2017年8月27日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第105話「奮戦! 武天老師命を燃やす!!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第105話前半(Aパート)スタートする前に前回の あらすじ からどうぞ!!

前回:第104話「超絶光速バトル勃発! 悟空とヒットの共同戦線!!」前半(Aパート)のあらすじ

ナレーション(つわものたちが 火花を散らす 力の大会)

ナレーション(武舞台の上で 第11宇宙チームの 超絶技が 炸裂する!)

ディスポ「なっ!?」

スポンサードリンク

ヒット「孫 悟空 お前…。」

ナレーション(それを目にした悟空の心に 火が付いた!)

クンシー「なっ!?」

ヒット「俺の代わりに この痛みを連れていけ。」

クンシー「ぐあああーっ!」

ディスポ「クンシー!」

孫悟空「で どうする? 今から オラたちも戦うんか?」

ヒット「今は 見逃してやる。 手を借りた礼だ。」

孫悟空「最後まで残ったら オラと おめえで 今度こそ 決着つけようぜ。」

ヒット「フッ いいだろう。」

ナレーション(果たして 最後に残るのは どの宇宙なのだろうか?)

10501

第105話「奮戦! 武天老師命を燃やす!!」前半(Aパート)のスタート

全王「あと何人 残ってる~?」

全王「えっとね~。」

全王「ひい ふう みい よう いつ」

全王「むう なな やあ…。」

全王「うん? うーん…。」

全王「ひい ふう みい よう いつ むう…。」

全王「うーん… いっぱい!」

全王「いっぱい!」

10502

 

10503

マゲッタ「シュポー!」

10504

亀仙人「ふむ。」

ビアラ「ぬん! ぬん! ぬーん!」

10505

亀仙人「ふむ。 残り半分を切ったな。」

10506

亀仙人「そろそろ 出番じゃな。」

10507 10508

キャウェイ「隙あり!」

亀仙人「むっ!」

10509

キャウェイ「うん!?」

キャウェイ「逃げられた?」

10510

亀仙人「ホッホッホッ…。」

亀仙人「気を練り上げて 武器を形作るとは」

亀仙人「なかなか面白い戦い方を するようじゃな。」

10511

キャウェイ「あ~ら おじいちゃんのくせに」

キャウェイ「素早いじゃない。」

亀仙人「お嬢ちゃんや お主の力では わしには勝てんぞ。」

キャウェイ「はぁ!?」

亀仙人「女の子に 手を上げるのは 気が進まん。」

10512

キャウェイ「ふーん…。」

キャウェイ「ずいぶん強気だけど 私の実力を分かって 言ってるの?」

亀仙人「ずーっと見ておったからのう。」

亀仙人「試合が始まってから ずーっとな。」

10513

亀仙人「誰が どんな技を使い どれほどの強さなのか。」

10514

キャウェイ「ふ~ん。 だったら」

キャウェイ「私の もう一つの得意技も 知ってるかしら? ウフッ。」

10515

亀仙人「うん!?」

10516

キャウェイ「あぁ~ん! うぅ~ん!」

亀仙人「むっ!」

キャウェイ「うっふふ~ん!」

10517

破壊神ビルス「色仕掛けか…。」

クリリン「バカなやつだぜ。」

クリリン「武天老師さまは 煩悩を封印して この大会に臨んでるんだ。」

クリリン「そんなもん 効くわけが…。」

キャウェイ「うっふ~ん!」

10518

亀仙人「デヘッ!」

10519

クリリン「効いてるし~!」

老界王神「ええぞ~! もっと脱げ~! ほれ~!」

界王神「やめてください! ご先祖さま!」

10520

亀仙人「むふふふ むふふふ…。」

キャウェイ「いらっしゃ~い!」

10521

亀仙人「シュポー!」

10522

マゲッタ「シュポー?」

亀仙人「むひょひょ~!」

キャウェイ「フン。」

キャウェイ「このエロジジイが~!」

10523

亀仙人「どひい~っ!」

10524

亀仙人「うわあっ!」

キャウェイ「チッ。」

キャウェイ「はーっ!」

キャウェイ「ああっ!」

亀仙人「うひょひょっ。 危ない危ない。」

10525

キャウェイ「ちょっ…。 くっ! ううっ…。」

キャウェイ「ジジイのくせして 何てパワーなの!」

キャウェイ「んん~っ!」

キャウェイ「ああっ!」

キャウェイ「ううっ…。」

10526

(足音)

