2017年8月20日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第104話「超絶光速バトル勃発! 悟空とヒットの共同戦線!!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第104話後半(Bパート)スタート!

第104話「超絶光速バトル勃発! 悟空とヒットの共同戦線!!」後半(Bパート)のスタート

ディスポ「うわあああ!」

10444

シャンパ「いいぞ! そのまま落ちろ!」

ディスポ「おおっ!」

スポンサードリンク

10445

ヒット「何!? 仲間か?」

クンシー「俺は プライド・トルーパーズのクンシー。」

クンシー「貴様のようなやつに 大事な仲間がやられてたまるか!」

10446

クンシー「ふん!」

ディスポ「うお~!」

ディスポ「お~ 痛てててて…。」

10447

ディスポ「助かったぜ クンシー。」

クンシー「うむ。」

トッポ「むう… 次元を移動して 攻撃を回避したのか。」

トッポ「あのヒットという者 やはり ただ者ではないな。」

シャンパ「おい! あんなロープみたいなの 反則だろ!」

ヴァドス「いいえ あれは武器ではありません。」

シャンパ「えっ?」

ヴァドス「体から発せられる」

ヴァドス「エネルギーです。」

シャンパ「チッ ずっちーなあ!」

ディスポ「俺を落とすために わざと端に追いやられていたとは。」

クンシー「ここからは 俺も加わるぞ。」

クンシー「お前に何かあっては困るからな。」

ディスポ「分かった。」

クンシー「という訳だ。」

ヒット「好きにしろ。」

10448

クンシー・ディスポ「ふん!」

10449

クンシー・ディスポ「はあっ!」

ディスポ「おらおらおら…!」

10450

クンシー「逃がすか!」

10451

ディスポ「おりゃああ!」

ディスポ「おらおらおら…!」

ヒット「うわっ! ああっ…!」

10452

シャンパ「ちょっと待て! 汚えぞ 第11宇宙!」

(ブブゼラの音)

