2016年10月23日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』の第63話サイヤ人の細胞を汚すな! ベジータの壮絶バトル開演!!」が放送されました。見逃した人(ネタバレ)、もう一度見直したい人も楽しんでもらえると幸いです。それではストーリー・キャラクターを鳥山明先生が原案の完全新作『ドラゴンボール超 “未来”トランクス編』第70話後半(Bパート)スタート!

 

前回の第62話「世界はオレが守る!トランクス怒りの超パワー炸裂!!」のあらすじ

トランクスはブラックとザマスに1人立ち向かい自ら盾となって悟空たちを過去の世界へと撤退させた・・・

スポンサードリンク

ベジータ「まともに戦って勝てる相手ではない・・・」

クリリン「じゃあ どうやって倒すんだ?」

ベジータ「だから それを考えるために帰ってきたんだろうがっ!?」

その時!?

ピッコロ「1つ方法がある・・・魔封波だ」

それは かつて大魔王が亀仙人にかけられた技であった・・・未来を救うため・・・急げ悟空!?

 

第63話「サイヤ人の細胞を汚すな!ベジータの壮絶バトル開演!!」後半スタート

ゴクウブラックを打ち倒した未来トランクスだったが ザマスとの交戦では疲労が隠せず 勢いを失ったところにザマスの気の剣で追い詰められてしまった未来トランクス・・・

ザマス「お前たちがいくら覚醒しようとも 所詮は私の引き立て役に過ぎないのだ」

マイ「トランクス!?」

ザマスに追い詰められていた姿に気づいたマイが銃で応戦してくれた隙によって未来トランクスは一時的に回避しながら未来トランクスは・・・

未来トランクス(残りの体力から考えて俺が攻撃できるのは あと1回が限界・・・その攻撃に全てを賭ける!)

ザマス「下がってばかりでは 面白味がない さっきまでの勢いはどうした」

地上に降りた未来トランクスがとった行動は・・・

未来トランクス(今だ!?)

背後をとった未来トランクスにザマスは・・・

ザマス「何を!?」

未来トランクス「不死身でも再生には限界があるはず!木っ端みじんにしてやる!?」

未来トランクスは残ったパワーを開放したが、ゴクウブラックの背後から気の剣で刺されて阻止され 地上に蹴落とされてしまうのだった・・・

ゴクウブラック「悪くない 攻撃だった アザになるかもな」

未来トランクスは気を失い トドメを刺されそうになっていた その時!?タイムマシンで孫悟空たちが未来の世界に戻ってきたのだった・・・

ゴクウブラック「孫悟空たちが戻ってきたぞ」

ザマス「第3幕の開演としよう・・・」

未来トランクス「と 父さん・・・来てくれ・・・た・・・」

ブルマ「トランクスは?」

ベジータ「何とか生きてはいるようだ」

ブルマ「何とかって どういう意味よ!」

孫悟空「トランクスの気が消えかけてるんだ」

ブルマ「それって トランクスが死にかけているって事?」

ベジータ「そういうことだ」

ブルマ「だったら あいつらの所に行って やっつけなさいよ!」

ベジータ「ヤツらはここにいる・・・」

ブルマ「えっ!?」

空中にいたゴクウブラックとザマスは孫悟空たちの前に降り立ってきたのを見たブルマは後退りした瞬間にゴクウブラックはタイムマシンに向かってエネルギー弾を放ってしまう!

