2016年2月7日、フジテレビ系列『ドラゴンボール超』では第30話「「格闘試合」へのおさらい 残り二人のメンバーは誰だ!?」が放送されました。1人目のメンバーが魔人ブウに決まり、孫悟空とベジータは、ピッコロのもとへ向かいました。すると、修行中の孫悟飯が格闘試合の参加を懇願したが・・・。

第30話「「格闘試合」へのおさらい 残り二人のメンバーは誰だ」1

第30話「「格闘試合」へのおさらい 残り二人のメンバーは誰だ!?」のあらすじ

第6宇宙と第7宇宙の格闘試合が、いつのまにか「大宇宙でピクニック」と間違ってチチから聞いたクリリンは空を飛んでいた孫悟空とベジータと合流し、既に休暇をとってしまいました。

孫悟空が、これまでの経過を説明しようとしましたが、12の宇宙の存在についてイマイチ理解していないため、自分で説明ができない孫悟空に代わってベジータが説明をするハメに・・・。

スポンサードリンク

様々な事情を踏まえた上で、破壊神ビルスが言い残した孫悟空よりも強い「モナカ」というまだ見ぬ新メンバーに期待を寄せるが、出場する孫悟空とベジータがやるべき事は格闘試合のメンバー5人のうち残り2人のメンバー選出だった。

破壊神ビルスは、モナカを迎えに行く前に、カップラーメンを食べて腹ごしらえ?をしているところにウイスから破壊神ビルスが孫悟空との出会いで変わっていった事を思い返す様に語り、お腹がいっぱいになった破壊神ビルス達はモナカを迎えに行く事に。

1人目のメンバー候補は、破壊神ビルスに一撃で倒されたことのあるブウを孫悟空が口説き、2人目のメンバー候補に決めたピッコロのもとへ。そこで懸命に修行に励む孫悟飯が格闘大会の出場意欲を燃やすのだった。

 

第30話「「格闘試合」へのおさらい 残り二人のメンバーは誰だ!?」後編のネタバレ

ピッコロのもとに向かう前に、唸りながら真剣に砂時計を見ている破壊神ビルスは、孫悟空よりも強い「モナカ」もとへ行く前にビルス星でカップラーメンを食べようとしているシーンから後編は始まりました。

カップラーメンを食べようとしているシーン

破壊神ビルス「できた~!!」とカップラーメンを手に取り、匂いをかいから食べかけた瞬間に

ウイス「はしたないですよ、ちゃんと”いただきます”と言ってから食べて下さい」

と、杖で止められ素直?に破壊神ビルスは「いただきます」と言って食べ始めました。

破壊神ビルス「全く、こいつは不思議な食べ物だ!時々、こうして無性に食べたくなるんだからなぁ」

ウイスからボソッと「『時々』ですか・・・」と突っ込んでいました

と、言った後にウイスはボソッと「『時々』ですか・・・」と突っ込んでいました。

ウイス「ビルス様も変わられてものですね。悟空さんが戦いたいからとはいえ、何の得にもならない試合をお受けになられるなんて」

破壊神ビルス「違う!あれはボクがやりたかったんだ!」

ウイス「それにフリーザの時も・・・」

※※※回想シーンの始まり※※※

破壊神ビルス「お前の甘さが招いた事だ。フリーザをまた、お花畑とやらに送ってやれ」

破壊神ビルス「お前の甘さが招いた事だ。フリーザをまた、お花畑とやらに送ってやれ」

ウイス「あっさり、やり直しを許可されるなんて。」

破壊神ビルス「ウイスが言い出したんだろ」

ウイス「予知夢を見たと起きて来られた時は、まさか、こんな事になるなんて」

まだ誰もまだ見た事のない究極の戦士『スーパーサイヤ人ゴッド』

破壊神ビルス「予知夢だよ。まだ誰もまだ見た事のない究極の戦士『スーパーサイヤ人ゴッド』」

ウイス「それから『スーパーサイヤ人ゴッド』探しが始まって」

ボクの力を試したいと言った時は流石にムッとしちゃったけどね・・・

破壊神ビルス「面白いヤツだと思ったけど、ボクの力を試したいと言った時は流石にムッとしちゃったけどね・・・」

ウイス「あの時の悟空さんは、勢いだけでビルス様の足下にも及ばない存在でした。それが、他のサイヤ人の力を借りて『スーパーサイヤ人ゴッド』になって、あそこまで強くなられるなんて驚きましたね」