10453

カリフラ「くっ…。 ケール あんたは ここにいな。」

10454

ケール「あねさん 駄目ですよ。 まだ じっとしてないと…。」

カリフラ「うるせえ! あんなことされてて 黙って見てられっか!」

カリフラ「ヒットを助けねえと。」

ディスポ「今度こそ終わりだぜ!」

10455

ディスポ「なっ!? 何だと!?」

10456

ディスポ「き… 貴様!」

10457

ヒット「孫 悟空… お前…。」

10458

孫悟空「お~ら!」

ディスポ「ぐわ~!」

クンシー「ぐっ…。」

10459

ヒット「助けなどいらん。」

孫悟空「助けたつもりなんかねえよ。」

孫悟空「おめえを追い込んでる あいつらを見てたらさ」

孫悟空「体がうずいちまったんだ。」

孫悟空「オラとやろうぜ。」

界王神「あ… あれは?」

破壊神ビルス「超サイヤ人ゴッドだな。」

ウイス「超サイヤ人より速く動け」

ウイス「ブルーより 体力の消耗を 抑えることができるのです。」

破壊神ビルス「ヒットのやつは命拾いしたな。」

破壊神ビルス「感謝しろよ シャンパ!」

シャンパ「親切の押し売りとか勘弁だし。」

10460

ベルモッド「対の宇宙同士で手を組んだか。」

カイ「両宇宙のエースを 一気に倒すチャンス。」

カイ「そう捉えましょう。」

ヒット「いいか 孫 悟空。 やつは俺の獲物。 邪魔はするな。」

孫悟空「なら オラを止めてみろよ。」

10461

ディスポ「はあっ!」

孫悟空「うわ~!」

10462

ヒット「立て続けには 速く動けまい。」

10463

クンシー「フフフ…。」

クンシー「貴様の相手は俺だ!」

孫悟空「すんげえスピードだな。」

孫悟空「ヒットが てこずるだけあっぞ。」

10464

孫悟空「わっ! わ~!」

10465

孫悟空「くっ…。」

孫悟空「瞬間移動する間もねえとはな。」

孫悟空「ここだ! はあっ!」

10466

ディスポ「何!? 俺の動きを見切ったのか?」

孫悟空「おめえ 確かに すんげえスピードだけんど」

孫悟空「動きが直線的だからよ。」

10467

孫悟空「タイミングさえ合わせりゃ 何とかなっぞ。」

10468

破壊神ビルス「さすがは 悟空だな。」

ウイス「しかも 攻撃のときに 一瞬だけ ブルーになり」

ウイス「スピードとパワーを 最大限に上げたようですね。」

10469

クンシー「俺さまの気弾を払いのけるとは さすがだな!」

10470

ヒット「むっ…。」

ヒット「ごみを まき散らしたな。」

10471

クンシー「ごみだと思うなら触れてみな!」

ヒット「触れると爆発するのか?」

クンシー「そのとおり。 フフフフ!」

ヒット「鉄壁の防御というわけか。」

クンシー「お前の時とばしで 時間を止めたところで」

クンシー「お前は 俺に 近づくことすらできないのさ。」

ヒット「近づくつもりはない。」

クンシー「何!?」

ヒット「今 楽にしてやる。」

ヒット「ふん!」

10472

クンシー「ぐわ~!」

10473

クンシー「い… 今のは 衝撃波か?」

ベルモッド「地雷原を擦り抜け クンシーを吹っ飛ばしただと?」

マルカリータ「人体にだけ影響のある 透明の気弾のようですます。」

ヴァドス「悟空さんとの闘いのときに 使った技ですね。」

シャンパ「ざまあ見ろ 第11宇宙!」

シャンパ「ヒットには これがあるんだ!」

孫悟空「うお~! くっ…。」

10474 10475

孫悟空「さすが 第11宇宙の戦士。 なかなか タフなやつらだ。」

10476

ヒット「孫 悟空 交代だ。」

孫悟空「えっ?」

10477

ディスポ「ヘッ!」

10478

ディスポ「ぐわっ!」

10479

ディスポ「何だと!?」

ヒット「時とばしと同じ筋肉の動きをさせ お前をおびき寄せた。」

10480

ディスポ「時とばしのふりをして 俺に攻撃をさせ」

ディスポ「カウンターを合わせたのか!?」

ヒット「そうだ。」

シャンパ「ヒット やる~!」

孫悟空「さすがは ヒットだ。」

クンシー「フン! 俺の技 お前に お見舞いしてやるぜ。」

10481

孫悟空「そう 簡単にいかねえぞ! はあっ!」

10482

ヒット「気を付けろ やつの周りには…。」

孫悟空「関係ねえ!」

孫悟空「うおおおお!」

10483

クンシー「バカめ。 おっ!?」

孫悟空「うおおおお!」

クンシー「なっ!? でたらめなやつめ! ふん!」

10484

孫悟空「だだだだだ!」

10485

孫悟空「は~!」

クンシー「ぐああああ!」

10486

孫悟空「おりゃああ!」

孫悟空「うりゃりゃりゃ…!」

10487

ディスポ「はあっ!」

10488

ディスポ「なっ!? うわ~!」

10489

ディスポ「こ… 今度は 時とばしか!?」

ヒット「そうだ。 さあ 次は どっちだと思う?」

ヒット「耳を澄ませ よ~く聞くんだ。」

ディスポ「ぐっ…。」

シャンパ「ディスポのやつ 混乱してやがる。」

ヴァドス「驚異的なスピードの戦いにおいて 一瞬の迷いは負けを意味します。」

ディスポ「ぐはっ!」

ディスポ「がはっ!」

10490

ヒット「もう勝負はついている。」

ヒット「その足で武舞台から降りるんだ。」

10491

ヒット「立てないなら立たせてやる。」

ディスポ「プ… プライド・トルーパーズの辞書に」

ディスポ「降参という文字は… ない!」

ヒット「なら 俺が終わらせてやる。」

ヒット「ふん!」

10492

ディスポ「あ~!」

10493

孫悟空「何!?」

クンシー「ぬお~!」

10494

ディスポ「くそ…。」

クンシー「今は撤退し反撃のときを待て。」

クンシー「やつは俺が道連れにしてやる。」

クンシー「あとは任せたぞ。」

10495

クンシー「なっ!?」

10496

ヒット「俺の代わりに」

ヒット「この痛みを連れていけ。」

10497

クンシー「ぐわ~!」

10498

ディスポ「クンシー!」

10499

ディスポ「チキショー!」

ベルモッド「くそっ! 残り3人か。」

カイ「うち2人はジレンとトッポ。 心配は無用でしょう。」

大神官「第11宇宙 クンシーさん 脱落です。」

全王「シャッシャの… え~っと クンシー…。」

全王「あれ どこだ? ポン!」

全王「次は誰かな?」

全王「かなかな?」

ディスポ「くっ… うっ…。」

ディスポ「すぐに リベンジしてやるぜ。 正義は必ず…。」

104100

トッポ「もういい!」

トッポ「ヒーローごっこは やめだ。」

トッポ「正義も悪もない。」

トッポ「あるのは 生き残るか消滅するか どちらかだ。」

104101 104102

孫悟空「ヒット おめえ また 腕 上げてんな。」

孫悟空「けんどよ あのディスポっちゅうやつが」

孫悟空「回復したら 今度は オラが倒す。 いいだろ?」

104103

ヒット「好きにしろ。」

孫悟空「で どうする? 今から オラたちも戦うんか?」

ヒット「今は見逃してやる。 手を借りた礼だ。」

孫悟空「最後まで残ったら オラとおめえで 今度こそ 決着をつけようぜ。」

ヒット「フン いいだろう。」

104104

ナレーション(悟空とヒット)

ナレーション(最強タッグの結成により)

ナレーション(第11宇宙チームの連携を 見事 打ち破ることに成功した)

ナレーション(果たして 悟空とヒットの 決着戦の行方はいかに?)

ナレーション(運命を懸けた試合終了まで 残り35分!)

 

 

第104話「超絶光速バトル勃発! 悟空とヒットの共同戦線!!」後半(Bパート)の感想

ヒットマジカッケー!

クールで頭も良くて、動きもボクシングのようなキレのあるパンチの叩き込み方
しかも恩義まで備わっている。かっこよくないわけないね。

しかし第11宇宙のやり方が本当に正義正義言ってるわりにはの汚い立ち回りばかりだよな。

悟空が加勢に来なかったら1対2でボッコボコにしてたし、前にあったカリフラ戦だって2対5とかだったし、おかしいなと思ってたけど、最後にトッポさんが本性現してくださいましたね。

元より第11宇宙の戦士の正義は、勝った方が正義なのだと本性では認識しているのかも

まあ、そういうギャップがあった方が面白いのかもしれない。

ヒーローごっことやらを捨てて、全力になったトッポが死ぬほど強かったら
それはそれで面白いしね。

とりあえずは、第11宇宙は一旦置いておくことになるかな。

ジレンがどう見ても今回のラスボスなんで、ここからはしばらく他の宇宙との戦いになるでしょうね。

 

前回:第103話「悟飯よ非情なれ! 第10宇宙との決戦!!」を確認したい方は第103話前半(Aパート)へ

 

第104話「超絶光速バトル勃発! 悟空とヒットの共同戦線!!」の視聴率:5.0%

 

次回、第105話「奮戦! 武天老師命を燃やす!!」の前半(Aパート)に続く