ベジータ「しまった!」

孫悟空「おめえら!」

ゴクウブラック「これで もう帰ることはできない」

ザマス「この世界がお前たちの墓場になるということだ」

ベジータ「笑わせるな!俺たちが帰れないということは ここがお前たちの墓場になるということだ 棺桶も用意してある 少々小さいが我慢しろ」

孫悟空たちとゴクウブラックが対峙している間にマイは未来トランクスの元に駆けつけていた・・・

マイ「トランクス」

未来トランクス「マイ・・・マイ 父さんたちが来てくれた」

マイ「えっ!?」

未来トランクス「きっと ヤツらを倒す方法を見つけてきれたに違いない」

マイ「うん!」

タイムマシンが燃え続けてる中 孫悟空たちの会話は続いていたが・・・

ザマス「ゴワスをはじめ 愚かな神々がお前たちに知恵を与えた 結果・・・神だけに与えられた・・・」

ベジータ「んっ? おい! カカロット! 壺はどうした?」

孫悟空「いっけねぇ!タイムマシンの中だ!?」

ベジータ「この馬鹿がっ!?」

孫悟空「おめえだって忘れてたじゃねえか」

b「俺は貴様が持っているとばかり・・・」

孫悟空「どう見たって 持ってねえだろ?ほら~」

ゴクウブラック「ヤツらはお前の話など聞いてないようだ・・・」

ザマス「私は自分に酔っているだけ・・・誰が聞いていなくても関係ない」

ゴクウブラック「なるほど・・・それでこそ神・・・」

孫悟空とベジータが壺の事で喧嘩をしている最中にブルマがタイムマシンを消火している姿に気が付いたゴクウブラックだったが・・・

ベジータ「くっ・・・まあ いい!拳でケリをつける方が俺たちらしい!」

孫悟空「へへ~ そりゃ 言えてんな!」

お互いが身構えた その時!界王神ゴワスと東の界王神が現れたのだった・・・

界王神ゴワス「やめるのだ!ザマス!」

ザマス「お前は ゴワス!?」

ゴクウブラック「何故 お前がここに?」

孫悟空「界王神様 なんで?」

界王神ゴワスをは右手に嵌めた時の指輪を見せると

ザマス「なるほど・・・そちらの世界のゴワスだな 時の指輪で来たのか」

界王神ゴワス「そうだ!破壊神ビルス様から全て聞いた 情けないぞ ザマス!?」

孫悟空「ゴワス様 違う 違う あんたの弟子だったんは こっち!」

界王神ゴワス「こっち?うほん・・・ では 改めて情けないぞ ザマス!?なんで こんな恐ろしいことをした!」

ゴクウブラック「何が恐ろしいと?人間が駆逐されれば 世界に真の美しさが蘇るのだ」

界王神ゴワス「なんと いうことを!では どうして神々まで襲ったのだ?」

ゴクウブラック「お前たちは俺の理想は理解せず 必ず邪魔をするだろう?」

界王神ゴワス「当然だ!?」

孫悟空「そういや さぁ 神様はみんな死んだって言ってたんだけんど ウイスさんとか死んじゃいねんだろう?あの人 結構 頼りになんぞ ビルス様より よっぽどな!」

東の界王神「悟空さん 残念ですが天使は使える神が死ぬと次の神が現れるまで機能をを停止するのです」

孫悟空「天使?ウイスさんって天使だったのか・・・でも羽とか生えてねえし ケツも丸出しじゃねえぞ?」

ゴクウブラック「フッ ゴワスよ!3度も殺すことになるとは!?」

ゴクウブラック・ザマス「神は1人でいい・・・」

ゴクウブラックとザマスは同時に界王神ゴワスと東の界王神に向かってエネルギー弾を放ったが、超サイヤ人ブルーに変身した孫悟空たちによって未遂で終わったのだった・・・

孫悟空「ほらぁ 何で来たんだよ 戦いの邪魔じゃねえか」

東の界王神「ゴワス様がどうしてもと仰るもので・・・」

界王神ゴワス「今からでも遅くはない この世界のドラゴンボールでお前たちの犠牲になった者たちを生き返らせてあげるのだ」

ゴクウブラック「ドラゴンボールは全て破壊した もう2度と揃うことはない」

界王神ゴワス「な 何だと・・・」

東の界王神「ゴワス様!」

ブルマ「そんなぁ・・・それじゃあ もしもトランクスが死んじゃったら・・・」

孫悟空「2人の界王神様 もう いいかな?」

ベジータ「気が済んだら帰るんだな・・・」

東の界王神「はい・・・」

界王神ゴワス「い いや・・・こうなったら我が弟子だった愚か者の最後を見届けるぞ」

東の界王神「えっ!?」

孫悟空「うちらの宇宙の界王神様はどうするんだ?」

東の界王神「も もちろん私も残ります」

孫悟空「なんか 帰りたそうだけんど」

東の界王神「悟空さん 私に対するそういうイメージは良くありませんよ!」

孫悟空「やれやれ・・・だってよ ベジータ」

ベジータ「勝手にしろ ただし 次は助けんからな!」

孫悟空「ベジータ!おめえ どっちとやる?」

ベジータ「フンッ!当然 貴様とそっくりの方だ」

孫悟空「おめえ なんだか自信ありそうだな・・・」

ベジータ「本物の貴様に勝る俺が偽物に負けるわけがないだろう!」

 

