ミスター・サタンのオヤジギャク・・・

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編31

宇宙に飛び立った一行は、途中から時空を駆け抜けて破壊神ビルスとモナコが持っているビルス星に向かうのですが、魔人ブウがおならをして

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編29

ミスタ・サタン「これがホントの魔人『ブゥ』ですな」

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編30

と、オヤジギャクで空気が凍ったところでビルス星に到着しました。

 

破壊神ビルスの切り札? 大いなるポンタ「モナカ」が遂に登場!

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編26

ベジータ「とても、すごそうには見えんな」

孫悟空「ああいうんが、油断なんねえんはいつものパターンだろ」

破壊神ビルス「遅いぞ!」

ウイス「申し訳ございません。シャワーだのウンチだの。バタバタしまして」

孫悟空「なあ、あんたモナカっちゅうんだろ?やっぱ、そっかぁ!オラ悟空。よろしくな!」

モナカ「はい」

破壊神「おい!我がチームのエースだぞ!お前ごときが、あんまり気軽に話しかけるんじゃない」

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編25

孫悟空「ルイスさんから教えてもらったんだけんどさ。モナカって『大いなるポンタ』っちゅう意味なんだろ?」

モナカ「はい、そうです」

孫悟空「そんでさ、そのポンタってどんなすげえもんなんだ?」

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編24

モナカ「乳首です」

孫悟空「えっ?」

モナカ「私、おおきな乳首なものですから」

破壊神ビルス「知らなくてもよかったな」

ピッコロ「近くに寄っても力が見えんな」

ベジータ「あぁ、不思議な奴だ」

孫悟空「なぁ!ちょっとだけでも手合わせできねえかな?ほんのちょっとだけ」

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編23

破壊神ビルス「お前の相手は第6宇宙の連中と言ったはずだが!?」

孫悟空「わかった!わかったよ・・・」

と、言いながら強い奴を見ると我慢できないのが孫悟空の性格わけで・・・。

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編19 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編20 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編21 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編22 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編17 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編16 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編18 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編15

モナカに向かって拳を打ち込むとモナカは、避ける事も防御する事もなく、顔面に拳がめり込んで涙目に・・・

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編12

破壊神ビルス「ダメだと言ったばかりじゃないか!?」

と、孫悟空は破壊神ビルスにゲンコツをされてしまいました。

孫悟空「痛てて・・・。いきなりでも避けっと思ったんだってよ。すっすまん!悪かった!ホントにごめん!!」

老界王神の過ちから成長をしていない孫悟空。(笑)モナカは孫悟空から目を逸らして

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編11

モナカ「だっ、大丈夫・・・です」

スポンサードリンク

バーベキューにベジータが歓喜?

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編10

気を取り直して、再びキューブの乗り込み第6宇宙と第7宇宙の中間にある”名前の無い星”に向かっている最中にバーベキューが始まりました。コンロを持ち込んでいたようです。

チチ「ほら、ベジータさんも食え」

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編9 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編8 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編7 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編6

ベジータ「3年ぶりのまともな飯だ。すっ すまん、頂くぞ!」

とバーベキューの肉にがっつくベジータ。その中でモナカが何も食べていないことに気付いた孫悟空は

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編5

モナカ「肉は少ししか食べないので」

孫悟空「ひゃ~!体調管理ってやつか?さすがだな!」

と、モナカと孫悟空のやりとりを見ていたピッコロは

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編4

ピッコロ「うーん・・・」

と、モナカを注意深く観察をしていました。

 

超ドラゴンボールのサイズは惑星級?

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編

ウイスが杖を突くと一行の目の前に超ドラゴンボールが現れました。

ベジータ「しっ 信じられん!」

孫悟空「あれが超ドラゴンボールか~」

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編2 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編3 第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編1

と言って前編は終わりました。

 

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」前編の感想・考察

【モナカとは】

  • モナカとは「大いなるポンタ」という惑星ワガシの言葉で「乳首」という意味
  • 破壊神ビルス曰く「今まで戦った中で一番強い奴」
  • ウイス曰く「モナカとは『大いなるポンタ』という意味らしいです。モナカさんは惑星ワガシに住む英雄です。とても静かでやさしい人柄ですがひとたび牙を剥けばビルス様でも手こずるほどの実力者」
  • モナカ曰く「私、おおきな乳首なものですから」

→モナカは謎が多い?

孫悟空はモナカに向かって拳を打ち込むと避ける事も防御する事もなく、モナカの顔面に拳がめり込んで涙目に?
→孫悟空の攻撃を受けて涙目(と鼻水)がでるだけという状態ですんだので侮ってはいけない

ドラゴンボール超【復活の「F」編】では(残党と寄せ集めの)フリーザ軍兵士を倒した亀仙人が強いと話題になったが、あいかわらずエッチな本に夢中な姿を見て管理人は勝手に安心した
→その気になりさえすれば、もともとあれぐらいは強い(ドラゴンボールZ 復活のFの入場特典 F巻 鳥山明先生のコメント)

ピッコロが水以外に食べ物を食べているのは設定ミス・・・ではないようです
→ビーデルと出掛ける場合は、よくピッコロに子守をお願いしたりします。誰に頼むより安心なので。ピッコロ自体は孤独を愛するので、すぐ近くのサタン所有の山に住んでおり、夕飯だけ毎日いっしょに食べます。(「復活の「F」超設定画ギャラリー 12頁 鳥山明先生のコメント」)

続きは

第31話「ズノー様のもとへ!超ドラゴンボールのありかを聞き出せ!」後編へ

第32話「試合開始だ!みんなで「名前の無い星」へ!」後編へ