サイヤ人の力を借りて『スーパーサイヤ人ゴッド』

ウイス「負けず嫌いで、意地っ張りで、戦いの事になると子供のようにはしゃぎ回って。結局、お二人は似たもの同士なんですよ」

破壊神ビルス「あんな下品なヤツと一緒にしないでくれるかなぁ。少なくともボクは、他人に対する敬意は持っているからねぇ」

ウイス「すぐに破壊してしまいますけど・・・」

 

破壊神ビルス「そりゃあ そうとウイス。前から聞きたいと思ってだけどさぁ。どうしてアイツらをここで修行させてやる気になったんだ?わざわざ、ベジータを先に修行させてレベルを上げてから孫悟空を連れて来たんだろ?」

ベジータを先に修行させてレベルを上げてから孫悟空を連れて来たんだろ?

※※※回想シーンの終わり※※※

破壊神ビルス「二人を鍛えて本気でボクと戦わせようなんて考えてるんじゃないよね?」

ウイス「そんなこと、考えてませんよ」

破壊神ビルス「まっ、いいや。それはそれで面白いけどねぇ。さっ!腹ごしらえも終わったし、モナカを迎えに行くか」

一方、地球では・・・。

ベジータのきびしい父親像から垣間見える優しさ(心配する気持ち)が見えた?

孫悟空、ベジータ、クリリンのもとにトランクスと孫悟天が第6宇宙の格闘試合のメンバーに志願しに合流していたのですが

ベジータ「ダメだ!フュージョンして戦うつもりだろうが、それはルール違反だ。どうしても出たければ、一人で戦える力をつけてこい!」

ダメだ!フュージョンして戦うつもりだろうが、それはルール違反だ。どうしても出たければ、一人で戦える力をつけてこい!

孫悟空「ベジータ、そんな言い方しなくていいだろ」

ベジータ「本当の事を言ったまでだ」

修行を積んだ孫悟飯が登場!兼業格闘家はつらい?

孫悟飯とピッコロの修行が一段落したところに孫悟空達が到着しました 孫悟飯とピッコロの修行が一段落したところに孫悟空達が到着しました1 孫悟飯とピッコロの修行が一段落したところに孫悟空達が到着しました2

そして、孫悟飯とピッコロの修行が一段落したところに孫悟空達が到着しました。

第6宇宙と格闘試合だと?

ピッコロ「第6宇宙と格闘試合だと?」

孫悟空「で、ピッコロも出てもらいてぇと思ってよぅ」

孫悟飯「だったら、僕を出して下さい!」

孫悟空「でも、おめぇは・・・」

孫悟飯「大丈夫です!今ピッコロさんに一から鍛え直してもらっているんです」

孫悟空「そうかぁ、だから・・・」

フリーザと戦って分かったんです。本当に大切なものを守るには強くなくちゃいけないんだって

孫悟飯「フリーザと戦って分かったんです。本当に大切なものを守るには強くなくちゃいけないんだって。第6宇宙の戦士と戦えるなんて良い機会です。僕も参加させて下さい!」

孫悟空とベジータが黙って目と目を見交わした後・・・

孫悟空「わかった!頼んだぜ悟飯!そんじゃな、4日後にウイスさんが迎えにくっからよ!」

孫悟飯「4日後!?4日後・・・。ビーデルさんのためにも、どうしたらいいんだ・・・。4日後・・・。4日後かぁ。あの学会は出とかないとマズイなぁ。しかし、修行の成果も・・・。いやいやダメだろこれは・・・」

孫悟飯「すみません、父さん。やっぱり行けません。その日はどうしても外せない学会があって・・・」

孫悟空「気にすんな!試合はオラ達にまかしとけ!勉強も大事だかんな!」

本当にごめんなさい

孫悟飯「本当にごめんなさい」

またまた、ベジータと孫悟空とピッコロが黙って目と目を見交わし、ピッコロが「フッ」の返事で2人目のメンバーはピッコロに決まりました。

ピッコロは、もう少し詳しく事情を知りたいという事から西の都のカプセルコーポレーションに向かいました。するとブルマが

何やってんのよ!あのへっぽこ銀河パトロール隊員!

