2017年7月23日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第100話「大暴走! 目覚め荒ぶる狂戦士!!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。

 

祝、放送100回記念! いつのまにか、もう100回なんですね。
これからも楽しい視聴ができるよう面白いドラゴンボールを期待してます!

それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編』第100話前半(Aパート)スタートする前に前回の あらすじ からどうぞ!!

前回:第99話「見せつけろ! クリリンの底力!!」前半(Aパート)のあらすじ

ナレーション(宇宙の消滅をかけた 史上最大の武道会 力の大会)

ジウム「グァー!」

クリリン「ビルスさまには 最後まで逃げろと言われたけど」

スポンサードリンク

クリリン「少しくらいは 倒さないとな。」

ナレーション(鍛え上げた技や 18号とのコンビネーションで)

ナレーション(大活躍を見せるクリリン)

クリリン「波~!!」

マジョラ「ぐあっ… うあああー!」

破壊神ビルス「今日のお前 最高に輝いてるぞ!」

クリリン「イェーイ イェーイ!」

クリリン「皆さん 今日は クリリン 絶好調っすよ!」

フロスト「それは 素晴らしいですね。」

クリリン「わっ…。」

フロスト「きえぇー!」

ナレーション(一瞬の隙を突かれ クリリンは 脱落してしまうのだった)

 

第100話「大暴走! 目覚め荒ぶる狂戦士!」前半(Aパート)のスタート

 

10001

ピッコロ「クリリンが落ちたか…。」

10002

亀仙人「なぁに ここで1人減ったと考えるか」

亀仙人「それとも まだ9人 残っとると 考えるかじゃ。」

10003

天津飯「フッ… さすが 武天老師さま。」

10004

亀仙人「年の功と亀の甲 だてに背負っちゃおらんわい。」

孫悟飯「まだ 9人。 皆さん 気を取り直していきましょう。」

17号「それにしても 油断して落とされるなんて」

17号「ぶざまだな。」

10005

18号「それでも 私の旦那か!?」

18号「トレーニング器具に費やした 無駄金は どうなるんだ!」

10006

クリリン「正直 すまん。」

10007

シャンパ「ヌフフフフ…。 おい ビルス。」

破壊神ビルス「お前と じゃれてる暇はない。」

10008

シャンパ「そうだろ そうだろ~。」

シャンパ「ついに 第7宇宙 消滅の カウントダウンが」

シャンパ「始まっちゃったんだからな!」

10009

破壊神ビルス「ぐぬ…。」

シャンパ「ん? おっと 見ろ!」

シャンパ「次の犠牲者が 出そうな あんばいだぞ。」

破壊神ビルス「あっ!?」

10010

ベジータ「くっ… ひきょうな野郎どもめ!」

10011

ボタモ「あいにく その悪口は マゲッタの耳にゃ届かねえぜ!」

ベジータ「クソッ!」

10012

ベジータ「くっ…。」

「師匠!」

ベジータ「あっ。」

10013

ムリサーム「キョエー!」

ニグリッシ「フン!」

10014

ムリサーム・ニグリッシ「わぁ~!」

10015

キャベ「はぁー!」

10016

キャベ「ここで 退場してもらいますよ。」

10017

ヒット「選べ。 今すぐ 武舞台の下に飛び降りるか」

ヒット「それとも 俺に たたき落とされるか。」

10018

ナリラーマ「ナリ… ラーマ…。」

エア「フフフフ 両腕は つぶされましたが」

エア「ナリラーマのコアユニットは胴体。 主砲が残ってます。」

10019

ナリラーマ「充填 完了!」

10020

ナリラーマ「ナリラ~…!」

10021

ヒット「フン。」

10022

ナリラーマ「マ…!」

10023

エア「あっ… バカな!?」

エア「ナリラーマが いとも簡単に…。」

ヒット「ん? 何か 嫌な気配を感じる。」

メチオープ「シュッ!」

10024

メチオープ「シュッ シュッ シュッ…!」

ケール「たーっ!」

10025

メチオープ「ああ…。」

ケール「やった!」

メチオープ「な~んちゃって。」

10026

ケール「あっ… ぐぐぐ… うっ!」

(殴る音)

10027

ケール「ぐはっ!」

ケール「うっ…。」

10028

ケール「あっ!」

ナパパ「痛えじゃねえか。」

10029

ケール「うっ! やめて!」

ケール「いっ…!」

ナパパ「ブヒヒヒ… 今日から お前は 人間サンドバッグだ。」

メチオープ「シュッ! シュッ! 準備は いいか~?」

(殴る音)

