師さま!」

界王神「駄目です! 武舞台へは戻れません!」

105111

クリリン「悟空~!!」

孫悟空「じっちゃん!」

マジ=カーヨ「お前の相手は 俺だ!」

孫悟空「くっ…。」

孫悟空「邪魔だあああ!」

105112

孫悟空「じっちゃん!」

105113

孫悟空「じっちゃん!」

孫悟空「じっちゃん! 戻ってこい!」

105114

クリリン「武天老師さま…。」

孫悟空「じっちゃん。 じっちゃん!」

105115

クリリン「頼む! 悟空!!」

105116

孫悟空「起きてくれ! じっちゃん!」

105117

孫悟空「じっちゃん…。」

亀仙人「がはっ!」

孫悟空・クリリン「あっ!」

105118

亀仙人「ゴホッ! ゴホッ!」

孫悟空「じっちゃん! 生き返ったか!」

亀仙人「ピチピチの天使たちは どこ行った…?」

孫悟空「じっちゃ~ん!」

105119

クリリン「武天老師さま…。」

105120

孫悟空「よかった…。」

亀仙人「ほれ まだ 戦いは終わっておらんぞ。」

亀仙人「立ち上がって 肩を貸さんかい。」

105121

孫悟空「ううっ…。 ヘヘヘ…。」

105122

クリリン「ハァ… よかった…。」

破壊神ビルス「おい。」

クリリン「はい?」

破壊神ビルス「あのじいさん 名前は 何といったっけ?」

105123

孫悟空「あの世に行っちまったかと 思ったぞ。 ヘヘッ。」

亀仙人「ホッホッホッ…。」

亀仙人「向こうには ピチピチのカワイイ天使ちゃんたちが」

亀仙人「いっぱい おったわい。」

孫悟空「じっちゃん それ 寝てただけじゃねえか?」

(悟空・亀仙人の笑い声)

105124

ナレーション(かくして 己の限界を超えた亀仙人)

ナレーション(試合終了まで あと34分)

 

 

第105話「奮戦! 武天老師命を燃やす!!」後半(Bパート)の感想

超神回!

亀仙人のじっちゃん無茶苦茶かっこよかったですねえ!退場しなくて良かった。

いくつになっても、限界を作らずに己の高みを目指していくその上で、人生を面白おかしく過ごせと説いてくれる。

ガノスも若い力におごらず成長を果たしていったけど、今回はじっちゃんの方が上手でしたね。

お気づきの方も多いだろう、かめはめ波を撃つ瞬間の亀仙流の教え、あれはドラゴンボール単行本の3巻で亀仙人のじっちゃんが最初に亀仙流とは何かを教える時に言った言葉と同じなんですよね。

まさかここで亀仙流の源泉を持ってくるこの脚本力よ…本当、すごい。

言葉自体も、小さい頃に読んでた時には何にも響いてなかった私ですが、今聞くと無茶苦茶響いてきますね、こんな名言 本気で忘れてたわ…。

本当、良い師匠だ。悟空とクリリンは本当に師に恵まれたのが改めてわかる。

私も、亀仙流と共にありたい。

後、ビルスさまがじっちゃんを認めた下りもジーンときた。師は強し。

 

前回:第104話「超絶光速バトル勃発! 悟空&ヒット共同戦線!!」を確認したい方は第104話前半(Aパート)へ

 

第105話「奮戦! 武天老師命を燃やす!!」の視聴率:4.6%

 

次回、第106話「見極めろ! 姿なきアタッカーとの死闘!!」の前半(Aパート)に続く