再び互いが身構え 最初に攻撃を仕掛けたのは孫悟空たちだった!

 

ベジータ「受け取れえぇぇぇ!?」

 

ゴクウブラックはベジータの一撃を受けながら

 

ゴクウブラック(コイツ!?僅かな時間でここまで 力を上げるとは!?)

ゴクウブラック「伊達に 戦闘民族ではないということか・・・」

ザマス(ベジータに押されているだと!?)

 

ゴクウブラックがベジータのパワーに押されている事に気付いたザマスは 孫悟空と交戦しながらもゴクウブラックの元に向かうが・・・

 

孫悟空「おめえの相手は オラだ!?」

ザマス「神に指図するな!人間!?」

 

不死身のザマスも孫悟空のパワーに押されて地面に激しく叩きつけられているにもかかわらず 余裕にザマスに孫悟空は

 

孫悟空「やっぱ不死身かぁ・・・」

東の界王神「私たちも追いましょう!」

界王神ゴワス「うむ!」

 

孫悟空たちが交戦している場所に飛んで向かっていった界王神たちを背にブルマはホイポイカプセルを使って出したものは・・・

 

ブルマ「こんなこともあろうかと・・・ちゃ~んとガレージを用意してきたのよね~」

ブルマ「見てなさい!光よりも早く タイムマシンを直してみせるから!」

未来トランクス「母さん!」

ブルマ「トランクス!? 良かった~! 無事だったのね!?」

未来トランクス「母さん!・・・」

未来トランクス「この壺でヤツらを封印するつもりだったんですね?」

ブルマ「そうよ!これでヤツを封印するわよ!」

 

ブルマは未来トランクスに強力接着剤を渡すと・・・

 

未来トランクス「んっ?まさか・・・俺が壺を修理するんですか?」

ブルマ「そうよ?トランクス 確かジグソーパズル 得意だったわよね! 頑張って!」

未来トランクス「そ そんな~ あぁ・・・」

 

その頃 ゴクウブラックが気の剣でベジータを切り裂こうとしたが避けずに左腕で気の剣を受け止めた姿に驚いたゴクウブラックにベジータは向かって

 

ベジータ「貴様の誤算を教えてやろうか!」

ゴクウブラック「誤算だと?」

ベジータ「その体はな!? 細胞の隅々までカカロットが長く激しい戦歴で作り上げた物だ! 貴様にとっては所詮借り物!? ヤツのような純粋なバカにしか使いこなせないサイヤ人の細胞があるんだああぁぁぁぁぁ!!!!」

ゴクウブラック「なぜ これほどの力の差が・・・」

ベジータ「知りたいか?」

ベジータ「それは貴様が偽物で 俺がサイヤ人の王子 ベジータ様だからだああぁぁぁぁぁ!!!!」

 

第63話「サイヤ人の細胞を汚すな!ベジータの壮絶バトル開演!!」後半の感想

番組終了後に更新していきます

前回:第62話「世界はオレが守る! トランクス怒りのパワー炸裂!!」を確認したい方は第62話(前半Aパート)へ

 

第63話「サイヤ人の細胞を汚すな! ベジータの壮絶バトル開演!!」の視聴率:5.7%

オッス!オラ悟空! ブラック ザマス いくらおめえらが強くて不死身だって言っても余裕が無くなったみてえだな こっからはオラたちのお返しの時間だ!?ザマス!おめえを封印してやる!!人間の力を舐めるなよ~!?

次回、第64話「崇めよ!讃えよ! 合体ザマス爆誕!!」の前半(Aパート)に続く