ブルマ「何やってんのよ!あのへっぽこ銀河パトロール隊員!」

と、銀河パトロール隊員のジャコが全然来ない事に苛立っていました。

抜け駆けは許さないベジータの操作方法を分かりすぎている孫悟空

ピッコロがスーパードラゴンレーダーを手にして確認している

ピッコロがスーパードラゴンレーダーを手にして確認している最中に

孫悟空「なぁ、ベジータ!」

ベジータ「貴様、『精神と時の部屋』に行くつもりだな?」

孫悟空「デンデが直しているって聞いたんだ」

ピッコロ「あぁ、完成は明日だがな」

孫悟空「ピッコロも一緒に行こうぜぇ」

ピッコロ「俺はいい、サイヤ人に付き合うのは体が持たん。静かに心を落ち着かせた方がマシだ」

孫悟空「ベジータは行くだろ?」

ベジータ「貴様と一緒はゴメンだ!」

3日もありゃ3年分も修行が出来んだぞ?

孫悟空「そんなこと言うなよ。3日もありゃ3年分も修行が出来んだぞ?俺に出し抜かれんの嫌だろ?」

ベジータ「貴様、何故そこまでする?俺達はもう限界に近い強さを持っている。正直 これ以上鍛えても伸び代(のびしろ)は、ほんの僅かだ」

孫悟空「何言ってんだ?モナカっちゅう一番強いヤツがいんだぜちょっとしか伸びなくても頑張んねぇと縮まんねぇじゃねぇか!嫌ならいいさ、オラだけ3年分修行して強くなるさ」

ベジータ「3年か・・・。しょうがない、俺も行ってやる!」

やったぁぁぁ!

孫悟空「やったぁぁぁ!」

ブルマ「はぁ・・・」

ブルマ「はぁ・・・」

ピッコロ「抜け駆けは嫌か、さすがだな」

ピッコロ「抜け駆けは嫌か、さすがだな」

孫悟空「二人いれば、スパーリングできっかんな!」

と、孫悟空とベジータのやりとりが終わった頃、破壊神ビルスとウイスがモナカのもとにそろそろ到着するところでした。

意味深な会話をする破壊神ビルスとモナカの間に何か因縁がありそう?

破壊神ビルス「モナカか、久しぶりだな・・・」

ウイス「本当にいいんですか?私は知りませんよ?」

破壊神ビルス「大丈夫だ。ボクにまかせろ」

と、意味深な言葉を残して第30話の後編は終わりました。

大丈夫だ。ボクにまかせろ

第30話「「格闘試合」へのおさらい 残り二人のメンバーは誰だ!?」後編の感想・考察

第30話の視聴率:6.7%

集英社が発行している月刊雑誌『Vジャンプ』2015年8月号から漫画の連載している「ドラゴンボール超」の原作 第7話「第6宇宙の戦士たち」(2016年2月号)の補足をしている回にしたのかもしれません。
※原作を追い越さないようにしている可能性があります

後半も回想シーンが多かったですがナレーションの龍田直樹さんの出番はありませんでした。
※前編では、孫悟空、ベジータに割り込まれて、たじろいだり、怒っていました

答えが出ない論争ともいえる『精神と時の部屋』の設定が、やはりネット上でも騒がれていましたね。デンデが直した時に改造もしたことになるのではないでしょうか。

ピッコロが、やたらスーパードラゴンレーダーに興味が持っている。

孫悟飯は格闘試合は学会があるため不参加になり残念ですね。兼業格闘家のつらいところだと思いますが、仕事と家庭を優先するところが素晴らしいです。

孫悟空が強いヒミツは、超前向き思考と行動力。後、強くなる条件は無職であることかもしれないですね。
※孫悟飯は、ミスター・サタンの娘婿なのでお金に困らないはず。これからももっと強くなれるのかもしれない?