2017年7月30日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第101話「迫りくる正義の戦士!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第101話前半(Aパート)スタートする前に前回の あらすじ からどうぞ!!

前回:第100話「大暴走! 目覚め荒ぶる狂戦士!」前半(Aパート)のあらすじ

ナレーション(それぞれの宇宙の運命を懸けた 力の大会は続く)

ナレーション(白熱する戦いのさなか)

ナレーション(第6宇宙のケールが 突如 恐るべき変身を遂げる)

スポンサードリンク

ケール「私から あねさんを取った…。」

ケール「許さない 孫 悟空…。」

ケール「孫 悟空ーっ!!」

ケール「うあああーっ!」

ケール「うおおおお!」

カリフラ「おーい ケール! ちょっと落ち着け!」

カリフラ「聞こえてるか! ケール!」

ナレーション(友人であるカリフラの声にも 反応せず ただ暴れ回るケール)

ナレーション(そんなケールを打ち倒したのは 第11宇宙のジレンだった)

ナレーション(その強さを目の当たりにした 孫 悟空は)

ナレーション(ジレンへと戦いを挑む)

ナレーション(果たして 悟空 対 ジレンの 戦いの行方や いかに?)

10101

第101話「迫りくる正義の戦士! プライド・トルーパーズ」前半(Aパート)のスタート

ケール「あねさん…。」

10102

カリフラ「おっ。」

カリフラ「やっぱ すごかったんだな!」

10103

ケール「えっ!? 何の話ですか?」

カリフラ「覚えてねえのか?」

ケール「は… はい!」

カリフラ「大したタマだぜ ったく!」

ケール「えっ?」

孫悟空「ジレン オラと戦え。」

10104 10105

孫悟空「おっ!」

トッポ「ジャスティスフラッシュ!」

10106 10107

孫悟空「ぐあ~!」

10108

トッポ「やつの始末は 選抜メンバー5人に任せている。」

トッポ「われらは いったん 後退し 体力の温存を計るぞ。」

(地面にひびが入る音)