10030

ケール「ぐっ!」

メチオープ「シュッ! シュッ! ボディ! ボディ! ボディ!」

10031

メチオープ「いい声で なきやがるぜ。」

メチオープ「はああ… フン!」

ケール「ぐはっ…。」

メチオープ「ヒヒヒヒ…。」

ナパパ「おい 何を勝手に 気絶していやがる。」

10032

ナパパ「チッ 弱っちいやつだぜ。」

ナパパ「どすこい!」

10033 10034

カリフラ「大丈夫か!? ケール。」

10035

ケール「あ… あねさん…。」

ケール「あねさん… ごめんなさい。」

カリフラ「いいんだ。 少しお休み。」

カリフラ「チッ。」

メチオープ・ ナパパ「ヒヒヒヒ…。」

カリフラ「よくも あたしの妹分を。」

ナパパ「お前も なかせてやるぜ。」

カリフラ「ああっ!?」

10036

カリフラ「なくのは てめえらだ! なめんなよ。」

カリフラ「まずは てめえだ!」

メチオープ「シュッ!」

カリフラ「フン!」

10037

メチオープ「ぎょえ~!」

カリフラ「うおりゃー! だだだだだ…!」

10038

カリフラ「おりゃー! だだだだだ…!」

10039

カリフラ「どりゃぁぁぁー!」

カリフラ「だーっ!」

ナパパ「どすこい!」

カリフラ「ぬうう…!」

ナパパ「武舞台の外まで直行だ!」

10040

カリフラ「ぬう…!」

カリフラ「ぬあああー!」

ナパパ「うっ!? ぐっ! ぐっ! ぐっ!」

カリフラ「ぎぎぎ… ぐわああー!」

カリフラ「どりゃあああ!」

10041

ナパパ「ナパッ!?」

ナパパ「ごっつぁんで~す!」

10042

カリフラ「1人 倒したぜ。」

カリフラ「ケール!」

ケール「あっ…。」

ケール「あねさん?」

10043

カリフラ「油断していると落とされるぞ。」

ケール「すみません…。」

カリフラ「どうして 本気を出さないんだ?」

カリフラ「あたしを見ろ。」

ケール「は… はい。」

カリフラ「お前は やればできるやつだ。 あたしは 信じている。」

カリフラ「自信を持て。 なっ!」

10044

ケール「あねさん…。」

10045

カリフラ「つうわけで あいつを やっつけにいくぞ。」

ケール「えっ!?」

10046

ジミーズ「フッフッ… 誰も 俺の位置を捉えることはできない。」

10047

カリフラ「たあっ!」

10048

孫悟空「ん?」

孫悟空「おっ。 何だ? お前ら。」

10049

カリフラ「なあ 孫 悟空とかいう おっさん。」

カリフラ「あんた さっき 見たことねえ色の 超サイヤ人に変身していたな。」

孫悟空「ブルーのことか?」

カリフラ「名前は どうでもいい。 あれの なり方 教えろ。」

孫悟空「えっ!?」

カリフラ「教えてくれたら」

カリフラ「お礼として ブルーとかいうのになって」

カリフラ「あんたを ぶっ倒してやるよ。」

ケール「あねさん! それ お礼になってません!」

孫悟空「う~ん どうすっかなぁ。」

カリフラ「何だ お前 ビビッてんのか?」

孫悟空「いや… お前には まだ ブルーは 無理じゃねえかなって。」

10050

カリフラ「はあ!? チッ あたしらのこと なめてやがるな てめえ。」

10051

カリフラ「おい ケール。」

ケール「えっ!?」

カリフラ「変身だよ 変身。 なめた あいつを ぶちのめすぞ。」

ケール「は… はい。 む~… 背中! ゾワゾワ!」

ケール「む~…!」

10052

ケール「ぷはっ! ハァ…。」

カリフラ「は~ 駄目だ こりゃ。」

10053

孫悟空「オラ 他んとこ行っていいかな?」

カリフラ「ちょっ… ちょっ 待て!」

カリフラ「すげえ変身を見せてやる。 驚くなよ。」

カリフラ「はぁぁー…。」

10054

カリフラ「はぁっ!」

10055

カリフラ「ハァ ハァ ハァ… どうだ? ビビったか。」

孫悟空「面白えやつだな お前。」

カリフラ「ハァ… ケール。」

ケール「はっ はい。」

カリフラ「信じているぞ。」

ケール「あっ…。」

カリフラ「おっさん タイマンはらしてもらうぜ。」

孫悟空「おう かかってこい。」

10056

カリフラ「フン! たーっ!」

10057

カリフラ「うわっ!」

10058

カリフラ「くっ… 何で 当たらねえ!?」

孫悟空「パワーと引き換えに スピードが死んじまっているのさ。」

カリフラ「チックショー まだだ!」

10059

カリフラ「うっ… わっ。」

10060

孫悟空「もう一つ。 その変身は 長く戦うには向いてねえんだ。」

カリフラ「くっ…。」

孫悟空「つうわけで その変身は」

孫悟空「おすすめしねえ。」

孫悟空「取りあえず お前が 目指さなきゃなんねえのは」

孫悟空「これだーっ!」

10061

カリフラ「その変身は…。」

孫悟空「超サイヤ人2だ。」

10062

 

 

第100話「大暴走! 目覚め荒ぶる狂戦士!!」前半(Aパート)の感想

これも、みんなが望んでた展開だろう超サイヤ人対超サイヤ人。

カリフラちゃんの力が悟空には足りてないのは、悟空には最初から分かってるんだね。

昔トランクスのやってた力に頼る変身をしてみたり、次を目指すのが超サイヤ人2だったり、とことんなつかしさを見せてくれるな、第6宇宙のサイヤ人はw

ただカリフラちゃんは2には以前なっていたはずだから3も近いうちありうるのかな、力の大会内には、とか。

ケールの変身もBパートにお預けかな。

カリフラはケールが変身するのを信じてるって言ってたけど、前に変身したパターンってキャベに対するケールの嫉妬だったような…。

つまり、悟空へのそれがトリガーになって変身するっと。

ブロリーがカカロット… カカロット…って言ってたみたいに
孫悟空…、孫悟空…って連呼しながら叩きのめすんだろうなあw

 

続きは第100話「大暴走! 目覚め荒ぶる狂戦士!」後半(Bパート)へ

 

前回:第99話「見せつけろ! クリリンの底力!!」を確認したい方は第99話前半(Aパート)へ