キャウェイ「ああっ…。」

亀仙人「はああああ…。」

10527

キャウェイ「ううっ…。」

亀仙人「これまで わしは 煩悩のままに生きてきた。」

亀仙人「そんなわしが 煩悩を封じた…。」

亀仙人「その意味が分かるか?」

10528

亀仙人「んん~っ…。 はっ!」

キャウェイ「いやああ~っ!」

10529

亀仙人「浪費されていた莫大な気は」

亀仙人「今 この肉体に 限界を超えて 満ち」

亀仙人「マグマのごとく たぎっておるのじゃあああ!」

10530

キャウェイ「ああっ…。」

亀仙人「そんなわしに 色仕掛けで迫ろうとは」

亀仙人「お主 どうなっても知らんぞ…!」

10531

キャウェイ「キャ~!!」

10532

キャウェイ「いやああ~っ!」

キャウェイ「お嫁に行けなくなる~!」

10533

キャウェイ「フゥ… 危なかった~…。」

キテラ「お前~!」

10534

破壊神ビルス「やるじゃないか。 一瞬 危なそうだったが。」

クリリン「え… 演技に 決まってるじゃないっすか~。」

破壊神ビルス「その調子でいけ~! じいさん!」

亀仙人「フゥ…。 さて お次は…」

亀仙人「お主が 相手をしてくれるのかな?」

10535

ダーコリ「ほう 気付いていたか。」

ダーコリ「フフフッ。」

10536

亀仙人「お主の戦いも見ておった。」

亀仙人「第4宇宙の札術使い」

亀仙人「次の相手には おあつらえ向きじゃな。」

ダーコリ「なめられたものだな!」

10537

亀仙人「はっ!」

10538

亀仙人「ふむ… 熱くない。 やはり 幻術か。」

ダーコリ「そう… ただの幻だ。」

10539

亀仙人「んっ!」

10540

ダーコリ「はっ!」

ダーコリ「フフフ… 私の戦い方を見て 対策を練っていたようだが」

ダーコリ「わが札術は 76の攻撃術と 129の幻惑術でなされた秘伝。」

ダーコリ「お前に見切れるかな?」

10541

亀仙人「おおっ…。 これも幻か…。」

10542

亀仙人「はっ!」

亀仙人「あやつは どこじゃ?」

10543

亀仙人「何と!」

10544

ダーコリ「フンッ!」

亀仙人「ぐああっ!」

10545

ダーコリ「捕まえた。」

10546

亀仙人「うん!?」

亀仙人「こいつは 本物かの? うん?」

10547

ダーコリ「お前の影を縫い付けた。」

ダーコリ「もはや そこからは 一歩も動けんぞ。」

亀仙人「ぬっ…。」

10548

ダーコリ「私の星は 光が ほとんど届かない暗い所でね」

ダーコリ「明るい場所は 苦手なんだ。」

ダーコリ「その代わり 影の中なら 私は 最強だ!」

10549

亀仙人「くっ…。 幻術に加え パワーアップか。」

ダーコリ「お前に勝ち目はないぞ!」

亀仙人「そのようだな…。」

亀仙人「だからこそ お主の相手が わしでよかった。」

10550

ダーコリ「うん!?」

クリリン「あれは…!」

亀仙人「うちの連中は 力と力の勝負には めっぽう強い。」

亀仙人「じゃが 技も心も 真っすぐ過ぎてのう」

亀仙人「からめ手を使う敵には 足元をすくわれかねん。」

10551

亀仙人「よって お主のような面倒な技を 使うやつを始末するのが」

亀仙人「わしの役目というわけじゃ!」

亀仙人「魔封波!」

10552

ダーコリ「いやああ~っ!」

10553

亀仙人「ぬううう…!」

ダーコリ「いやああ~っ!」

亀仙人「はーっ!」

10554

ダーコリ「いやああ~っ!」

10555

亀仙人「ほい これで 2人目。」

10556

破壊神ビルス「おお! いいぞ じいさん!」

破壊神ビルス「その調子で がんがん吸い込んでやれ~!」

キテラ「反則だ~!」

破壊神ビルス「何だと!?」

キテラ「あのジジイは 試合に 道具を持ち込んだ!」

キテラ「あれが ありなら 回復薬も毒針もありじゃないか!」

10557

破壊神ビルス「それを言うなら」

破壊神ビルス「お前んとこの選手だって 札を武器にしてるだろ!」

10558

キテラ「あれは 気だ! 気を 札の形にしてるから セーフだ!」

破壊神ビルス「うちのじいさんだって 技の主体は気で 小瓶は おまけ!」

破壊神ビルス「だから セーフだ!」

キテラ「アウトだ!」

破壊神ビルス「セーフだ~!」

10559

キテラ「アウト… アウト~!」

破壊神ビルス「セーフ セーフ セーフ!」

キテラ「アウト~!」

破壊神ビルス「セーフだし!」

全王「セーフ。」

2人「うん?」

全王「面白いから セーフ。」

10560

全王「セーフ。」

2人「はい…。」

10561

界王神「認められてよかったですね…。」

クリリン「大丈夫かな? 武天老師さま。」

界王神・老界王神「えっ?」

クリリン「あれほどの相手に 魔封波を使ったら」

クリリン「体には 相当の負担が かかってるんじゃ…。」

亀仙人「フゥ…。」

亀仙人「イエ~イ! ピース ピース!」

10562

クリリン「ええっ!?」

界王神「元気そうですね…。」

亀仙人「イエ~イ!」

亀仙人「ぬわっ! …っとっと。 何じゃ?」

10563

亀仙人「うん!?」

ガノス「俺の仲間を 2人も… 貴様が やったのか…。」

10564

亀仙人「何じゃ? 第4宇宙は みんな わしに倒されたいのか。」

亀仙人「ほれ さっさと来なさい。」

10565

ガノス「ううっ…。 この老いぼれが~!」

ガノス「うわあああ!」

10566

ガノス「ぐうううう…!」

ガノス「ぐああああ!」

10567

亀仙人「変身か…。」

ガノス「ぐうううう…!」

ガノス「粉々にしてやる!」

10568

 

 

第105話「奮戦! 武天老師命を燃やす!!」前半(Aパート)の感想

亀仙人のじっちゃん回、良い貫禄してますね。

ただ、すんごい今回で落ちそうな雰囲気していますが、じっちゃんやっぱりすんごい強くなってますよね。

間違いなく、当時のセルやフリーザより圧倒的に強いだろw

次がガノス戦か、子供のような見た目だから、年寄り対若人みたいな展開にしたかったのかな。

実際に若いかは先を見ないとわからないけど、面白そうなカードではある。

 

続きは第105話「奮戦! 武天老師命を燃やす!!」後半(Bパート)へ

 

前回:第104話「超絶光速バトル勃発! 悟空とヒットの共同戦線!!」を確認したい方は第104話前半(Aパート)へ