10109 10110

孫悟空「いちちちち…。」

孫悟空「ったく いきなりかよ。」

カリフラ「おい お前!」

孫悟空「んっ?」

カリフラ「ケールの寝込みを 遅いに来たのかよ この腐れ外道!」

孫悟空「待てよ オラ 吹っ飛ばされ…。」

10111

孫悟空「何だ おめえら! その服 トッポんとこの宇宙のやつらか?」

10112

カーセラル「いかにも わが名は カーセラル!」

10113

タッパー「タッパー!」

10114

ゾイレー「ゾイレーだ!」

10115

ココット「ココットよ!」

10116

ケットル「ケットル!」

10117

5人「われら プライド・トルーパーズ!」

孫悟空「はあ?」

カーセラル「トッポからは 1人と聞いていたが…。」

タッパー「んっ? あの女 ブーオンを倒したやつだぞ。」

10118

カーセラル「プライド・トルーパーズは」

カーセラル「仲間を倒した相手を 許しはしない!」

カーセラル「わが盟友トッポの指令により お前たちを処分する。」

10119

孫悟空「待てよ! おめえらの相手は オラなんじゃねえんか?」

カーセラル「これはバトルロイヤルだ。 いつ戦おうと同じこと。」

孫悟空「だってよ。 危ねえから おめえたちは下がってろ。」

カリフラ「バカ言え!」

カリフラ「あんな楽しそうな獲物 独り占めなんて許さねえ!」

孫悟空「けんど そいつが…。」

10120

ケール「私 あの人 苦手…。」

カリフラ「ふざけんな!」

ケール「えっ!? わっ! わっ!」

カリフラ「このケールは 情けを かけてもらうほど 弱くはねえ!」

カリフラ「あたしの自慢の妹分なんだ!」

10121

ケール「自慢… の?」

10122

カリフラ「行くぜ ケール。 少し休んで 体力も回復したんだろ?」

ケール「は… はい!」

孫悟空「ヘヘッ。」

亀仙人「ふん!」

亀仙人「むうううう…。」

10123

ザ・プリーチョ「ぬう…。」

亀仙人「萬國」

亀仙人「驚天掌!」

10124

ザ・プリーチョ「ぐわ~! な… 何だ この技は…!」

ザ・プリーチョ「ぐう…!」

10125

亀仙人「動けんじゃろ。」

亀仙人「もっとも わしも 動きを止めている間は 何もできんがな。」

10126

亀仙人「じゃが…。」

ザ・プリーチョ「はっ!」

天津飯「新気功砲!」

10127

天津飯「はああああ!」

ザ・プリーチョ「ぐはあああ…!!」

10128

亀仙人「ふぃ~。」

天津飯「ご無事ですか? 武天老師さま。」

亀仙人「さすが 天津飯じゃわい。 おかげで 助かったぞよ。」

孫悟飯「武天老師さま! 天津飯さん!」

亀仙人「んっ?」

孫悟飯「他のみんなは…。」

亀仙人「いや 例の女サイヤ人が 大暴れしている間に」

亀仙人「はぐれてしまってのう。」

10129

ピッコロ「俺なら ここだ。」

10130

孫悟飯「ピッコロさん!」

ピッコロ「いったん 全員 合流した方がいい。」

ピッコロ「他のメンバーを…。」

フリーザ「皆さん お待たせしました。」

10131

フリーザ「フフフフフ…。」

ベジータ「フリーザ!」

フリーザ「んっ?」

ベジータ「それは 俺の獲物だ! 横取りするな!」

10132

フリーザ「ホーッホッホッホ…。 早い者勝ちですよ ベジータさん。」

フリーザ「はあっ!」

10133

ムリチム「うああああ!」

10134

ベジータ「チッ!」

天津飯「あとは 17号 18号と…。」

孫悟飯「父さんですね。」

全王「シャッシャの ザ・プリーチョ ポン。」

全王「ムリチム ポン。」

全王「また やられちゃったね。」

全王「どんどん 減ってきてるね。」

大神官「そろそろ 選手たちも 疲れが出始めるころですから。」

10135

全王「悟空は どこかな?」

全王「あっ 見て。」

全王「やられてるね!」

全王「うん やられてる!」

孫悟空「うう…。」

孫悟空「な… 何だ おめえ…。」

10136

タッパー「油断したな。 この俺は体重を自在に変えられる。」

タッパー「さあ どこまで 耐えられるかな?」

孫悟空「わっ!」

10137

孫悟空「ぐう…。」

ゾイレー「ヒッヒッヒ…。」

ゾイレー「ひょおお!」

ゾイレー「われらのコンビネーション とくと味わえ!」

孫悟空「わ~!」

10138

ゾイレー「うっひょお!」

ゾイレー「俺の超高速回転攻撃のお味は どうだ!」

10139

ケットル「ほいっ ほいっ ほいっ!」

カリフラ「この野郎! 逃げてばかりいないで 戦いやがれ!」

10140

ケットル「シュシュシュ…!」

カリフラ「チッ。」

ケットル「わしばかり見てないで もっと周りをよく見てみるがよい。」

カリフラ「はっ?」

10141

ケットル「シュシュシュシュ。」

ケットル「そりゃあ!」

10142

ケットル「それそれそれそれ それ~!」

10143

カリフラ「うわ~!」

ケール「あねさん!」

10144

ココット「ココットゾーン!」

10145

ココット「オーホホホ…!」

ココット「そこは 私の作った異空間。」

ココット「お前は 二度と こちらへは 戻ってこれないわ。」

カーセラル「さすがは 異空間のイリュージョニスト ココット。」

カーセラル「だが たかだか 3人を相手に」

カーセラル「われら プライド・トルーパーズが 5人がかりとは。」

カーセラル「無駄が過ぎたかな?」

10146

17号「何がおかしい?」

カーセラル「んっ?」

10147

カーセラル「ぐわ~!」

10148

17号「フン。」

カーセラル「まさか」

カーセラル「気配を感じさせず この私の後ろを取るとは。」

17号「これで 5対5。」

18号「条件は対等。」

18号「これで片付けられても 言い訳できないよ。」

10149

カーセラル「片付ける? ほう 面白い。」

10150

 

第101話「迫りくる正義の戦士! プライド・トルーパーズ」前半(Aパート)の感想

お、ジレン戦かと思ったら別のメンバーとのバトルだった。そりゃそうか、ジレンどう見てもラスボスだもんな。

ここでカーセラルが登場しましたね。もっと後半で出てくるのかと思ってたからちょっと意外。

でも、流れでそうなったとはいえ5対5でまさかの第7宇宙と第6宇宙で組むなんて方が意外だったw

ちょっとワクワクする展開じゃないか。

 

続きは第101話「迫りくる正義の戦士! プライド・トルーパーズ」後半(Bパート)へ

 

前回:第100話「大暴走! 目覚め荒ぶる狂戦士!」を確認したい方は第100話前半(Aパート)へ