2016年9月25日フジテレビ系列『ドラゴンボール超』では第59話「界王神ゴワスを守れ ザマスを破壊せよ!」が放送されました。ゴクウブラックを倒す為、未来に行った悟空たちの前に現れたのは不死身の体となったザマスから命からがら現在の地球に帰還して急展開に・・・

前回の第58話「ザマスとブラック 深まる二人の謎」のあらすじ

ゴクウブラックを倒す為、未来に行った悟空たち だが、そこに現れたのは不死身の体となったザマスだった・・・命からがら帰還した悟空たちは、ザマスがゴクウブラックを仲間にするため超ドラゴンボールと時の指輪を使ったのではないかと睨む・・・

スポンサードリンク

ウイス「第10宇宙の界王神ゴワス様の命が危険ということです」

界王神ゴワスを救う為、悟空たちは第10宇宙へと向かうのだった

 

第59話「界王神ゴワスを守れ ザマスを破壊せよ!」前編スタート

ザマス(なぜ、こいつらがここに・・・フッ・・・)

ザマス「これはこれは、第7宇宙の界王神様と破壊神ビルス様 そしてウイス様と 確か孫悟空さん」

孫悟空「えっ?」

ザマス「いらしているとは知らず、ご挨拶が遅れて失礼致しました。で、今回はどのようなご用件で?確か前回来られた時は、時の指輪をつけて第7宇宙に現れた何者かの事を調べに・・・全宇宙を回られていたとか」

ザマス「そのことで何かおわかりになったのでございますか?」

界王神ゴワス「いや、今回はザマス お前に会いに来られたのだ」

ザマス「わたしに?」

破壊神ビルス「いや、何・・・この馬鹿がどうしても君ともう一度戦いたいっていうもんだからねぇ」

ウイス「私も止めたんですけどね 一度言い出したらきかないんですよ」

孫悟空「オラ、そんなこと・・・イテ イッテ~ またかよビルス様」

破壊神ビルス「黙っていろと言っただろ!」

東の界王神は、ずっと無言のままザマスを見つめている

孫悟空「だからって叩くことはねぇだろ?いってぇなぁ ちっとは手加減してくれよ」

破壊神ビルス「うるさいっ!?お前が喋るからだ!」

ザマス(まさか、こいつら・・・)

ザマス「私でよければ喜んで」

孫悟空たち「えっ!?」

ザマス「前回の戦いは私としても いささか不本意なところもありましたから それでは早速始めましょうか」

破壊神ビルス「いやいや、それにはおよばん せっかくのティータイムを邪魔したら悪いからなぁ この馬鹿には僕の方から厳しく言っておこう」

ウイス「あら、ビルス様 もうこんな時間ですよ。そろそろおいとましたほうがよろしくはございませんか?」

東の界王神「えっ・・・」

ウイス「ふ~ん」

破壊神ビルス「おっと 僕も昼寝の時間だ はぁ~眠い眠い」

孫悟空「いっちゃうんか?」

破壊神ビルスに凄い形相で睨まれた孫悟空・・・。

ウイス「そうそう、お土産を忘れるところでした ホイッ」

界王神ゴワス「これは?」

ウイス「第7宇宙の地球という星でとれたお茶の葉と大福という名前のスイーツです」

界王神ゴワス「ほぅ、大福ですか プニョプニョしていますね」

ウイス「はい アンコなるあま~い練り物をやわらか~い皮で包み込んだスイーツで 一口食べれば ファ~ もう何とも言えない食感が広がって ぜひとも こちらのお茶とお召し上がり下さい」

界王神ゴワス「それはそれは、我らお茶とお菓子には目が無い者でして 貴重なお土産ありがとうございます」

ウイス「それでは失礼します」

破壊神ビルス「行くぞ!」

孫悟空「いんかよ このまま行っちまって」

破壊神ビルス「いいから来るんだ!」

界王神ゴワス「ザマス せっかくだ いただくことにしよう」

ザマス「はい ゴワス様」

孫悟空「うえぇぇぇぇ ウイスさ~ん イテテテテ」

東の界王神「で、どうでした?」

ウイス「思った通りです」

破壊神ビルス「間違いない アイツはゴワスを殺す気だ」

東の界王神「はっ・・・」

孫悟空「ホントか!?ビルス様」

ウイス「気の中に殺意がプンプン匂ってましたからね まるでビルス様のオナラみたいに」

破壊神ビルス「失礼な!?僕のオナラはあそこまで臭くはないぞ」

孫悟空「気の中にプンプンって オラ全然感じなかったぞ」

ウイス「ビルス様は破壊神ですから そういうことには特に敏感なんですよ もちろん私もですが」

孫悟空「ゴワスさんも気付いてんのか?」

東の界王神「恐らく気付いていないでしょう・・・私にもザマスの殺意は感じられませんでしたから」

孫悟空「だったら助けにいかねぇと」

破壊神ビルス「慌てるな 界王神を殺そうとするならアイツは僕が破壊する けど ちゃんと証拠を掴んでからだ」

孫悟空「証拠って 殺されてからじゃ おせぇぞ ビルス様」

ウイス「悟空さんの言うことも分かりますが相手は第10宇宙の次期界王神 殺意を持っているというだけで破壊するとはいかないんですよ しばらく様子を見るしかないでしょうね」

ウイスは杖を使ってホログラム映像でザマスと第10宇宙の界王神の動向を監視し始めました

ザマス「ゴワス様 お茶でございます」

界王神ゴワス「おー 緑色のお茶とは珍しい ん~ 自然の香りがする」

東の界王神「もしかしてあのお茶の何かに毒が?」

孫悟空「ビルス様」

界王神ゴワス「では いただきますか」

東の界王神は 孫悟空の言葉に耳を貸さず 破壊神ビルスはホログラム映像を食い入るように見つめていたのだった・・・

界王神ゴワス「ほ~ これはまた心が静まる穏やかな味だ」

孫悟空と東の界王神「ほぅ・・・」

お茶に毒が入っていないことで一安心した孫悟空と東の界王神だったが、一方の未来の地球では・・・

ゴクウブラック「フン 孫悟空 あと一歩でその首がとれたものを」

ザマス「よいではないか 奴らがもう我らの敵でないことがわかった それに孫悟空を殺してしまえば お前の戦闘力を高めてくれる餌がなくなってしまうぞ ゆっくり・・・じっくりと骨の髄まで味わい尽くして殺してやればいい お前も私と同様 超ドラゴンボールで不死身の身体にして貰えばよかったのではないか 不死身の体はいいぞ」

ゴクウブラック「フン・・・ハァ!俺は この力に満足している この最強の戦闘力にな 不死身の体になるだけでは不十分 俺はもっともっと強くなる 我々の計画には無限に高まる力が不可欠なのだ」

ザマス「・・・人間0計画 皮肉だな・・・人間0計画に人間の力が必要とは」

レジスタンスの基地では傷つき、疲労困憊の兵士たちを見てマイはため息ながら

マイ(このままじゃ いつまでもつか・・・)

ハル「マイ!これ ヤジロベーが隠してたんだ」

ヤジロベー「おい!こりゃ やめりゃ~」

ハル「はい」

マイ「えっ?私はいいわ 2人で食べて」

ハル「あげる」

マイ「ありがと おいしい~」

ハル「食べよ」

マキ「うん・・・おいしいね」

ハル「うん」

貰ったクッキーを美味しそうに食べるマイの前で一緒に食べているハルとマキの姿に

マイ(やらなくちゃ いけないんだわ私だけでも この笑顔を守るために)

と、決意したその頃、現代の地球のベジータはカプセルコーポレーション内のトレーニングルームで修行を続け、ブルマはセルが乗ってきたタイムマシンのメンテナンスをしていた

ブルマ「また 転送装置がやられているわ もっと強い金属に変えなきゃ 次は焼き切れちゃうわね」

カプセルコーポレーションの外では未来のトランクスが生きていたマイを置いて現在の地球に戻ってきてしまったことに思い詰めていました

未来のトランクス「ふぅ・・・俺は逃げた またマイを残して逃げてしまった」

現在のマイ「トランクス・・・」

シュウ「帰ってからずっと あのままっすねぇ」

ピラフ「思った以上に落ち込んでいるようだな・・・マイ こいつはチャンスだぞ」

現在のマイ「えっ?」

ピラフ「人間というものは落ち込んでいる時に優しくされるとフラッとくるもんだ」

現在のマイ「ふ フラッとですか?」

ピラフ「こうやって ガバッと相手の肩に手をのせて優しく『トランクスくん あなたのせいじゃないわ』そして瞳を潤わせて『辛い気持ちは分かるけど そんなに自分を責めないで 言っても駄目なことはわかってるわ けど トランクスくんの悲しい顔を見ていると私まで辛くなっちゃうわ』」

シュウ「マイ~」

ピラフ「泣いて 思いっきり気が晴れるまで私の胸で 今 私の出来るのはトランクスくんの悲しみを受け止めてあげることだけ」

シュウ「マイ~」

ピラフ「トランクスくん~」

ピラフが未来のトランクスを励ますことで好意を向ける作戦をコント式でマイに説明していたが、熱が入りすぎているピラフとシュウの姿に腹を立てた現在のマイは

現在のマイ「ピラフ様~ あっちいってろ~い」

ピラフとシュウ「ごめんなさ~い」

現在のマイ「ったく トランクスの気持ちが全然分かってないんだから」

そこに現在のトランクスが居ても立っても居られなり未来のトランクスの姿に現れました

現在のトランクス「オイ 俺!」

未来のトランクス「君か・・・」

現在のマイ「トランクス」

現在のトランクス「何が君かだ ちょっと負けたぐらいでウジウジしやがって それでも俺か!」

現在のマイ「ちょ ちょっと トランクス」

現在のトランクス「おい! 聞いてんのかよ!」

未来のトランクス「ふぅ・・・悪いが1人にしてくれないか」

現在のトランクス「あ~あ 未来の俺がこんな腑抜けたヤツだったなんてガッカリだ そんなことだからマイちゃんだって守れないんだよ!」

現在のマイ「それを言ったら・・・」

現在のトランクス「怒ってんのか?だってホントの事だろ!どうした悔しいのかよ だったらかかってこいよ!この俺を倒してみろよ!?相手になってやるぜ!! ハァーーー さあ こい!かかってこいよ!! 来ないならこっちから行くぞ!」

 

第59話「界王神ゴワスを守れ ザマスを破壊せよ!」前編の感想・考察